Bizdoor
過去記事 
 アクセス 




2018/7/22 (敬称は省略)

世の中とんとん

   オリンピック精神では選挙は勝てない。  野田、岸田は別にして、石破の戦略のなさはある意味国民をミスリード、愚弄するものかもしれない。

もし石破にして前回の地方票の勝ちを己自身で過大評価しているならば、今回は大阪維新から自民に寄りを戻してでも地方票の奪還に意欲を燃やすアベサイドには今のままでは惨敗は必至。 あくまでも挑戦者はあらゆる手段と機会を通じて自己アピールがいるのに、石破は前回の地方票に胡坐を搔いて殆ど国民には挑戦者としての戦う活動

姿勢が見えない。 2世議員のボンボンののんびり屋では戦う前に負けている。 一体にこの人物はいかほどの自己運動をしたのであろうか?    何もしていないというだけの敵失を待つスタイルでは何物も得られるはずがない。  いまは岸田が降りると宣明すればこの選挙は実質的に消化試合になる。 あんなあーうーが立つわけはないのだ。

それすら言わないでいよいよ参戦するなんてその政治感覚がもともとおかしい。  まける戦いはする必要がないのだ。  勝つ機会がないのにただ参加するためだけでははやく引いた方があとあとの為だったのに。 その意味でも政治感覚が無さすぎる。 アベに対する澎湃たる否定が全国的に拡がることを期待するならばもっと戦闘的に一方の旗頭として獅子奮迅のアベ反対運動の旗手であってほしかつた。戦略がズルイかなさすぎる。

 ただ沈黙に過ぎすぎたと言ってもよい。 棚から牡丹餅は現実にはない。 まあ国民にはそれほどの人物としてはみていない。 灰汁がなさすぎるとても言えようか?   こんな悪玉をさらなるこれからもしゃっぽに被される国民こそはたまらない。 

とにかくこいつのお割り際は大変な混乱にこの国は巻き込まれるょ。

収拾がつかないような。  後悔は先に立たずだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/21 (敬称は省略)

世の中とんとん

   アベ三選を阻止したいのは意外と大穴のアソウかもしれない。 その意味でアベの体調不良がいろいろ取沙汰されているのをほくそ笑んでいるのはこいつアソウは想定外とばかりは言えない。 モリカケでアベに大迷惑を掛けられてのそのお返しとしては当人は当然のことだと思っているかも。

財務省の空前の不祥事の粛清という大方針を最大限のロースピードのギアで緩やかにちびりちびりと伸ばしてきたのもすべてこやつなりの深謀遠慮の浅智慧だろう。 そこには衆目から神輿に担ぎ上げられるという伝統的な形も片りんもない。 とにかくアベでも2回なら俺でもという単純さはこいつの頭なら自然な理解程度はよくわかる。 これにはアベもなにがなんでも元気を装ってまたまた無理を重ねないとのプレッシャーは想像に絶するかも。 つまりはもうアベのケツの病気と股関節の最近のものと更なる新しい病の発病に掛かっているとことに加えて元々からのサイコパスの精神病も追加しておかねばなるまい。 もう病気の総合病院への駆け込みが相次ぐ。

そんなことから本当の敵は石破とか岸田なんかはもう当て馬としか言いようがない想像外の大外れだということはもうそろそろ表に出てきてもおかしくはない頃合いかもしれない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/20 (敬称は省略)

世の中とんとん

2018/7/20 (敬称は省略)

世の中とんとん

② 未経験とか数十年ぶりとかの報道が多い。 災害だけに限らない。 政治社会現象でもそれに影響された事象がそこかしこにあるのかもしれない。 いずれそのことがあとあと現実のこととして顕在してくるように思う。 

その意味で昨日オバマがどこかで言った政治的ストロングマン横行の時代に対する危惧は世界に対する警鐘かもしれない。 いまこういうときにやはりオバマの警句は流される世界に対しての一方の見識を訴える理性的な意味合いと受け止めたい。 アメリカにはそういう一方の明確な知性と理性が厳然と存在する。  中国・露・トルコそして日本の見かけストロング勢力がこのままではとても危なっかしい。  それに巨大な欧州がイギリスの離脱後遺症の病をいまだ引きずってドイツ・仏だけでは欧州をリードできない。 せっかくの北東アジアは期待に反して元の木阿弥の先祖返りの様相を呈しつつある。  日本はそんな中、自らを変革できないことになんら違和感を感じない今までの漂流の中に安逸を求めて動こうとはしないのはアメリカの足下で動けないとの言い訳に安住しているからだが、いずれ国際のバランスはプレートがジワリと動くようにいつまでも止まってはいないことを知るべきだ。  そして必ず好悪にかかわらず変化に対応せざるをえない未経験の事態に遭遇することになる。 日本が本当のストロングマン政治国になっているかどうかはこれからの国際政治の中で本質的にどう泳ぎ切れるかに掛かっている。 その最大のターゲットは対米国との付き合い方で、それの反射が大陸側の諸国とにどんな陰影を照射するのか問われることになる。 日本自らが大陸に照射することはいまもこれからも少ないのはいままで通りかも。 それほどに米国の日本への照射力は強いのだが、日本は逆に米国にも照射力を持つべきかもしれない。 その意味での日本のストロングマンたり得ているかどうかは日米に長年の未経験なゾーンが長かったので本当の意味では日本はまずはその経験を積んでゆく努力をすべき時期にあるとは言える。 日本は見かけだけのストロングマン政治国ではなく余りにも一方の政治勢力が弱すぎることが最大の欠陥かもしれない。 やはりアメリカのように対立軸の野党がストロングでないと勝負にはならないのである。

 

   小泉父の動きがそれなりに活性化しているが・・・・。  アベは誰のお陰で総理になれた?   なにか急ぎ過ぎだょ。  

進次郎はもう私が懸念することはない。 十分にあれはなりに育っている。 その進次郎は6増法案に賛成票を投じた。

国会が終われば同志とこれからの大国のインドを見に行くとのこと。 父純一郎は細川・小沢と昔のトップらとの繋がりを有効に繋げていけないのは彼らがもう過去の人だからか?    小泉父も昔に比べては剛腕とスピードも落ちた感は否定できない。 やはり進次郎をバックに親バカを演じてゆくのであろうか?    アベの急ぎ過ぎにはやはり体が思うように利かないことがあるのであるか?  

はなしは変わるがアベ三選の後改造内閣があるとしたら、アソウをどう始末するのか?    重任してまたまた二人場羽織内閣を続けるのか?    まさにふたりは死ぬまで一緒?   気持ち悪すぎる!!!    それにしても財務省の改ざんは重罰はもともと当たり前だろう。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/19 (敬称は省略)

世の中とんとん

   どうもトランプとプーチンの会談が歯切れがわるく、いつものトランプの冴えがない。  やはり辣腕プーチンが他国の選挙に介入した模様は完全否定できないかも。  その意味ではトランプは正直だ。

もしそうならば反トランプ陣営は最後の最後まで彼を追いつめるかも。

それにしてもプーチンはもう殆ど20年ちかく世界の指導者の一角の孤塁を

守っていまだソビエトの潰れた夢を未だ執念深く追っている。

いま世界の政治指導者は長期政権を維持することが多い。 トルコのエルドアンもそうだし、中国の習もそれを狙っての毛沢東に続く独裁者への足がかりを確実にしたようだが、さいきん足下でまさかの反習運動が起こって中国の政治の季節の再来を予想する事変もあるようだ。

翻ってわが日本はアベの長期政権をと大方は予想しているが、国民の本音とのずれはそのままで日本自体にこの国の形をこうだと断定できるほどの確信はいまだ提示されていない、

米国次第のつまりはあなた任せ次第な有様が正直なところではあるまいか?

