Bizdoor
過去記事 
 アクセス


2018/8/21 (敬称は省略)

世の中とんとん

   西日本豪雨禍の自民亭非難からやむなく災害地へ行かされて、そのあと仮病を使って再びの被害地訪問を逃れて、やっとのことで夏休みのゴルフへ駆け込んだが、きのうまたまた日本会議の会合に呼び出されて取って返しての最後の夏休み。 いろいろの報道が正邪取り混ぜて云々のなか、総裁選の動きの中でも自民党党員には石破支持、アベ支持が入り乱れてそのいまの予想はアベが石破の牙城に今回は猛烈に食い込む運動を加速させているが、地方にはやはり地方なりの政権に対する抜き難い反感や抵抗があるようでいまのところアベの巻き返しが石破をついに追いつめたというそんな簡単なものでもないようだ。  それは即ち反アベの壁がやはり断固として強いということの裏返しである。 概ねマスコミはアベに監視され脅かされているので思っていることの半分も市民にはニュース提供していない中で、どうやら地方の票の実体はアベが猛烈な過剰接待で攻めている割には圧倒的に寝返るほどの効果が出ていないとの見方が結構あるようだ。

それだけ地方にはこの五年間での政権からの恩恵はなかったことだと思う。

それに石破の言うところの公正・公平を改めて静かに咀嚼すればするめの噛み応えの中で変に納得する感じも分らぬでないとの落としどころもあるようだ。 そうしてみるといかにも機を見るに敏だが、一過性のとってつけたような嘘つきアベの地方票忖度の底を見透した飴とムチの毎度感は流石にいつもいつも効くとは限らない。 言っても自民党総裁選は総理総裁を決める選挙であることにある。

 それにこの三選目はもう流石に4度目はなかろうとの読みも働いて結構一番の関心事の経済や消費税の先行きも勘考すれば、もう一時の昇り龍の勢いはあるはずもなく、結構冷めたピザ的な冷静な目でアベを見かかってきていることに加えて、山ほどの胡散臭いこの5年間の未消化のヤバいことどもと、

あへの賞味期限ぎれのマイナスが、おっとり鈍牛に見える口下手の石破への押し上げ効果に向かわせることもありだと冷静に見えるかも。

此処に来て不評を買った総務の野田はいまも推薦人不足は解消されていないが、もし危惧されるようなアベの推薦人貸しが公示の最後の最後までにどうなるかの石破つぶしのこれでもかのアベの汚い手の動きは要注意。

そんな手に野田が乗れば野田は一巻の終わりだ。

結論は意外とアベのどさ廻り的な動きがどうもそれなりの効果が出ないとわかれば、今度は石破に公開討論の正義の大義の御旗が降りてくることになる。 

それは市民の声の直接の代弁のチャンスを石破が手にすることだ。

これは相当につよい鉈になる可能性がある。 議員票の岩盤にも、とくに非派閥議員の70数名には多大の心理的動きを与える。  

7日公示、20日選挙が決まった。  気張れっ-----。鈍牛石破!!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/20 (敬称は省略)

世の中とんとん

  アメリカのボルトン大統領補佐官は “南北会談で北朝鮮が1年以内の非核化示す”

もうあの612日から71日経て、北のその後は非核化にはあの手この手のまたまたの先祖返りで、トランプの卓袱台返しも我慢の限界かと思われる節もないではい。 そこでトランプの代わりに強硬派のボルトンが試しに

観測球を揚げた模様。 トランプはただいま貿易戦争で親分の中国とやりあいの真っ最中だ。 まだまだ一年先は言えすぐに来る。 今頃に催促玉を投げる意味合いは十分にある。 またまた日本の頭越しにミサイルが飛び交うことは気分のいいことではない。  

そんなことより今年の世界的な異次元猛暑で御多分にもれずに農産物の世界的な不作が予想され、北の食糧難は今年の年末を北にも襲うはずだ。

そんなときになって北はまたまた乞食外交をするのか?   するとすればもう中国に土下座する以外になかろう。  韓国には脅しで巻き上げも限界がある。  その頃にはトランプの中間選挙の勝利もあってトランプは意気軒昂になっているはずだ。  それに中国との貿易戦争も米国の勝利に終わっているだろう。  トランプが今度はどんな吠え方をするのか?  

もう韓国の文もそうそういい顔はできないと思えるが?

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/19 (敬称は省略)

世の中とんとん

   トランプの中間選挙は勢いで乗り切っても、このままの惰力で勢いでのエネルギーを吹かし続けて結局は通常の28年はしんどいように思う。 

日本も市民にももうアベ疲れがそこかしこに見える。 本当はここ等で人心一新で代わりが本来は必要な時でもある。  それにはどうも石破は人気が中途半端なのは攻めないから市民にはいまだ石破WHO?  の気迷いが在るようだ。 この期に及んでもこんな具合だからなんとも締まらない。

やはりチャレンジャーは攻めないとどもこうも仕様がない。 たった20人の前と同じ推薦人の数が増減しないところがまさにこの御仁の御仁たる所以であるか?   なんとも歯がゆいが石破にとっては地方票で爆発的巻き返し以外に勝つ手はない。 肝心の進次郎頼りも未だ不明。 父の純一郎も4月には吠えたがその後は音沙汰無し。 加えてこの夏休みにアベ以下らとゴルフをしたそうだが言うてこととやってることに違いがありすぎ。 今後の進次郎のためにも口にチャックであるか?    それと地方の県会議員を絨毯爆撃の官邸招待に憶測ながら官邸機密費のおおバラマキが時が時だけにカネと希望要件つきでやってはいけないことをやってるかもしれない。 この政権はこんなこと平気でやってきているから。 要注意だ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/18 (敬称は省略)

世の中とんとん

       総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦 nifty

こいつの頭はもう狂っている。 いざチャンスで石破はどうする?

これはアベが喧嘩を売っているのだ。 こんなのに知らんぷりでは

石破も舐められて市民の反感まで買うことになる。

相手は政治ゴロのやくざだ。 

いつまでも紳士ぶっては市民からも見放される。

逃げ恥を絶対に許すな!!!