国家としてのあるべきアイデンティティなんて大げさに言うべきものは別にしても、なにか流されて漂流している感じは抜け切れていない。

とにかく経済、経済がすべてで食えればそれでいい。

国丸ごとがその体である。

二階が偉そうにぶったことばが、いまの日本で食うに困る家庭はもうない。

これを喝破する自民自指導者のこの言葉からは地を這うようにしてエサを探すネズミか兎を連想した。 その中身は草や食べ物だけでなく、人間の欲望の圧縮の投信や株やあらゆるすべての社会的欲望資産がそうである。

しかし人は立って空を見上げて思想する動物でもある。  地を這うだけでよしとはいかないのである。 考えもするし感情もあるのだ。 嘘でもうつくしい国となれば夢想もするのである。 腹立たしければ博打や薬に手を出してまわりの人に迷惑もかけるのだ。 そういう社会的動物の癒しがたい現実は食えただけではもう解決できない。

まさにひとはパンのみにてあらず。

仏の道はとにかく食えることだけにあるのか?

さすればキリストの方が人間をよく見ていると思えるが。

情のないあべには人間性を全く感じない。

こんな奴がトップであろうがなかろうがアッシには

まったく関係ないのであります。

あの紋次郎の言いぐさが一番このオトコには適当といつも思っている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

 

2018/7/18 (敬称は省略)

世の中とんとん

   アベが21日、仮病でズルすると思っていた最大の被害地へ舞い戻るという。

当然のことだがまだ少しは恥じる忖度を周りからつよく勧められたのかも。

それにしてもあの自民亭のバカ騒ぎの後シャカリキになって災害復興指示を連発しているが、別に特別なものは何もない。 交付金の前倒しにしても決まっているものを早く使えるようにしただけで、災害自治体ではこんな大災害で大きな別枠予算を宛がわなくては務まらない。 それに対してはノーアンサーだ。 このことの手当てが一番喫緊の課題である。

バカ騒ぎの埋め合わせにしては中身がない。  今までの国土強靭対策は一体何だったのだ?    土木ダム政策の国・県・村町の段階管理から一連の一括管理の流れが絶対に必要だ。 災害はそんな縦割りなんて関係ない。

その意味では今回も完全に人災だ。 いつまでこんな愚を繰り返すのか?

https://www.facebook.com/?sk=welcome      http://new-life-club.com

2018/7/17 (敬称は省略)

世の中とんとん

   IMF が日本とEUの景気の曲がり角に到達したと発表した。 これは薄っすらとの我々の皮膚感覚と遠い違和感はない。 その中でトランプ・アメリカはひとり気を吐いている。 もうこれはオバマの遺産ではなかろう。 去年の一月から丸一年半を経過している。 世界に荒ぶるトランプのアメリカンファーストは曲がりながらも馬車馬のごとく疾走しているやに見える。 

もう我に屁理屈なしアメリカの意気・元気ここにありだと見える。  まずは中間選挙はモノにしたと言ってよい。  一方で中国の経済はいかにも根暗で成長の指数も明瞭に鈍化して調整に入ったとある。 それにしても加えて習国家主席の独裁化に反発する政治勢力の台頭もあるやに聞く。 いつも通りの政治の季節いりだ。

 そんななか、日本の成長はあるかないかの僅かに1%未満の低さである。

もない。 まあ言えば中国への輸出が鈍化すれば必然的に日本は今まで通り米中の漁夫の利なんて呑気なことは言っておれないのだ。 

世界の安保の負担の見直しと並行してアメリカの財政赤字の天文学的数値の是正を吠えるトランプがしゃにむに進めているのはある意味、アメリカの復元力の力強さを見る思いである。  やはりアメリカの政治システムの剛直なほどの強い大統領を生ましめるその選別システム力には、日本の柔な曲がりくねったつむじ風で本当の民意とは裏腹なエエ加減な奴でもトップに居れる太政官制度そのままの制度をいまも墨守するポンコツ政治とはまるで今昔の差があるのだと思う。  日本は何が何でもアメリカに負けて今があるとつくづくその僥倖に思いを致すほかはない。 トランプによって

アメリカは間違いなくリフレッシュすると思う。

   国民民主党が伸び悩みどころか末端組織が壊死しかかっている。 つまらぬ共同代表制などという与党に靡くような柔な党組織を取ったため行き場を自分で狭めてしまっている。 当然に立憲民主への糾合へ大勢は向かうと思う。 敵前での大変な迂回は野党のオウンゴールの無駄な時間と勢力の減退を齎したものと思う。 この党は生まれた時から小池のふんぎりの悪さを宿命的に引き継いだ不幸な政党でそれが今も背に被さっていてこのままでは

フェードアウトしても不思議ではない。 とくに参院の大塚共同代表では治めきれない。  来夏の参院選の野党勢力の過大期待はこの党の盛衰如何では無理かもしれない。 しかし中途半端に引きずるよりはもっと徹底的に離合集散の上この党はなくなったほうがすっきりすると思う。 そして小池の呪いがその党と共に消える方がすっきりする。 思えばじつに小池というのは呪われたオンナというべきだ。 最近の学歴詐称騒ぎもエエ加減なこの人物の政治履歴に新たに上書きされたのを見てもいまも過去を引きずっている。 国民民主党はそういう意味でも雲散霧消したほうがいい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com



2018/7/16 (敬称は省略)

世のなかいろいろ

   小泉と小沢の組み合わせで政治討論会。 まるでひと昔ならあり得んことが真昼の事実であり得た。  しかし小泉は4月ごろの反アベのあの颯爽たる姿と勢いはない。 やはり政界から引退してひさしい。 とりわけ原発を無くしてとのあのトーンも後に続く勢いはもう一つだ。 そんななか小沢との突然の融合対話には当面の政局のことがあるのであろう。  やはり人々には今の今が大事てあってとりわけ大災害でこころ虚ろのなかのまたまたの必然の世界的猛暑だ。 考える力と余裕をなくしている。 もしも本当に政治運動として反アベ機運の盛り上げを画策するならばもっと別の全国的広がりを目途にしたやり方でないと余りにもチマチマした風呂で屁を扱くくらいの効果しかないのでは?    両者とも一時は日本のトップであったはずだ。 もっと起爆力のある行動とインパクトな動きが出来ないものか?

来年の参院選をどうのこうのではもう敵前で降伏したようなものだ。

4月ごろの鼻息とはエライ違いではないのか?

昔の名前で出ていますではなにかうら寂しい。 そんなことより進次郎をうまく育て上げよ!!!!

 小沢も罪滅ぼしに小泉父と一緒になって二人羽織で二人して相協力すべしだ。 その方が若い人にも訴えられる。 年寄よりも若いのとつるんでほしい。

  https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com



2018/7/15 (敬称は省略)


世のなかいろいろ


② 日本のワールドカップの去り際のキレイなロッカー騒動も日本のひとつのニュースだが、日本の自民亭の官邸の大災害を前にした政治家どもの

国民無視のどんちゃん騒ぎのうつつも知っておくべきだ。  アホ総理に忖度するアホ自民議員たちの浮れ議員どもの行状記もおなじく
いま大きなニュースになっている。 
物事には表裏二面があるのである。

   本当なら西日本災害訪問の予定があったのに、急に股関節がどうので突然

訪問取りやめだとの降ってわいたような大うそをまたまた平気でやった。なんという横着なやつだ。 いかにも患っているような取ってつけたような引きずる歩き方なんて写真を大げさにアップさせてもうウソ見え見えだ。  こんな演技を講じてまで災害地を忌避するのは現地での先の訪問で冷たい視線を浴びせ掛けられたのだろ。  当然のことだ。  どこまでも勝手な野郎た゛。 あの高齢の天皇でもいままで数えきれないくらいだが黙々とされておる。 お前如きがウソ丸出しのズル休みしたいが為の子供より劣るこんな言い訳をだれがしんじるものか?

日頃から運動せずに飲み食い気ままの横着生活しているから、体が鍛えられていない。 当然のことちょっとした災害地訪問で顎がでてしまう。 トランプの招待ゴルフでもバンカーから出るときに仰向けに逆トンボりの一回転の無様。 

情けない奴だ。 それでこのインチキ病でもう震災地はまだまだ

大変なのにこのニセ病でもう終わりなのか?  ””””””””””じゃ。 アホ、バカ、根性なし!!!!!  死ねといいたい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/14 (敬称は省略)

世のなかいろいろ

   今回の文科省局長の我が子の不正加点入学依頼に本人が否認していることは官僚の親分のアベがモリカケでいまだ罪を認めずにシラを切り通していることと底辺では似ている。 この男の場合はいろいろ物証が揃っていて尚且つ罪を認めない官の横着横柄と伝統的にこのことが文科省で闇の中での悪しき伝統になっていたとの本人らの認識がある。 まさになんで俺だけが?   実に不遜不明だがトップのアベすらが白を切り通して逃げんとするこの二年間に及ぶ国会追跡にも全政府組織を挙げて国政を壟断する醜い総理の在り様を満天下に晒しつつも今に至る国内だけでなく国際的にもダーティイメージを振りまきながらの逃走劇をこのオトコも見るにつけてそう思う違和感に、つい本音が出たものだろう。

まさに門前の小僧倣わぬ教を読むであり、且つ又門前の小僧倣わぬにぎにぎを覚えでもある。 この官僚と政府官邸・組織の表裏には想像もつかないほどの大掛かりのインサイダー犯罪がいまだばれないことをいいことにいまも巨大なインチキ・不正・忖度がまかり通っているのは、通産省のコンピューター巨額不正詐取事件がいまだ全貌が不明に伏せられて俎上に載せられていないことを見てもこのアベ政権の魑魅魍魎が心底闇の深さが計り知れないのである。  アベはこのまま天下のご政道をどの面下げてまたまた渡ろうとするのだ。  数々の越後屋の有象無象が忖度菓子折りをいまも隠れ蓑に小判を献上しているからだ。 もう腐っているうえにまだこの上にど厚かましさは天も許さない。  

今こそ立候補の取り下げこそ日本再生のあるべき姿であり、真っ当な日本を取り戻すことになる。

こいつの美しい日本なんてどの口が言わせたか?  片腹の痛さもいまに限界にあるというべきだ。  このままで天下の王道を渡らせることは日本の恥辱だ。

立候補と取り下げこそがまっこと日本を救う道である。 

全うな官僚、真っ当なマスコミ、真っ当な自民議員ども。 いつまで寝ているんだ?   もうお前の出番はとっくにすぎているんだ。 悪業が嵩じて

今日は腰の病で広島行きはサボったという。 どこまで愚弄するつもり

じゃ?   因果応報では済むわけはない。  這ってでも行かんかい!!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com


2018/7/13 (敬称は省略)

世のなかとんとん

   東京地検による文科省の不正入学立件事件はそれはそれなりの日常の処理として当然のことだが、国を騒がしたモリトモ・カケイの政府官邸を巻き込むいわゆる国有財産の払い下げ事件には期待だけはさせたがつまりはネズミ一匹も捉えられない今どきのサラリーマン検事の成れの果ての忖度に終わらんとしているのは慨嘆のかぎりだ。 もう日本に法の正当性とセーフティネットを期待する場所も失われたともいえる。 そんな噂の灰色アベがのほほんとしていまも白日の下にあっても反面、日本の恥部として永くアベの背負わねばならぬ宿命の重い十字架を背負わされることには間違いない。 ただこのオトコは神経が数本不足しているのでどこまで心底に突き刺さるほどのことかは断定の限りではない。  しかし9月の自民その総裁選も間違いなく2ケ月以内に迫ってきた。  どうやら水面下ではそこはかとなく派閥の離合集散が蠢き始めている。 石破が限り皮きりのスタートをきったという。 あの優柔不断の岸田も近々派閥の総意をみんなに問うとした。 あとはドングリの背競べだか

もっとも関心事は進次郎の動きである。  明らかにアンチアベは言わずと知れたこと。  次の次を目指してのいまならば、前回同様に石破と意を通ずることは衆人の思いと同じかも。 少なくともアンチアベの支持率調べでは人柄が信用出来ないが一番のアベの結果は歴代でもダントツの一位だ。

このことはトップのあるべき選択の中でもっとも尊重されるべき項目と言える。 今回の西日本の大水害の油断の深みに嵌ったのは必然の通り道だ。

国会議員票にもアンチ票があるため余計に石破の牙城であった地方票への割り込みの為他方議員との応対が増えていること、その矢先の西日本広域水害でのまさにオウンゴールの大失態だ。 因果応報でなくてなんなんだ?

わたしは国会議員票がいかにも流動化しているようにも思う。 人非人の横着横柄のアベには救いがたい人格的欠陥がこの際どうでるかだ?  おのれの蒔いた種だ誰に文句をいえようぞ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com



2018/7/12 (敬称は省略)

世の中とんとん  

   アベの震災地謝罪なんて見ていても心底からの気持ちが表に出ていない。

これはもうこの政権になってからずうっとだ。 つまりカネを処置すれば事足れりの情のなさが溢れている。 人間的な神経の欠落だ。 これをみてもこの御仁が育ったアベ岸家の家庭環境が如実に分かる。 岸・アベに連なるこの政治家係累が普通の環境でなかったことがよくわかる。 いまも生きる母親はなんとする?   この母親とアベの係ケッタイナこれも普通でない嫁との意思の疎通がうまくいかないのはもう歴然とした目で見える世間の常識でマスコミの格好の噂の材料になるだけでなくある意味日本国の恥の部分にまでになっているのはアベの家庭掌握の至らなさを露呈しており夫婦ともどもの責任と言ってもいい。 家庭、それも子供がいないいちばん単純な構成なのにここまでマスコミの格好の材料として巷間否定的に扱われるのは普通ではない。 そのことに両者が恥じてもいないようなのがまったく言いようがないど厚かましさを感じる。 ありていに言えば恥も外聞もない夫婦だ。 このピントのはずれが政治のなかでも明瞭に感じられるいわゆる常識のずれに多くの関係者やひろく国民も感じている。  もうこの現象は最近の問題の自民亭騒ぎがこれほどの顰蹙を国民に与えていてもあべ自身は本心からの謝罪は全くなくて翌日のしまは時間との勝負・・・・こんなアホ発言にも表れている。 要は大切なオモンバカル神経が何本か確実に複数本、脱落しているのだ。 そして目配りはもう己の目の届く範囲ばかりで

その近辺を超えるともう全くの知らんぷりの無関係。  実に我々はこんなアホを曲がりくねった政治のつむじ曲がりの選び方でとうとうこんなのをシャッポに頂いているのだ。  阿保らしくて・・・・・こいつのテレビはすぐ消さないとともう条件反射で反応する御仁も多いと聞く。  

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/11 (敬称は省略)

世の中とんとん

   米中貿易戦争が激しくて世界にその波紋がひろがっているが、中国が米国に張り合っているのはもっと自分の本当の国力を知るべきだと思う。 カラだけは米国の2/3GDPらしいがその数字が真実かどうかは分からないかもしれない。 間違いがあれば必ずそれは大きい方へのドレッシングだ。