地方票大幅奪回と回天の大チャンスだ。

売られた喧嘩はこの日本では昔から買わないとひとは逃げる。

石破もネチネチと攻めないで男らしく吶喊せょ。

本当はアベは口だけのケツと一物も用なしのシケタ野郎に過ぎない。

弱い犬ほどよく吠えるは正しい。

生産性のないインポテンツと思いなせぇ。

石破はもう土俵に上がっている。 土俵の外でグチャクチャ言うてる

アベはそれこそ気の弱い負け犬じゃないか?

観客も石破に逆転を期待するアベ突き放しの大幸運かも。

絶対にこれを逃がすな!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/17 (敬称は省略)

世の中とんとん

   日本調査団55人の択捉島入り、ロシア政府拒否

両手で足りないくらいロシアに行き、代わりにプーチンを見え見えの山口への温泉ご招待までしてこれだっ。  アベのアホ接待、間抜け外交の実体だ。

もうロシアになんかゆくなっ。 もうプーチンにええように遊ばれている。

とにかく近隣大陸外交なんてアベではムリなんだ。 どれもこれもすべて以前よりは悪くなっている。  ロシア以外には足を入れたことがないというより、入れて貰えないのだ。  これで外交のなんとかと言うな。 行くよりは来させる外交を考えろ!!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/16 (敬称は省略)

世の中とんとん

   もうまさに反アベ、アベ退陣のシュプレヒコールが卒然と沸き上がってきた。

きのうの国会周辺での市民のデモには、もうええ加減にせぃ!!の怒りの声が満ち満ちた。 こんな報道はマスコミとしても久しぶりだ。 さすがにNHKはじめ報道陣も隠し切れないのだろう。 なにか満を持してのアベ退陣の運動のうねりがこれからしばらくは東京をはじめ全国に波及すると思われる。

もうアベ政権の政権の行使はアベ取り巻きというよりはアベ私的利益グループによる国政の乗っ取りと言ってよいほどの傍若無人ふりである。

それに集まる甘い蜜を求めての忖度軍団はいままでこれほどの露骨な横着・横柄なとは思えなかったが、実際に人事権を武器にとにかく官僚軍団を隠れ蓑にして法務・財務・通産・金融・国土・警察とほとんど一気通貫で串刺しされてしまっている。 もう全権委任のし放題の官高党低の有様である。

ここまでに統治機構が落ちぶれたのは野党の怠慢だけでなく、与党とりわけ自民党の堕落と既得権益との癒着である。

さすがに大人しかった市民もまさにええ加減にせんかい!!!の怒りを行動に移しだした。 一つには嵩上げインチキ経済の胡散くさにようやく気付きだしたこともある。 そんななか、市民もまさか日銀のクロダはそこまで官邸に忖度は?の疑いが沸き上がっていることである。 つまりは日銀は当然ながら欧米に倣った出口論を否定しながらもやっていることはまずは長期金利の引き上げ容認に対していまだに緩和継続の公然たるウソを平気でついていることだ。 クロダのじつに悪質な二枚舌の重大なインチキとウソがこの期に及んでとうとう露呈したことである。 これからは市民の給料はもっとモッド引き上げないと絶対に成長はあり得ない。 デフレ、デフレの脅しの繰り返しはもう騙されない。 つよい成長のためにも市民の鷹揚な消費なしには絶対に達成できない。 市民も政府に賃金交渉を丸投げするルーズな姿勢はもう止めにしな!!!!   正当な労働対価はおのれで戦い取ることだ。

このインチキ政府は少数の既得権益に蠢く少数のコアメンバーで人事・私的利益を循環で回し捕りしているのだ。 それゆえにそれを犯す外的Gには絶対に仲間に入れない。 だから国政がこんな奴らに奪取されたのと同じなんだ。  ようやく自民のアホ議員もそのことにようやく気付き始めているが、もうかなり部分で遅きに失している。

アベノミクスという麻薬で、それも切れて効果はなくなってその副作用がいもう間もなく表に吹き出し兼ねない。

石破のいう公平・公正はやはり反アベに対する痛烈な皮肉だけでなく、アベ村を潰すバズーカ砲と同じ猛烈につよい砲火であるべきだ。 いま国会を取り巻く市民の動向はそれに気づいた市民の深淵な怒りの咆哮なのである。戦後史に突然現れた奇形児のアベ政権のゾンビをこれ以上許すことは日本を貶めることになる。 ようやく市民の怒りの声が表に出てきたのは日本の市民の戦後の民主主義の成果であることを念じたい。 とにかく奇形の卵は今踏みつぶさないとイカン。

実にアベというのは資性下劣・品性下劣・知性皆無の、よくぞこんなのが・・・・・という思いだ。

天皇がアベを嫌うのはその下劣さである。

よくぞいままで我慢我慢であったことだ。

新天皇はこれはまた平和主義者でアベの頓珍漢さには驚くだろう。

雅子天皇妃の父親は小和田で大のアベ嫌い。

アベの粗雑さは世界に知れている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/15 (敬称は省略)

世の中とんとん

森、小泉氏らと会食=安倍首相、山梨の別荘で静養

20180815 1902時事通信

安倍晋三首相は15日夜、山梨県鳴沢村で森喜朗元首相、小泉純一郎元首相、麻生太郎副総理兼財務相らと会食した。9月の自民党総裁選を控え、今後の政権運営をめぐり意見を交わしたとみられる。 会食は日本財団の笹川陽平会長の別荘で行われ、自民党の岸田文雄政調会長、萩生田光一幹事長代行、茂木敏充経済再生担当相らも参加した。 首相は15日午後、静養のため自身の別荘がある鳴沢村に入った。総裁選への準備を進めつつ、ゴルフを楽しむ予定。政府は17、21両日に予定していた定例閣議を取りやめる。

つまりはこの笹川が日本の黒幕という訳だ。 前回につ続きマスコミに二回目の登場だ。 それにしても小泉父がまたもや参加は?