とにもかくにも1972年の米中の国交回復によって世界の工場として中国を引き上げたのは言うまでもなく米国であり、そのことはよく中国は感じるべきである。あの当時の銀輪はいますべてが自動車に代っている。物凄い変化だ。

ただそんな中、とくに米国が指摘する知的著作権のことは堂々たる大国として大いに恥じるべき行為でこれを取り締まれないのは逆に使嗾していると言われても仕方がない。 世界に冠たる申し分のない尊敬される大国・中国としての世界の知的分野においても優れて尊敬される国にならないといけない。 中国に見る横着横柄の国柄が中国自らがおのれを変化させることがその尊敬を集める一番の近道である。 そうなれば中国へ本当の意味で自然に何事も靡いていくはずだ。  まだまだ中国には知的もそうだが自由の蔓延る度合いが限られている。 このことが中国自らが世界を自分で狭くしている。 とくに知的財産の保証がいまもって保護されていないのは大国中国としては大いなる恥である。 恥の文化がないというのは言い訳でそういうことを理由にして横紙破りを押し通すのは大国の沽券に関わる恥ずかしいことなんだ。 メンツが無いという方が分かりはいいのだろうか。

こういういい方なら理解は進むはずだが。 習は二代目だが父はおしえなかったか?   なかなかの進歩的な人のようだったが。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/10 (敬称は省略)

世の中とんとん 

② 今回の西日本の大水害はようやく全貌が分ってくれば大変な広域に跨るものだと分かってきた。  この災害に前夜自民亭などと浮かれていたアベ以下政府自民関係者はもう穴があれば飛び込みたい気持ちの呵責に駆られているはずだ。  その中で総裁候補の岸田や派閥の領袖の竹下が言っていることを見ると竹下は完全に言うことなしと文句なしに謝罪した。 片や岸田は珍しく今回のケースは特別な大掛かりの広域のもので予想を超えていたと反論めいて言い訳をしていたが、これは自分らのどんちゃん騒ぎをエクスキューズするやに見えて往生際が悪すぎる。  アベはもっと狡く翌朝になって会議を招集して時間との戦いだとしれっとして言い放っているのには

被災者並びに一般国民も飽いた口が塞がれないほどその開き直りにこの男のいつもながらの素気無さ、情のなさを見極めたようだ。  いずれ総裁選の地方票を巡ってもも思わずの批判が出ることには違いない。  それを感じてかすぐに激甚災害法の適応を指示したのはいつもながらの自分のカネでないことにはモリ・カケのようにすぐに払い下げなどのことに頭が回ってくるこのオトコの国の財布に行き着くことで仕事を成したと早合点に過ぎることである。  それには本当の情のこもったいたわりというものはこれっぽちもない。  この配線のキレたこのオトコの情のなさこそいずれ国民からポイされるまたまたの機会に遭遇したとはこれっぽちも感じていない。  総裁選がちかい。  石破に取ればこれをチャンスに竹下との誼を深くしておくことだ。 もともと竹下は石破とも近い。  とにかく開けてみないと分からぬのが選挙である。 

   日本のなかにある種のエアポケットがあるようだ。 台風のまさに目の中にいるあの凪の間合いとでもいうようなものか?   その外周では猛烈な風雨が経巡っているのに。 政権の動きも倦怠感からいろいろの判断にゆるみが出ている。  今回の平成30年西日本風水害もやっとのことで被害の全貌がくっきりとしてみると思いのほか酷いものだ。 政権の中身もこんなものだ。 どうしても人間のやることはこういうことは避けられない。 アベの中東欧州の外遊も慌てて中止したのも判断が遅れたものだろう。  もともと断って済むようなものであったともいえる。

最近は国内から離れて物見遊山ではなかろうが国内の煩雑さから逃れる様な気やすさで逃避するやに見える。 スピードが必要ならばもっと別のやり方をすべき時代だ。 公式のルーティン行事にうつつを抜かしているほどいまは呑気な時代ではない。 やらないといけないことがスルーされて迄ルーズに今までの要らざる予定が優先励行されるのは如何か?   まずはそこらあたりの整理整頓がされているのか?  

こういう物事の狭間に後で考えれば大きな見立て違いがあるものだ。

そんな弛緩した状態が日本のいまに芬々と出ている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

 

2018/7/9 (敬称は省略)

世の中トントン

② 総裁候補の石破というひとは防衛は得意だが、最大欠点は経済だ。

この御仁から経済のケの字の一言も過去に聞いたことがない。 まずこれでは候補としてはダメだ。  自分の足らざるを補い加えることは当たり前のことである。 いまどき経済を語らずして候補でございますなんての認識はもう論外だ。 それだけでも候補としては埒外である。  地方票だけで当選できるわけはない。  進次郎の脇役で神輿を担ぐほうにもっと早くからまわらんかい。  こんな認識では端から無理なんだ。 もっと早く対策を講じるべきで、自己過大評価であり過ぎた。 自分が分っていない。

********************************************

 ①自民亭のバカ騒ぎに全国から非難声が。 これをアップした片山さつきに

非難が殺到。 このひとのもう時季外れののうばざくら風体が可哀想なくらい。お顔が整形みたいで気持ち悪い!!!

最近の芸能人の政治寄りに同調して政治の芸能人化のけばけばしさをこの人に見る。  行き遅れの大臣病の焦りがありあり。

余計なことをしやがってと出席の自民の奴らは怒り狂っているらしい。  それにしても上川法務はなんぼなんでも違和感があり過ぎる。 このおばはんよくもこんな会にのこのこと。 そのしれっとした顔で死刑の執行を見届けてからとは?  やるは!!!!  自民の身内感覚がここまで国民と遊離しているのがよくわかる。 

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

 

2018/7/8 (敬称は省略)

世の中トントン

②中国は決してアメリカに力負けはしない。 しかし勝てないことは分っているようだ。 アメリカ人は決して嫌いではないようだ。 

   いつもながらの災害本部の立ち上げ(本日)の間の悪さと緊張感のない意味不明の官邸内の身内意識丸見えの公私の境目のないアベを囲む死刑懇話会(前夜)に見える奇異な集まりと人選十数名のいろいろ。

        https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/7 (敬称は省略)

トランプは世界の床を飛び上がってどんどんと踏み叩いている

●もう世界でトランプの騒ぎに埒外という国もひとつもない。

米朝会談もつまりは北を無理でも交渉の場に引き出した。 その勢いにキムもあわてて中国にその後も入れて複数回中国辺々の地域や北京にも呼び出されて

中国の関与の中への確認を念押しされたものと思う。

どうやら中国の影響から逃れようとして孤高を保つ政治姿勢も世界的な制裁の前でようやく中米のせめぎ合いの中で

まるで歯磨きチューブのように押し捻り出てきたようなものだ。

その所為でキムはアメリカにへし折られるような危険からは一時的に逃れ出られたものの、核隠蔽の始末は先延ばしの政治的時間稼ぎと制裁のバランスの中いまもいる。  ポンペイオはそれの実行予定管理表を携えているはずだ。

 そんな中、北の実質的後見人として習が堂々と臆面もなくのっそりと顔を表して、トランプと対峙したのが貿易関税史上最大の幕開け代理戦争だ。  

その規模は市場最大の規模となって世界にその予断をゆるさない

行司のいない力比べの先行きは誰も見通せない。

北の実質の後ろ盾を満天下に標榜する牛のような顔を見せて。

 こんな時の各国の駆け込み寺のWTOもスルーするトランプの鼻息の粗さにこって牛の中国・習がどこまでやりあえるかは

両国の沽券を掛けたもう表向きの冷たい戦争だ。

そこに冷やかしではなく露のプーチンが中国の後塵から遅まきながら駆けつけてきている。  いまはもうトランプ米軍に対して中露のユーラシア軍の配置と言ってもいい。 中露軍には北のポチ、米軍にはユーロと北東アジアの日本犬が張り付いているが、ユーロ軍にも足並みの乱れ、とくに最近の英国の離脱にトランプは肩入れの為もうすぐ英国入りする。 加えてとくにドイツの最近のメルケルの長期政権の疲れが欧州に多少の影。 あとはいつもながらのイランを核とするイスラムの反米との対峙と核対処に

トランプの新機軸の対応処置゛あるのかないのか?   

北に対比されるイランの処置がトランプの荒療治のなにかのドラスチックな対応が出るのかでないのか?   アメリカファ―スト言っても巨象のアメリカが多少床をどんとひと叩きすればこれほどの揺れが地震のごとく世界に伝播する。  72才のこのひとにはまたまだ目を離せない。

中国や北はいまシンガポールのたまたまの引き延ばされた

宥和時間をエンジョイできないはずだ。 

トランプの時間表スケジュールはかれの手の中にしっかりと

握られているはずだ。 

CIA長官のポンぺオ国務長官がまたしても北に赴いた。

つんぼ桟敷の日本も耳を側立てている。 帰りに日本に寄るのか?

素通りか?  北から米軍横田基地は時間にして僅か。 しかしアベはいない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com


2018/7/6 (敬称は省略)

アベの拉致解決は北に迫る迫力皆無。対話のための対話の入り口はいまだ遠い。

●最近も米朝会談以後も拉致家族者らと何を下らぬ弁明をしているのだ。

そんな暇に北と、ともかくも接触の糸口をいまだ探っているのだったら

もうなにか成果らしいものがでてもいい筈だ。 

田中審議官時代のミスターXに代わる

ミスターY当たりの人選もどうなっているのだ?

お友達ばかりのうちうち政府のことでつまりは交際の狭さを露呈している。

じつに拉致家族者からすれば口ばかりの言い訳政府官邸と嘆いて久しい。

折角のトランプの高い斡旋代行料をいずれ支払わされるのに実行が伴わなければ依頼した意味がない。 偉そうに対話のための対話では意味がないと抜かしたのはそれが出来ないための前もっての言い訳であったと憶測される。

なんとも勇気と元気のない口ばかりの屁みたいなやつだ。

それでいてこの8日からまたまた欧州イランへの遊覧旅行とは?

先ずはミスターYを早く探すことだ。 もうあの飯島では相手にも見透かされている。 いっそお前のあの出しゃばりの嫁を返して貰わなくてもいいから

ピョンヤンに放り出せしてずっと逆拉致させてもよろしいのでは。 

いままでの国内での罪滅ぼしには打ってつけだし、うるさくもなくなる。 

それはともかくもうカネで釣るやりかたは足もとがばれている。

もう結構中国やカネのなさそうな露ともすり合わせが出来ているらしい。

なんなら米国も十分に色気はあるという。 

とくに北の持つレアアースを担保にすれば十分間に合うとのこと。

北は結構小さいのに天然資源国であるとかねてから聞いていた。 

ウランも自前で掘り出して核兵器を仕上げたくらいだ。

この国にもあるはずのカネも実は借金ばかりで

ポンと気前よく放り投げる遊び金はないのだ。

またまたそれはともかくいま政権がGDPをインチキ嵩上げ疑惑が水面下で

知る人ぞ知る大きな疑惑になってるという。

一つ間違えば政権が吹っ飛ぶダーティな裏工作疑獄事件である。

4月ごろネットでも流れていたが前の山本という悪辣大臣が

画策したものらしい。実にこいつは悪人の顔をしていて裏の策士に相応しい。

つまりは5年近くのアベノミクスのインチキ嵩上げの為にデフレ脱却とは言いながらなにも物価が連動しなかったいわくを

GDPに下駄を履かせての矛盾がもう限界に来ているという

末期的国家総ぐるみのインチキが破綻の危機に瀕しているということらしい。

このアベならば延命のためには何でもする輩だから本当にある日突然に国がデフォルト・・・・あり得ない話ではない。 アベの頭ではその解析は無理だからしかしどうも火のないところに煙の話だけに

この時期なにかヤバい感じがする。  

アホ忖度官僚とぼんぼん官邸がまったくの火遊び政治の挙句の果ての

消せない大火事になってしまうかも。

 そろそろきな臭い政局の号砲が鳴り出す。

石破がサポ-トして二人羽織の進次郎政権をいまも夢想するわたくし阿呆です。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com



2018/7/5 (敬称は省略)

文部官僚の古典的犯罪を東京地検が摘発

①なんとチンマイ事件を鬼の首を取ったようにマスコミは報道するのだ。

世間に東京地検の怠慢をこれで働いている証しにでもするかのようだ。

もう日本の法治は全くの信用はソウシツしている。

モリトモ・カケイの疑獄は総理大臣の犯罪関与なのにそれをスルーしてこんな官僚のチンマイ汚職を取り上げるなんて、

アホラシクてだから如何したと言いたい位だ。

お前らの仲間の事務屋が仕出かした裏のお仕事だ。

それにしても古い官僚制度の中の

文科省というのは一体にトップの大臣の仕事中にヨガに公用車で通うなんてなもうあり得ない勤務態度も、よくみれば顎と首の境目も分らぬ風体の輩が治める組織なのにもうドダイ組織の体を成していない。 旧事務次官の今も続く政権への造反もどっちもどっちのこの顛末をみれば、ほかの省庁も含めてこれほどまでに官僚組織がその体をなしていないなんて実にそこまで弛緩しているのを見るにつけて

これが万の中のひとつのたまたま世に漏れた恥だと思っても間違いがない。  そら恐ろしい政治の在り様である。 

すべてトップがだらしがないとこうなるのは当たり前だ。

 空恐ろしいほどの隠された闇の不正やインチキが横行しているはずだ。

東京地検が目で見て分かる仕事がこんな程度では地検自体も政権の手先に堕しているものと多くの国民は見ている。

そんな中、総理が犯罪のうすうす関与しているのは誰が見ても明らかだ。

こんなアホらしい事件が起こっても文科大臣もアベ自体も怒れないはずだ。

しかしこの5年間で仕事らしい仕事の成果はこれだけとは情けなさすぎる。

大阪地検はもう廃止したも同然の廃屋になっているのか?  聞くのもアホらしい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/4 (敬称は省略)

トランプによる世界のストレステスト

●世界はトランプの鳴動で足元が揺れている。 結局は米中の2巨象プラスロシアの中国シンパ寄りで世界の覇権が争われている。

もちろん経済だけでなく底には軍事バランスの論理が冷厳にある。

トランプの考えではいままでの米国は問題を時系列でみてもそのときその時で

間髪を入れずに対処していたら後になって

多大のエネルギーとロスをしなかったはずだとの思いが底層にある。 

その意味では彼にはやり残した米国の宿題をあれもこれもと押し付けられた不満が鬱積しているのだろう。 時には我慢の限界を超えた感情的にもみえる荒っぽいやり方が見え隠れするのは歴史的に見た大統領としてのあるべき時期の問題の多さを意識して払拭するがごとき恨みまでを感じる。

流石に長年ディールで鍛えたタフな民間不動産経営者としての輝かしい成功に比べて世界の経営はなんと岩盤のような抵抗があるのかと本人は言わないが内心は思っているはずだ。  カネではないもので、つまりは米国への忠実な服従からのものと考える。 かれは現実にカネでは成功者だ。