   石破の公平・公正に真っ向から反発できないアベはもう恥も外聞もなく石破の唾を付けた票田にも足しげく予定にいれて歩き回っている。 やはり地方に行けば石破の牙城の地方票の厚みが分ってくるのだろう。 それは取りも直さず横着・横柄のアベ政治の反面鏡である。 ひとの心は面従腹背は古来

当然のことである。 騙した奴は騙す奴のこころは自身にはよくわかる。

アベはあの不貞腐れた嫁を連れての地方行脚で夫婦ともに市民の心を、いや票欲しさの愛想笑いのお互いの気持ちの探り合いに本格的などぶ板周りを

強いられている。 地方行脚はつまりはモノ言わない覆面市民のお愛想にお付き合いする旅と同義語だ。  いかに一極集中の権力も地方ではその威厳は真っ当な政治をしておれば真っ当な反射は自身によくわかるはずだ。

今にして市民には何か陳腐にみえる石破の公平・公正の普通のキャッチフレーズにそれなりの物言わぬに見えても物を言っているその言葉に込めた

思いを地方票に反映されんことを祈っているひとは結構多いのではないか?

アベはそのことに戦いているようだ。 前回はしなかった夫婦連れの地方票巡りでこの夫婦はなにを感じてなにを感じないのかいま問われている。 まあこの夫婦はもしそうであったなら今までのこのざまをしなかったはずであり、まずはじは只予定された派閥のルーティンの旅で終わるはずである。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/15 (敬称は省略)

世の中とんとん

   石破の公平・公正に真っ向から反発できないアベはもう恥も外聞もなく石破の唾を付けた票田にも足しげく予定にいれて歩き回っている。 やはり地方に行けば石破の牙城の地方票の厚みが分ってくるのだろう。 それは取りも直さず横着・横柄のアベ政治の反面鏡である。 ひとの心は面従腹背は古来

当然のことである。 騙した奴は騙す奴のこころは自身にはよくわかる。

アベはあの不貞腐れた嫁を連れての地方行脚で夫婦ともに市民の心を、いや票欲しさの愛想笑いのお互いの気持ちの探り合いに本格的などぶ板周りを

強いられている。 地方行脚はつまりはモノ言わない覆面市民のお愛想にお付き合いする旅と同義語だ。  いかに一極集中の権力も地方ではその威厳は真っ当な政治をしておれば真っ当な反射は自身によくわかるはずだ。

今にして市民には何か陳腐にみえる石破の公平・公正の普通のキャッチフレーズにそれなりの物言わぬに見えても物を言っているその言葉に込めた

思いを地方票に反映されんことを祈っているひとは結構多いのではないか?

アベはそのことに戦いているようだ。 前回はしなかった夫婦連れの地方票巡りでこの夫婦はなにを感じてなにを感じないのかいま問われている。 まあこの夫婦はもしそうであったなら今までのこのざまをしなかったはずであり、まずはじは只予定された派閥のルーティンの旅で終わるはずである。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/14 (敬称は省略)

世の中とんとん

   米国が宇宙軍構想を言った。 もう地上の平面二次元から縦に伸びて三次元

である。 いまだに現実には地表を這うような今までと違うドローン的戦術・戦略構想にまでに急速に拡がっている。 こうなると従来の戦術・戦略は全く様相を異にするまさしく異次元である。 然しながら宇宙科学の進歩の歴史から見ても全然驚くに当たらない。 これによって国境とか空域の観念がまったく変貌する。 国連がそういえばそれなりの理解もできるのだが、米国がといえばロシア、中国は? となる。  宇宙は誰のものかといえば本来的には早い者勝ちでもない。 空間の取り合い?   これからは好き勝手に衛星ゃロケットを飛ばせないのか?   人間は否応もなく宇宙は誰のものかの大問題に迫られてくる。

そんななか、尖閣とか北方4島や竹島とか、俯瞰する外交などの今までの2次元の発想との折り合いをどうつけるのか?   もちろん日本だけでなく、新たな頭の組み換えを迫る問題がしてきている。 アメリカのポチとして、日

本はこの報道にはどう対処するのか実に興味深い。 まさか日米安保が宇宙までとはイカンだろう。 例えば尖閣に中国が攻めてきても米国は中国を追い払わない。ただ日本の後ろにはいるにはいるかもしれないだけのはなしだ。 やはりその時は自衛隊が中国軍と戦火を交えることは交えるだろう。

まさに自衛のために。 米軍は後ろにいても戦わないと思う。二次元の地上においてもいまだ解決が見通せないのにまさに宇宙軍とすぐ言われても大抵の国はなにそれってな感じであろう。 ただ米国はもし他国が宇宙空間を経てふたたび大気圏に突入してくる大陸間弾道ミサイルは自国を襲うことはあり得るので自国防衛システムの上では宇宙空間には敏感になる。 この違いが宇宙軍構想を進める理屈だ。 日本にとってはそれは地球外の物体が

たまたま日本を目指してぶつかる位の確率のないはなしに近いあり得ないことの認識だろう。 仮想敵国のある二次元の防衛構想からは思考的には遠い。  だからアメリカからどうだと言われてもとても答えられないと思う。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com



2018/8/12
 (敬称は省略)

世の中とんとん

北朝鮮外相「核放棄しても核知識は放棄しない」

今になって臆面もなく言い放つ北は一体にこの核知識をたとえばイランなどにいずれ売り飛ばすこともあるのかも。 これでは完全に米国を騙したことにもなり兼ねないしトランプの我慢を試すことになる。 ある意味、やくざ国家の面目躍如というべきか?    こんなタイトロープが通用すると思っているのか

屁理屈国家のまたまたの恫喝外交をトランプはどんなツィターで迎え撃つのか?    中国やロシアはどう対処するのか無視するのであろうか?

挑戦者というのはやはり新機軸かなにか代わるものが必要なのに、石破の場合は何もない。 核廃絶とか原発廃止も何もない。 これでは殆ど現状追認でチャレンジャーとしては資格失墜だ。 総裁選に名乗り上げたが殆どマスコミでも単なる報道で済ましている。 加えてその内容に公平・公正などとモリカケの批判も含めているようだがとんと迫力はない。 これでは一方の批判勢力としての代弁者の資格はない。  ただ進次郎待ちを予想しているだけならば余りにも能がなさすぎる。 もっと議員内での輿望をなぜに巻き起こす努力を欠いていたのか?    努力不足はぬぐえない。 そんなにおのれが大物と勘違いしているのではないか?   人望のなさがわずかに20人の同志しか集まらないことに象徴されていてそれば前回と同じで成長の跡がないのは歴然である。 地方票も大事だか議員票こそがトップになるための

象徴であるはずだ。 押されてなるほどの大物ではないということだ。

いずれにしてももしなにかあるとすれぱ進次郎絡み以外には何もない。

もと実力者連中もいっても外野席のアウェーである。

その意味でも旋風があるとすれば進次郎に尽きる。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/12 (敬称は省略)

世の中とんとん

   挑戦者というのはやはり新機軸かなにか代わるものが必要なのに、石破の場合は何もない。 核廃絶とか原発廃止も何もない。 これでは殆ど現状追認でチャレンジャーとしては資格失墜だ。 総裁選に名乗り上げたが殆どマスコミでも単なる報道で済ましている。 加えてその内容に公平・公正などとモリカケの批判も含めているようだがとんと迫力はない。 これでは一方の批判勢力としての代弁者の資格はない。  ただ進次郎待ちを予想しているだけならば余りにも能がなさすぎる。 もっと議員内での輿望をなぜに巻き起こす努力を欠いていたのか?    努力不足はぬぐえない。 そんなにおのれが大物と勘違いしているのではないか?   人望のなさがわずかに20人の同志しか集まらないことに象徴されていてそれば前回と同じで成長の跡がないのは歴然である。 地方票も大事だか議員票こそがトップになるための

象徴であるはずだ。 押されてなるほどの大物ではないということだ。

いずれにしてももしなにかあるとすれぱ進次郎絡み以外には何もない。

もと実力者連中もいっても外野席のアウェーである。

その意味でも旋風があるとすれば進次郎に尽きる。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/11 (敬称は省略)

世の中とんとん

   自民の参院議員の比例区議員のオソマツ。 今回の生産性に関わるオンナ議員のことは派閥の長の細田に自己責任で釈明しろと言われてもその後は沈黙、前回見え見えのアベ忖度を駆使してアベの目に留まって比例区の上位で当選を獲得。 またぞろの二匹目のドジョウ狙いの胡散さが招く。

その味が忘れられずに来年に迫る参院選挙を慮ってまたしても目指した魂胆はまさに裏目の惨状。 加えて子のないアベにまで無生産性の飛び火にアベもこのひとはそんなに名だたる人ではないのに火だるまになったと早くも予防線を張られて冷たく突き放されて、余計におのれの始末に困り果てて、公にでれない惨状は自己責任とは言ういまの比例区議員の心理的一端を如実に表している。 こんな成果もない目立ちがり屋ばかりが市民ではなくアベに向けての忖度踊りはもう辞めにしないとアベの方にも批判の火が飛び火してきているのはまさに皮肉な現象だ。 もっと自己研さんの実を上げさせないと下らぬこういう手合いが市民ではなくアベ忖度のるつぼにハマってこれこそ非生産的議員のたまり場では生産性のない話となってしまう。 来年の参院選の予想の先駆けがこのことに拠って自民にブーメランの皮肉と言わざるを得ない。 オンナ議員はとかく目立ちたいのアホばなし。 結局はオンナの浅知恵になったオソマツ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com



2018/8/10 (敬称は省略)

世の中とんとん

   どうも経済の様子が微妙に元気がない。 1ケ月前に山で言えば背を過って緩やかな下りになってきたと思う。 もう無理しての成長の掛け声にも

慢性化したことが心理的に大きい。  それにクロダの屁理屈にもどうも信用ならん含みが露見してきた。 このクロダミクスはもう5年間当たったためしがない。 いままたぞろ長期金利をいらってこの先の金利の上限幅を0.2%の上昇を容認したらしいが、こんなもの、容認も糞も世界の、とくに米国の一人芝居の腕力保守主義が、それも言うなら中国への強圧関税政策が今後も緩むことなく続けばやはり米国が抑え込むのである。 もう中国はトランプに歯向かって次々に防衛措置を講じているがこのままであれば米国の軍門に下るしかない。 1972の米中国交回復以後40数年、世界の工場に成り上がったのはやはり米国のお陰なんだ。 とくに知的財産などをみてもやはり中国は見て見ぬふりの看過が正当な貿易ルールをいまも破っていてなにがWTOに訴えるという中国の天邪鬼はトランプならずとも是認できないのは一方の大国として大義のない横着横柄なと言わざるを得ない。 米国の貿易赤字の縮小は世界へのアメリカの限界をトランプが発したもので、それは貿易・経済だけでなく世界の安全保障の組み換えにまで影響する今世紀の米国のヘゲモニーを維持するための大洗濯事業と言ってもいい。  そんなことから見れば日本がチマチマした国内政治に耽溺してひとり小平和に遊んでいることはもう許されないところにまで来ていると思う。 ひとり一強のアホみたいな政権に過大な過剰流動性の放漫をゆるして財政の正常化の先延ばしばかりに汲々として市民をして総ぐるみでだまくら化す政治もいよいよもって矛盾の限界に達しよう。  そのことはいよいよ来年が景気後退と今までの嵩上げ財政の持ちこたえの徳俵に到る兆しがそこかしこに見えてきている。もう消費税を取るなら、これの他への流用はしない。さもなくば消費税はこれで暫くはおさらばだ。 加えてこの政府お得意のGDPの嵩上げとか改ざんインチキは主に日銀とあわれボロボロの財務省が必死に守っても、それにいまはその主体が日銀お前もか・・・・が実は最大の黒幕であったことがどうしようもなく露呈して市民にそのご必ず