 すべての為政者は必ずしもそうではない。 

何のために政治をするのかとわれればもういろいろだろう。

しかし最終的には国家に服務するというサービス精神がその根底に

なければできない仕事だ。  しかし現実にはそうでない。

顧みて各国の政治トップにとえば正悪取り混ぜてそれこそ多種多様だろう。

そんななか、はたしてアベというのは何のために日本のトップの仕事を

5年間もしていて外交にしても内政にしても

沸き上がる様な国民の支持がないのだろう。  

やはり国民からの本当の代表とは程遠いところにいるからだろう。

政治を私物化しているという本来あってはならぬ普遍的に国民へのサービス業という現実を分かっていないだけでなく、その国家の所有する国有財産を特定の友人や自分の思い込みの周辺の関係者に秘密裏に法の網を本来の趣旨から隠蔽してそこに国家組織を利用して落とし込むという

前代未聞の悪事をしれっと行い何食わぬ顔で知らぬ存ぜぬの

王道破りにテンと恥じない厚顔無恥の輩であることだ。

 こいつにはお天道様に恥じる数本の神経が抜け落ちている。

これは母親の岸の娘の洋子の生み間違いと岸家の教育の皆無の所為である。

いま国民はこのオトコの矜持のない近親利益関係者による政治の私物化に

苛立っている。 こんなのがあとさらに

この9月の自民党の総裁選で3選になるかもしれないのだ。  

景気はやっと山の背を回り込んだ下りかけの

トレンドに入ったようだ。 日銀もやっとそのことを認めた。 

一方でアメリカのトランプ改革で世界の経済と政治はさらに混沌さを深まってきている。  こんなときにこれからもなお日本だけが

チンタラ峠で呑気にお茶で一服とは開いた口が塞がらない。

こんな与党に一言居士の声も遠い太鼓の

時たまの風の都合で曲がりくねって来るばかり。

来年は遅まきながらの消費税だ。

これはいままで使うと言って

何にも実行しなかった財政改革に本当に使うのか?

又してもできない成長と防衛費用に雲散霧消にきえるのか?

トランプの過去の為政者の宿題のようにアフターアベの黒い宿題がどっさりと後付けで請求書が回ってくることを一番気遣うのはあり前だ。

国民が罵声を浴びせるときには

こいつは死んでいるか政治的には存在していない先なんだ。

悪評嘖々は間違いない。歴史から抹殺されても仕方がない。

やってきたことはそれにふさわしいウソとインチキのこいつの本性通り。

じつに馬鹿げたはなしになるのはかなり正しいと思う。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/3 (敬称は省略)

トランプはアメリカの実力を見つめることが大切

●もう血刀引っ提げておのれの敵をぶった切るこのスタイルは

今までの大統領にはない。

そして長年の同盟国にも例外なくアメリカの言い分を通すやり方は

現状のある意味の固定的秩序をアメリカン保護主義の尺度で強引に

進めてきているが、それにしてもその副作用たるや世界的にもいま特に米中の経済関税戦争になっている。 そしてWTOなんかもトランプは相手にしない勢いで、むしろいままで横紙破りの常連の中国が提訴をせんとする逆現象が

起きている。 ある意味、どっちもどっちだが政治経済の両大国が

まさにあり得ない現実に直面していることは、どう見ても超大国から滑り落ちかねないアメリカの呻吟とどうしても見えてしまう。

しかし一方で鷹揚なアメリカがそこまでの動きを見せる背景には

膨大な貿易赤字で世界をけん引してきた大国の沽券と意地もこれまでかとの限界も見え隠れする。 それにしても防波堤を築いて自前で貫徹するする国家をもし最終の米国の姿を夢見ているトランプというひとは間違いなく

ヤンキー魂の塊かもしれない。 愛国者なんだろう。

わたしは一途にアメリカを愛している、偏ってはいるが白人主義の

一徹頑固野郎にはある意味魅力的ではある。

翻って陰湿でウソつきの偽り権威主義でみかけばかりのアベとは月とスッポンの本質的ないやな嫌悪感を抱くのはわたしだけではないはずだ。

やはりトランプには政治家としての高い矜持が根本にあると思える節がある。

それは軍隊を経験しているからだと思う。

アベのように人格形成の20歳までに何にもぐーたらでじじいと親父の

引きだけで政治家家業で忖度されただけではドダイその人生の鍛錬度と

奥行きの深さがまるで違う。アベの言ってることの咬み合わない拍子抜けの

言うさまは根本的にすれ違っているのだ。  まったく答えにならない

この幼児性はこのオトコの軽さ以外の何物でもない。

こんな素寒貧のオトコを担いで神輿を担いでいる与党いや自民党の奴らも

いったいに殆ど日本の現実とこれから先の展望は何もないと言ってもいい。

つまりはアベが扱けたらみな扱けたは当然だ。

もう行先知らずの漂流あるのみである。

もう十年も経ないでも日本は間違いなく追いつめられる。

つまりはアメリカから疎外されるはずだ。 アメリカもポチをいつまでもそばに置いておけないのだ。 貿易赤字の問題の是正は必至だ。

トランプが日本のそれにも容赦なく突っ込んでくるはずだ。

それと遅れてなにも手つかずの日本の放漫財政が

ある日突然に日本国に襲ってくる地震みたいなものだ。

本当の地震も怖いけれどこっちの地震も国家財政をさらに攻撃する恐れも十分にある。 こんな時に外遊なんてしている頭が狂っている。

そんな暇なら、キムに一札挨拶して来い!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

2018/7/2 (敬称は省略)

日本は北とは直接の対話は無理だろう。

●アベは米朝会談の後拉致は自分とキムとの直接対話を探ると話したが

例によって難しいことは絶対にスルーするこの男のいつもの常道で、しきりに

外務や防衛大臣を通じてトランプの非核問題のその後の進捗を見極める

動きを催促がましく言い立てさせている。 そして間接的に北への話し合いを繰り延べさせているのだ。

これはある意味トランプに当てつけがましやり方である。

あれほど拉致についてはおのれが無為無策でとどのつまりはトランプに丸投げて置いておのれがキムとと啖呵を切っておいてこのざまだ。

朝日新聞がアベの外交成果は殆どバラマキだけでまずは外交としては落第だと厳しく断罪していたが、これは公平に見て正しい。

トランプの仮にも世界をかき回すほどの動きからすればもう遊び半分の外交ごっこの域を出ることはないもうど素人と言ってもいい。  それでいて本命の

拉致のような喫緊の政府の成すべき重大事項は実にこの政権の5年間で何もしていないのだ。 実に厚顔無恥といっても過言ではない。

カエルの面に小便とはこのことだ。

昨日も記事がでてすぐに取り消しになったアベマターがある。

トランプに対する嫌味の記事だ。

つまりは米朝会談の後確かトランプの専用機が横田基地に給油がてら寄って

会談に内容をアベがしれりたいと思ったのだろうが、トランプは素通りして帰ってしまってその音沙汰がないのでアベが拗ねてその後はトランプが会談内容を知らせてこないと不満を述べたという内容だったが

流石にすぐにそのニュースお釈迦になって、再送されなかった。

ことほど左様にこのことで催促がましいアベの様子にトランプは面白くなかったのだろう。

トランプからすれば拉致は会談で日本の意志は伝えたのだから少なくとも

すぐにアプローチするのは日本の方だろうと突き放したのは話の筋は

よくわかる。 どこまで擦り寄ってくるんだといまトランプはアベのクリンチには言い印象を持っていないはずだ。

こういうことの履き違いが溝を深めてゆくことがある。

拉致は少なくともアベではムリなようだ。 あらゆるチャンネルを通じてなんてもともとチャンネルは小泉の時の田中外務審議官とミスターXのようなルートもいまは存在していない。 田中はアベの北外交にはもともと危機感を持っていた。  何もしていないのだからという訳だ。

何処までもこいつはシー調な奴だ。

いずれカネでって言うが、中国・ロシアを味方につけているから日本のカネなんて期待もしていない。

拉致はアベでは繰り返すが取り戻せない。 やる気もない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

 

2018/7/1 (敬称は省略)

果たして日本の国債の値段が付かないとは?