多大のマイナスを与えることは、もしそれをもっと早めに是正しておればそこまでの市民への究極のマイナスをすくなくとも留め得たチャンスがあったのに。 もうクロダはもっと正直に経済運営の実態をしゃべることではないか?    あのインテリぶった眼鏡の奥底に本当のことを言っていない隠れたウソを市民は感じている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com


2018/8/9 (敬称は省略)

世の中とんとん

   自国の首長を選ぶのに市民が自前で関与できないのはもうそろそろやめにしようぜといいたい。  少なくとも米国の大統領の選び方も参考にして、あの納得感はやはり大変なものだし、それに従う候補者の鍛錬は知的、体力的にも柔な者では耐えられないようになっている。 日本は余りにも密室的だし、つむじ風みたいにストレートにシステム的になっていない。

 その意味では誰でもなりたい人は公平に門戸を開いて自説を戦わせて

市民に受け入れられるかどうかで決めたらいい。 

あの二年間くらいに亘る長期戦で大抵のインチキ候補は淘汰されるのだ。

つくづく日本は政党制とは言いながらそのシステムが紛いものであるように思う。 やはり市民の民意がストレートになる今様に変えなければ市民がいずれ納得しない世の中になる。  IT時代にはそれに見合うやり方があるはずだ、政治は相当のズレと遅れと乖離の矛盾をはらんでいる

        https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/8 (敬称は省略)

世の中とんとん

②やっとこさ竹下派の総裁選対応は衆参自主対応と決まった。 これはこれで一つの派としての決め事だ。 派閥として分裂はおかしいとは言えない。 よく考えた上のことだ。 まだしもアベに一本化で決まるよりはいい。 アベ批判票というよりも来年にトカゲが身体半分切り捨てて生き延びる策ともいってもいい。 それにこの割れたことでアベ一強にくさい一発をかましたことは名門派閥の沽券を示したこととも言える。 これの複合化学変化がどのように無派閥の70余名とアベに靡いた主要派閥に波及するかも興味のある処。

先のことと今の両睨みともいえる。  影響の落ちた派閥もなおその余命を保っている生き証拠の意地を示したのは派閥の効用もまだあるとのことであるか?   とにかく無風なんて考えても気味悪いことである。 なんの目立った成果も上げ得ずただ失政を先延ばしでたまたまここまでのこの政権の負の部分は

漬物石で押さえつけた権力圧力の官高党低政権でしかない。外交だって対米追従以外にいまも大陸外交は一ミリも穿てなくてなにが大きな顔が出来ようぞ。

アベの成果満々のインチキ素振はもう市民に顔向けできないのをお得意のすまし顔で取り繕っているだけだ。 それが猫だましであることはこの5年間で市民は分かり過ぎている。 それがあの困惑したすまし顔によくぞ恥ずかしながら出ていてそれ以外の堂々たる鷹揚の態度が出来ないのだ。 案外小物である。今回これで小石のひとつもぶつけたことでアベの増長増慢に一矢を放った。 竹下弟、結構瀬戸際で存在感を示したと思う。 以外し柄も大きいが図太い。

   今朝は涼しかった。 毎朝雨でない限りは住吉川の上流の二連の滝まで必ず散歩か軽いジョギングをする。 白鶴美術館の丁度位にその人工の滝はある。

あさは5時前後から6時までだ。 片道一キロ、その滝の周辺で自己流の体操をやる。 帰ると約1時間半。滝周辺からのミストがいつもより冷こい。 季節は確実に移りゆくものだ。 テレビでも今月中はまたまだ暑いと言っているが、それは昼間の気温で朝晩はゆっくりと変化している。 さしもの特異の熱波の夏もいずれは移りゆく秋に譲ってゆく。

今日はわたしと同じ年の津川雅彦が亡くなったという。 思えば中学二年のときクラスの女の子が騒ぐので聞くと、津川のことで当時の映画のニューフェイスで芸能界入りの話で湧いていた。 確か15歳だったと思う。

やはりその後映画界の盛衰と共に公私いろいろの話題の人物だった。

一時代の終りを静かに感じる。  合掌。

竹下派の参謀の青木はもう来年夏の参院選での攻防を言っている。 野党が

本当にどれだけの巻き返しかを読んでいるという。 もうこの9月のことは別のことだ。 季節のようにかならず来年の夏は必ず来る。 今年のような特異の夏かどうかは別にして。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/8 (敬称は省略)

世の中とんとん

   今朝は涼しかった。 毎朝雨でない限りは住吉川の上流の二連の滝まで必ず散歩か軽いジョギングをする。 白鶴美術館の丁度位にその人工の滝はある。

あさは5時前後から6時までだ。 片道一キロ、その滝の周辺で自己流の体操をやる。 帰ると約1時間半。滝周辺からのミストがいつもより冷こい。 季節は確実に移りゆくものだ。 テレビでも今月中はまたまだ暑いと言っているが、それは昼間の気温で朝晩はゆっくりと変化している。 さしもの特異の熱波の夏もいずれは移りゆく秋に譲ってゆく。

今日はわたしと同じ年の津川雅彦が亡くなったという。 思えば中学二年のときクラスの女の子が騒ぐので聞くと、津川のことで当時の映画のニューフェイスで芸能界入りの話で湧いていた。 確か15歳だったと思う。

やはりその後映画界の盛衰と共に公私いろいろの話題の人物だった。

一時代の終りを静かに感じる。  合掌。

竹下派の参謀の青木はもう来年夏の参院選での攻防を言っている。 野党が

本当にどれだけの巻き返しかを読んでいるという。 もうこの9月のことは別のことだ。 季節のようにかならず来年の夏は必ず来る。 今年のような特異の夏かどうかは別にして。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/7 (敬称は省略)

世の中とんとん

② 懲戒免除「あり得ぬ」=菅官房長官

久しぶり市民感覚から見て当たり前の政府判断がでた。 しかしこの政府は分からぬ。

あとでいろいろの小理屈、屁理屈を捏ねて悪人官僚の救済をし兼ねない。 ただ今までも菅はアベに盲従してきた。 アホアベがまたまたねじ込んで例外を認めさせることもあり、油断はできない。 アソウも同様である。 とにかく菅がどこまで真っ当な奴かを見定めるいい機会だ。

   小沢の来年の参院選に小泉引っ張り出し戦略は小泉のその手に乗らないの

返答で脆くも崩れたが、こんな一時的小手先ではこの難局は打開できない。

残念だが小沢のイメージが悪すぎる。 小沢はもう過去の人だ。 あたらしい戦略は新しいひとに移らないとおかしい。 その意味では小泉ももう

表舞台では過ぎたひとだと思う。 余りにも政界は本当の意味で与太っている。 もたれ合いすぎて張りがない。そこでだが、進次郎がそこそこ成長の証しと親譲りの根性があるのであれば乾坤一擲いま、嫁もいないがそんなことは別にして親父が出過ぎるよりも総裁選に何らかの積極的関与をさせるとかの方が市民は湧く。 阿保みたいなアベ4選とかのばかばかしい政界の与太ばなしは別にしてもそこまで世界で世間知らずな日本だ。 ここらで一発、進次郎WHO?   を払しょくするような大きな花火が欲しいところだ。 まじめ腐って大物ぶるアベのシャカリキな映像がウェブでも時に水面下でいろいろ策動を予感させているが、じつに他愛のない映像操作に見えておかしい位にバカバカしい。 こいつが一体この日本になにを齎したのだ?

日本を貶めた戦後10人の総理の中に2番目にアホな奴と報道されたが、ご参考までにいちばんは菅直人だ。 人間の性格の悪さと知性のなさは間違いなくいちばんだろう。  その次はアソウだろう。  こんな一番と二番がこのいまの政権を担っている。 あほらしさも極まれりだ。

いまほど去勢された自民は戦後史でもめったに見れない。 まさにエアポケットのドツボにハマっている。 ここは純一郎父は小沢なんかとつるまないで息子を天高く放てと言いたい。  石破との協調がどういう格好であり得るのかは知らないが、窮すれば通ずの岩盤破りの強烈な意志さえあればアベアソウのごとき二人羽織政権は屁のようだと言い放てる起死回生の純一郎仕込みのあの昔の郵政解散時の火の玉精神を進次郎に注ぎ込むことだ。 とにかくこれほどの好機に戦略が無さすぎるのは日本の衰退の明らかな兆しである。

チャンスは今、実に足元直下である。 進次郎に純一郎は問え。

汝、いま立つ意志有りや無しやと。 明治革命時の日本の若者は進次郎よりは若いのが大徳川を倒した。 進次郎が若すぎるということは決してない。 小泉父がマッチを擦る番かも。 アベはいまもう小泉と呼び捨てているらしい。 禅譲された甘ちゃんの昔はとっくに忘れ去っている。 それほどに増長している。 油断を突くのは古来からの戦略のひとつだ。

いまは政界桶狭間である。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/8/7 (敬称は省略)

世の中とんとん

   小沢の来年の参院選に小泉引っ張り出し戦略は小泉のその手に乗らないの

返答で脆くも崩れたが、こんな一時的小手先ではこの難局は打開できない。

残念だが小沢のイメージが悪すぎる。 小沢はもう過去の人だ。 あたらしい戦略は新しいひとに移らないとおかしい。 その意味では小泉ももう

表舞台では過ぎたひとだと思う。 余りにも政界は本当の意味で与太っている。 もたれ合いすぎて張りがない。そこでだが、進次郎がそこそこ成長の証しと親譲りの根性があるのであれば乾坤一擲いま、嫁もいないがそんなことは別にして親父が出過ぎるよりも総裁選に何らかの積極的関与をさせるとかの方が市民は湧く。 阿保みたいなアベ4選とかのばかばかしい政界の与太ばなしは別にしてもそこまで世界で世間知らずな日本だ。 ここらで一発、進次郎WHO?   を払しょくするような大きな花火が欲しいところだ。 まじめ腐って大物ぶるアベのシャカリキな映像がウェブでも時に水面下でいろいろ策動を予感させているが、じつに他愛のない映像操作に見えておかしい位にバカバカしい。 こいつが一体この日本になにを齎したのだ?

日本を貶めた戦後10人の総理の中に2番目にアホな奴と報道されたが、ご参考までにいちばんは菅直人だ。 人間の性格の悪さと知性のなさは間違いなくいちばんだろう。  その次はアソウだろう。  こんな一番と二番がこのいまの政権を担っている。 あほらしさも極まれりだ。

いまほど去勢された自民は戦後史でもめったに見れない。 まさにエアポケットのドツボにハマっている。 ここは純一郎父は小沢なんかとつるまないで息子を天高く放てと言いたい。  石破との協調がどういう格好であり得るのかは知らないが、窮すれば通ずの岩盤破りの強烈な意志さえあればアベアソウのごとき二人羽織政権は屁のようだと言い放てる起死回生の純一郎仕込みのあの昔の郵政解散時の火の玉精神を進次郎に注ぎ込むことだ。 とにかくこれほどの好機に戦略が無さすぎるのは日本の衰退の明らかな兆しである。

チャンスは今、実に足元直下である。 進次郎に純一郎は問え。

汝、いま立つ意志有りや無しやと。 明治革命時の日本の若者は進次郎よりは若いのが大徳川を倒した。 進次郎が若すぎるということは決してない。 小泉父がマッチを擦る番かも。 アベはいまもう小泉と呼び捨てているらしい。 禅譲された甘ちゃんの昔はとっくに忘れ去っている。 それほどに増長している。 油断を突くのは古来からの戦略のひとつだ。

いまは政界桶狭間である。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/8/6 (敬称は省略)

世の中とんとん

② とにもかくにもどうもアベの嫌がる石破との一騎打ちがありそうだ。 まやかしの岸田や推薦人不足を今回も露呈した野田女史は胡散臭いやくざ紛いの亭主のことも相俟って出馬は無理だし、いくらオリンピック精神も大切としても前回も推薦人不足ならば本人の努力もそうだしルール上からも進歩の跡が見えない。 資格はないと断じるべきだ。 