●少し前のニュースにこんなことがしれっと報道されていたが、値段の付かないこともあるんだと初めて知った。 すこしヤバクない? と思ったりしたが、なにせクロダがもう約束のデフレ脱出は無理だと5年経って開き直って宣ったのにはまさに二期目の次の5年間の就任後すぐだった。 もう本人もこの公約の縛りから脱走したかった鎖を解き放った解放感から自然に発した言葉だったのだろう。 ただありていに言えば詰りは国債発行残高が膨張して国内で消化できなくなると苦しい家計に似てきます。そしてどのような経済・財政理論でも、国家が無限に借金できるなどということはありません。そのことがやっと5年間で彼もやっとのことのことで現実的に理解できたものとわたしはそのように思った。 そんなことに5年間も掛かったとは日銀のトップもそんな程度かと思い直した次第だ。  もうアベノミクスなんて過去のことだつたしまるで風の又三郎みたいなたまさかの風来坊だったと思える。  

既にフェードアウトした過去の言葉になってしまったということだ。  

今後のこの始末のゆくえはどうするのかクロダは一向に応えてはいないが。

こうなったら最後まで騙し続けてゼロになった時に言えばいいんと違う?

そんな芸当がクロダに出来ればということだが?   まさにアッシには関わりないことだと言い張りたいのだが・・・・・・。

https://www.facebook.com/?sk=welcome    http://new-life-club.com


2018/6/30 (敬称は省略)

トランプはオバマのようなもう少しゆっくり・・・・とは行かない確信。

●オバマに比べて余りな即断即決に似たトランプ流は世界に波紋を拡げている。

彼から言わせれば、そういう今までの先送りが今になって強かった覇権国の落ち目の現実にある意味では仕方なしに保護主義と言われても頑なに以前のスーパーカントリーへの回帰を急がせる原動力になっていると言いたいのだろう。 ベルリンの壁崩壊の1998年以後はアメリカの単独復活時代だと予想したのに、よもやのアメリカの逡巡のそのあとの原因はやはり1972年のニクソンによる米中国交回復にその遠因がある。 いまそのことが軍事・経済において米中のせめぎ合いの現実になってきている。 やはり中国の台頭は政治経済共に名実ともに米国にキャッチアップしてきたと言ってもいい。 いつも一番をよしとした米国にとっては何かと気になって立ちはだかる中国という意識が強い。 そしてもう一方の極にイランを巡る核兵器開発の中東の雄で一つ間違えば火薬庫になり兼ねないも火薬庫にトランプは苛立ちを隠せない。 詰りは有象無象のハイエナがライオンに隙あらばとの構えがいまも現実にあるのだろう。 トランプはそんな中、戦線の整理整頓を図る意味で取りあえずは保護主義という標榜からアメリカファーストを強く世界に宣明しているものと思う。 その為にも制裁という武器を通じて同盟国に強制に近い力を行使している。  この世界が一国だけで成りたち得ない中、有機的・連鎖的な繋がりが当たり前のときにこれが最大の武器になっている。  イランの核開発防止のために今回もアメリカはその監視機構から脱退して明確に制裁を更に格上げして構える立場だ。 そのために親しい同盟国にもイランとの交易を中止するように強く求めてきている。 とくに日本も例外はなさそうだ。 前の貿易戦争と言われる関税問題でもトランプは欧州や中国、日本にも例外なくその意思を被せていま世界的な経済報復戦争になってきている。 それのお互いの応酬はもう国家的我慢比べでもある。 トランプがここまで固執するのもこの経済報復戦争とそれが為の制裁を通じてアメリカの世界に対するヘゲモニーの回復が以前の覇権国家アメリカはやはり世界の警察官でもあるという使命感達成のための方途と確信しているのであろう。

オバマの漸進主義とは結果的に相いれないのは彼の性格だけはなさそうだ。

オバマも28年の中、トランプに引き継がせたマイナス政治資産は明らかに

不作為・不整理としていまトランプが抱えているオバマ先送り遺産として。

そんななか、アメリカに追づいする日本はドラスチックな防衛・経済のトランプショックがさらにあることを覚悟することもあるのは当然だ。
 トランプの強気はまずは中間選挙での自信を強めていることでさらに強く反映されてくるのは間違いない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/28 (敬称は省略)

どっちもどっちのまたぞろ北と日本の早速の最近口喧嘩

北朝鮮代表、軍縮会議で「日本は口はさむな」も大人気ない。 
 いままで散々ひとの頭越しにミサイルをぶっ放しておいて、仮にも米朝の曖昧会談で、もう打たないとはまるで勝手だ。
 しかしいまはたまさかの安寧である。

残された日本が残余の核とミサイルや生物兵器の行く末が未定のままでは安心して枕を高くしては居れぬの当然だか、日本も声高にイージスアショアなどとアメリカの買い入れ武器に奔走もいただけない。 地元は流石に反対しているのは地方の方が国際感覚は十分ある。 小野寺は端折り過ぎだ。

そんなことよりもトランプVSKim委員長の模索があの瓢箪からインシデントを突然にもたらした。  これに倣って口喧嘩も、もういい加減飽き飽きだ。  ふるさと大阪の鶴橋生まれのキムの母親とのご縁もあることだ。  飛んだハプニングになれば世紀の日朝会談の夢もあり得ないことない。  もう日朝はお互いがいい意味の二国間関係を自発的に生まれいずる苦しみを乗り越えて到達してほしい。  DNA的には遡ればお互いのルーツは出会いもあるはずだ。  折角そんな床しい現世にもう一生の間憎しみばかりの近い他人、もしくは敵対と憎しみの連鎖にはほとほと情けなさと深い近親憎悪もすら感じてしまう。 親の憎しみが子のそれに続く。 こんな連鎖をどこかで止めょ。  日本も過ちは多いはずだし、顧みて北にもあるはずだ。 とにかく今回の米朝会談が教えたことはまずはトップが代表して恩讐を超えて出会うことだ。 いつまでも江戸の敵は長崎でではいけない。  アベも何故に時間があるのに北にもっと直接に呼びかけないのだ。 お前の故郷は日本の中でも北のDNAが一番濃厚なんよ。 暇があるならゴルフよりも北に専用機で飛べ。

燃料費はほかにも比べれば無茶苦茶安いんだ。 まずは屁理屈よりは情のある呼びかけだ。  
情の薄いお前ではムリかもしれんが、先入観はこの際は投げ捨てて、まずはおのれから櫂より始めよだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/27 (敬称は省略)

総裁選、会長出馬求める声=岸田派

●水を飲ない馬に飲めと無理押しするな。と言いたい。 この御仁の前の派閥の親分は古賀誠だ。 土建色の強い個性派にこんな欲のない跡継ぎでは宏池会の跡継ぎには物足りないのが国民感情ではある。 押し出しの見かけは石破よりはいいがなにせアベに隠れて目立たないのが玉に傷。 人間としてははるかに裏表のあるアベよりは間違いなくよさそうだ。 しかしとにかく欲がなさそうなのがこの世界でどうかなと?    しかしアベのような裏に回っての悪事とウソ・隠蔽や私的な狭いグループにだけの利益還元に陥るこいつの政治を俗世間並みの次元に貶めて
良識ある国民から唾棄されるほどの人品で果たしていいのか?