世の中のスピードに乗り切れないのは不覚としか言いようがない。 あとは河野だがいまは外務の仕事が面白い盛りで暫くはこの仕事を遊び続けたいところで出馬なんて到底無理。 ほかの奴らのやっかみもあって出られる訳はない。

どうやら竹下派は衆参分裂で二階からそんな派閥はあり得ないと揶揄された後どうやらそのことに反発がでて派閥としてまとまって石破を支持するようだ。

これでとにかく恰好はついた。 無派閥の70人前後をどのように分け分けするのかは進次郎の動きも加味されるかも。 とにかく無記名投票であるから約束手形の確認のしようがアベ側にとって大きな壁になるとの観測もある。 

そんなんなこんなのこともあろうが、日銀はこれから毎年100兆円の国債の償却があるという。 この方の問題は本当にどうなるのか?    アベ、石破の返答が聞きたいものだ。  クロダは話を難しくして逃げるのが常套手段だ。 代わりにやさしく出来る出来ないを教えてほしい。 総理はいずれにしても行政の長であるはずだ。 とても大切なことだから知りたい!!!

それとアソウの処置をこのままずうっと任せるのはもう市民から見ても限界だろう。 今回の後はどうなるかはもう市民としてはお払い箱にしないと鬱憤は爆発しそうだ。  あのへ曲がったあの口はもう誰も見たくないだろうし、後がつかえていることもある。

①GBT“生産性ない”寄稿、杉田氏本人が対応をと所属派閥の細田会長は、この先は杉田氏本人が対応すべきという考えを示しました。

わたしはこの細田会長というのは前々から自民だが好きである。 顔つきは結構難しそうだが言ってることにはウソはない。 非常に理性的であり且つ又知性を感じさせる。 自民派閥の最大を率いているのもよくわかる。

アベのように単純なウソを勢いに任せてつかないまともだ。 本件でもいい出しベえのこのオンナ、杉田氏本人が責任を最後まで己のケツを拭くのは当然のことである。 アベのようになんでも猫可愛がり一本で問題があると豹変して冷たく突き放すのは忖度一辺倒の有象無象には参考になる間接的なチェック発言として捉えるべきだ。 何のことはない後はアベが庇ってくれるの甘えであろう。 または汚い忖度期待であろう。

とくにオンナの議員にはこんな手合いが多いから一罰百戒の効果は抜群である。

さすが最大派閥の長である。  アベの空疎な常用の行政の長のクソ発言はなんの糞のツッパリもない言いっぱなしのカラ言葉でしかない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com



2018/8/5 (敬称は省略)

世の中とんとん

   この暑さは多分特異年の特異自然現象だとは思うが、やはり地球は確実に気候変動的には寒冷化へ向かっているらしいが、体感的な気温上昇的には間違いなく熱くなっている。 もう最近の自然現象の荒れ方は異常である。

なにも日本に限ったたことではない。 全世界的な報道でももうだいたいの都市の気温はこの夏の今も高いのは40数度もあり、日本も37-40度はいまのいまざらである。 やはり生物学的な本能的感覚からはこの夏の日本で普通に働くことは実に苦痛である。 それも全時間冷房なしではもう全く無理だ。 これが特異年のまた特異現象だろろうという推測の下、なんとか辛うじて我慢しているも、NHKでも気象報道にことしは命の危険と言葉を発して注意喚起しているのはご存知の通りだ。  いずれ熱さ寒さも彼岸までの古今からの通り相場が今年は流石にどうなるかは分からないが、間違いなく冬の来ない日本の季節はないとは思うが、まずもってこんな命の危険が想起されるなかで、いずれ2020年に実に今頃は五輪の真っ最中とは?

たぶん特異年は毎年は続ないとしたら、こんなトタン屋根の猫おどりさせられことはないにしても真夏真っ最中には違いない五輪はもう死の五輪と言われかねない。 その上にスポーツの祭典などと浮かれて儲かる五輪と言われて米国ロス以来各国は招致に血眼だ。 今回の日本の五輪も不埒にも不明金が裏で支払われての日本の招致が出来たのは知る人ぞ知る公知のことだ。

別に日本の市民がこぞって賛意を問われたわけではない。 それはそうとしてもこんな命の危険のある五輪は少なくとも真夏を避けて春か秋に、つまり日本で言えば5月か10月当たりにずらせばまだしも市民も納得感はある。

五輪・バッハ会長は何故に商業主義に堕し、気候変動に対応しない墨守の在り方には口をはさまないのか?   個々のちまちました行儀種目の区々たる採否に嘴を入れるよりももっと根本的な対局にある五輪運営に英断を下すべきだ。

もうこんなカネに塗れたインチキの世界平和追及と言わんばかりのスポーツの祭典はもうあまりにも汚れすぎている。  どの国でもスポーツの言われるところの清廉の印象はもう既に無くなって久しい。  むしろなくてもいいのだ。 余りにもスポーツに関わる破廉恥、不明朗な金銭トラブルは枚挙に暇はないのだ。

それに呼応するように最近も指弾されているのは落ちぶれてカネの亡者の集りと指弾されているユネスコの堕落した実体も国際組織のそれから見れば五輪と同じように汚れてしまっている。 いわゆるロビー活動の一連のブローカーにええように儲けのタネにされている国際組織の裏の現実の腐り果てた実態だ。アメリカがユネスコへの出資金60億円弱を既に引き上げたのは当然のことだのに、二位の日本は46億円はそのままだ。 カネを出すのをやめるべきである。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/4 (敬称は省略)

世の中とんとん

②もうここまで来たら当て馬などという姑息な候補を立てるなんて情けない汚い手を打つな!!!  おまえの人生で初めての堂々たる一騎打ちをやってみぃ。

まだしも石破は負けても己の沽券を大切にして闘いを挑んでいる。 ごみ溜めの自民ではなく地方の市民に己を託して負けても良しのある種の達観があるように見える。 地位をエサに人心を操るアベのやり方は適材適所の政治を舐めている。 その意味では開けてみないと結果は・・・・ということもあるかもしれない。石破は身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれの気持ちで無心で行け。


   アベの正体見たり、只の猫だまし屋。唯一の普遍性は三代の悪の系譜

もう今までに張りかえた芝居小屋の看板お題目は何枚になるのか?

美しい国から始まって地方創成などなど最近の働きかた改革までほとんど市民の反対の中、強行採決したものが多い。 アベノミクスもクロダが主に進めたものでアベもクロダにさせていると自分で言っているが、バラマキ効果があるときには自分が主導としてフェードアウトしたいまではこうそんなことがあったのかと知らんぷりだ。  とにかくこのオトコには普遍性という考え方に一本を貫く背骨に似た太いものは何もない。  拉致でもトランプの米朝会談以後、自分がキムとあって二人で会談の上なんて調子を扱いていたが今に至っても一ミリも進んでいない。 しんどい仕事には口だけのアベで逃げまくっている。 もう拉致家族の死ぬのを待っていると言ってよい。  とくにケッサクなのは生産性のなんたらと自民のバカ女が言った言葉がアベの無生産性、つまり子供なしのアベ夫婦にも批判せよとの市民の高まりにしょうことなしにこのバカオンナに反省を迫ることなく、いずれ市民もわすれるといういつもの忘却政策こそ一番のやり方で、身内にはおおアマな聞き流し。 それにしても比例区議員は無責任極まりない。 衆参ともに廃止すべきだ。  市民が選んでいないのだからこういう忖度しかできないアホ議員が勝手なことをほざく。

本当にオンナ議員というのは日本の場合、これだっちゅうのは見たことがない。 ありがとうございました。 あの野田の無様な醜態はやくざ旦那の差し金かしらないが、こんな汚れたオンナは総裁選に面汚しだ。

市民よりは政党トップにしなだれかかるお女郎野郎ばかりである。

おんな医科大がオンナの成績を一律何%カットして抑制している慣習が非常に長年にわたって続いているのはじつにそれなりの

訳があってのことだろうとつくづく思い返した。 

やはり日本のオンナはひとりひとりの個が情けないことに独立していない。  

社会的には極めて鍛錬される機会がなかったことだ。

やはりオトコ、権威、つよいものに靡く狡い根性が男女同権のもとに内蔵している。 この辛気臭いオンナ気質を抜き去らない限り日本の男女同権の本当の姿は見えてこない。

そういえばアベの政治もオカマ政治で、ひとり普遍的に超然とする姿はすこしも見えない。 仲間内でくすくすと相手を蔑む国会の姿を見ているとじつにオンナの腐った擬態を見ることが多い。 それにいちばんはあの気持ち悪いアソウと二人の含み笑いなんぞは汚らしい同性愛を彷彿させて、これこそ生産性のない気味の悪い隠微な政権というべきだ。 次の改造でもアソウを財務相にするならば市民はこれこそバカにされている。 このアベには大叔父で佐藤総理がおつたが長期政権が崩れた日の記者会見で新聞記者にソッポを向かれてひとりさよなら会見で、栄ちゃんと呼ばれたいとど厚かましい有名なさよなら言葉を発したが、さしづめアベの場合には晋ちゃんと呼ばれたかつたと言うんじゃろうか?  

超、チョウ・・・気持ち悪い。

それでももう見なくてもいいのじゃったらそれは我慢しもいい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

 




2018/8/3 (敬称は省略)

世の中とんとん

   厚労省の分割案には賛成だ。 ドダイ言われている通りデカすぎることで、大臣の管轄力から見てその範囲を超えていて、それが為にいままでも数々の不祥事を生み出していて、それが市民生活に直結する大事なアイテムが詰まっている。 厚生と労働とは勿論底辺では繋がりがあるのは理解できても、組織としてその統治能力以上の仕事を抱えることはとくに年金などの市民に直結する生活案件が今までにも漏れや不正などの組織内部に関わる重大事件が最近も外部に不正に委嘱がいまも起こっている。 労働では働きかたの今様の在り様に組織が資料の隠蔽・改ざんなどが恣意的に官の無策で発生していることも市民から見れば遺漏不正が多すぎる。 遅ればせながら20年ぶりらしいが組織分割に手をいれることにしたのは卓見である。 これは行政の肥大化に繋がるものではない。 適正管理規模にして見通しの利く今様の新しい組織にすることは参院の6増とは全く違う組織の肥大化にはつながらない。 6増問題は行政の簡素化に逆らう要らざる組織の改悪である。

同次元で考えてはいけない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com




2018/8/2 (敬称は省略)

世の中とんとん

   「先進国で日本がいちばんヤバい」

IMFの警告でアベノミクスの嘘が明らかに

IMF2018年「世界経済見通し」の改訂版を発表。

日本経済が最悪であることがわかりました。

海外勢の(安全資産)日本円買いもアベノミクスも幻想だったのです。

国内での大うそもとうとう

世界に拡散して覆い隠しようがなくなってしまった。  

先進国中最低の成長率1%も本当かどうかヤバイ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com



2018/8/1 (敬称は省略)

世の中とんとん

   竹下派が総裁選の総括で参院と衆院で派内が分れた。 それを二階がそれはもう派閥ではないと揶揄したが、実に深いギリギリの土俵際の判定だ。 これはこれで最近になく興味のある深謀遠慮なことだ。 もう政界の視点は来年の参院選に自動延長された感がある。 転んでも小石の論理だ。 あわよくば野党の結束があれば少なくとも一義的には捻じれの再来もあってアベ一強にキツイ一矢、二矢が放たれることになり兼ねない。 その意味ではアベ一強馬はレース前に肉ばなれの不祥事を被ったことだ。

いよいよ総裁選の表裏の派閥の鎬の実戦レースが始まった。 安倍一強で事成れりではない虚々実々のアフターアベの長期展望までを見晴るかすいわば関ケ原前哨戦と言ってよい。

そんななか、やはり進次郎の動きは要である。