とにかく何かのエサをばら撒いてそれに食いつく者だけを周りに寄せ集める餌付け政治はもう古い。 
そんな政策では多様性の国民の要望はーには応えられない。
 それにまたまたアソウがくっ付いて二人羽織の超ウザい政権が続けばもうまったく漫画だょ。 

そんな中、やはり本来ならば石破・岸田の挑戦者らがもっとアベを追いつめるほどの勢いがあるべきだが、もう進次郎ひとり孤独な国民受けする言いたいことを直球で投げいる。  その意味で進次郎を核に石破や岸田が応援して巻き返す運動がせめてこの後7-9の三か月弱で盛り上がらないのかと思うが如何?    こんなインチキ政治をこれからさらに延々と続けさせるのは大陸の色々な動きを見、アメリカの強い国力巻き返しの保護主義を見るにつけてももうこんな上辺だけのアメリカ頼みがいつまでも続けられる訳はないのだ。  まずは己の足で立ち、潔い、他から指差しされない独自の地保を確立しないと日本はこの先いっぱしの尊敬を受けない軽い国家になってしまう恐れが多い。

日本の政治的威厳はつとに低下していることはじつに由々しきことなんだ。 アベは軽すぎるし、潔くない。  これからはアメリカはもっと地肌を出してくる。 もうこれからは遠慮はいないと思うょ。 

これからの先3年間をこんな潔くないアベに任せるなんて気ちがいじみている。

その意味でもう賞味期限は終わっている。 刮目せよ。と言いたい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/26 (敬称は省略)

みずほ証券 システムトラブルでネット上の株売買できず

●やっぱりかという感じ。  もうこんなこと何回目か?    かなり前から前広にネットでも広報していたが、その時もなにか起こるのでは?    これほどドンピシャリとは。  いまだ3社合併の後遺症がいまも続いているとは?

人的なこと以外にも、初期の3社の導入コンピーターの馴染みが今だということはカネは掛かってもこういうことは一気呵成に最初から一つにまとめる経営の意思決定の誤りである。  まさに人災と言える。 わたしはもともとミズホは嫌いであったから一切の接触はない。 この判断は間違いではなかった。

それにしても何十年も同じトラブルを繰り返すなんて実に懲りない会社だ。  

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com



2018/6/25 (敬称は省略)

小野寺防衛はもっと落ち着け。

●イージスアショアの配備を急ぐあまり山形やアベのお膝元の山口でも配備反対の壁にぶつかった。 米朝会談から僅かに2週間だ。 余りにも見え見えのやり方だ。 この男、もともとおっちょこちょいの噂通りだ。  そこまでアベに忖度するのは、国防という観点からは対外的な見られ方もまさに忖度して

外交的配慮もあるべしと思う。 国務大臣としてはアベもアソウも同等の位であるはずだ。 たまたま担当職分が首相・財務であるだけで国防はその任に於いて大切な職掌であるはずだ。  それなのに上におもねて何とする!!!  先のおんな国防の稲田なんかもあるまじき人選であった。  アベのあり得ない恥多き人選として歴史に残るミスキャストだ。  小野寺もその範疇に入る。

この男いまの憲法の自衛権を拡大解釈して北のミサイル基地への攻撃を言ってのけた。 じつに防衛の意味を理解しないあんぽんたんである。  個人的にも下世話な意味でもあまり芳しからざる噂も多い。  まじめ腐っているがとんでもない野次馬大臣である。 アベは国防大臣を甘く見ている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com


2018/6/24 (敬称は省略)

小野寺防衛はもっと落ち着け。

●イージスアショアの配備を急ぐあまり山形やアベのお膝元の山口でも配備反対の壁にぶつかった。 米朝会談から僅かに2週間だ。 余りにも見え見えのやり方だ。 この男、もともとおっちょこちょいの噂通りだ。  そこまでアベに忖度するのは、国防という観点からは対外的な見られ方もまさに忖度して外交的配慮もあるべしと思う。 国務大臣としてはアベもアソウも同等の位であるはずだ。 たまたま担当職分が首相・財務であるだけで国防はその任に於いて大切な職掌であるはずだ。  それなのに上におもねて何とする!!!  先のおんな国防の稲田なんかもあるまじき人選であった。  アベのあり得ない恥多き人選として歴史に残るミスキャストだ。  小野寺もその範疇に入る。

この男いまの憲法の自衛権を拡大解釈して北のミサイル基地への攻撃を言ってのけた。 じつに防衛の意味を理解しないあんぽんたんである。  個人的にも下世話な意味でもあまり芳しからざる噂も多い。  まじめ腐っているがとんでもない野次馬大臣である。 アベは国防大臣を甘く見ている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/24(敬称は省略)

何度も言うが、今後の北交渉はアベではムリ。

●もう北の経済は日本なしで、米中他でもOKだ。 経済をぶら下げての食虫植物紛いの誘いは北から見れば笑止なのだろう。 アベの陰険外交は地政学的にも近いだけに、加えて在日筋から十分すぎるネタは仕込み済みだろう。 それだから米中会談以後はとにかくトランプの一挙手一投足が目前の対応の主眼であって、拉致は北から見れば既に解決済みの一札で日本の出方次第と受け身で見守っている。

とくに会談以後日本の圧力継続維持と非核の実行の推移をアメリカのポチ宜しく主人とともにそばでチンとして見守る姿勢しか動きようがないのが実情で、何かのルートや兆候があればと詮索中とアベ自らが言っているくらいで一時のスワって言う感じはいまはサラサラない。 以前の田中外務のときのミスターXはありもしない。  こうしてまさにダルマのごとくこれからも手も足も出ない時間の空費が続くことになる。  今しばらくはトランプも貿易戦争の己の仕掛けた後始末に没頭しなきゃならんのでアベに構っていられない。

要は事態のあなた任せの依然前と変わらぬ風景がまたまた続くことになる。

これに対しては前々から言うようにトップの人心一新しかない。 アベではドダイ変わろうとするアクションが日本からは出ないのだ。 アベにとっては熱いトタン屋根の猫の気分すら全然感じていない。 もともと情のない奴だからなんとも感じていないと思える。 そんな奴なんだ。

口では積極的だが具体論では何もないのがいつものこいつの癖で、口先では動きは水面下でとはいいつつ、実は何もしないのがこいつのいつもの手なんだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/23 (敬称は省略)

北は日本とツルムのが一北東アジアで安心できるはずなのに。

●一番の歴史的地勢的不幸は中国とロシアに囲まれていたことだ。 とくに中国という大きな文明圏の影響をつよく受けて、とくに文化的にも儒教のそれは今に至るも生活に深く根差している。 その点日本はそれを早く脱ぎ捨てたことが明治の西洋文明化にはやく染まって脱江戸鎖国時代を迎えたことだ。 ただ資本主義に西列強の最後に植民地争奪で最後のババ掴みから先進英米にしてやられた。 そして仮にも戦勝国となった中国とロシアの巨大地勢国が戦後共産国として世界に自由主義対共産主義の冷たい戦後の闘いは20世紀末に共産主義の敗北でやっと結末がついた。 いま、世界中が実質的に資本主義の全盛期と言ってもいい。  とにかくおカネがすべてである。 もうその行き過ぎた弊害がそこかしこに現れてもそれに代わる尺度はない。  

ただ国家の支配形態は名目の実質取り混ぜての各国の歴史的経緯を踏まえた体制で運営されている。  北も実質はキム家長支配で独裁国家だ。 中国もいまだ表向きは共産国家だが総書記の習による独裁である。 経済は共産党支配を隠れ蓑にした疑似資本主義だ。  いま北はやっとのことで他の先進国にキャッチアップせんとして資本主義経済へのギアチェンジを真剣に求めている。 つまりは今回の米朝会談をそのテコにせんとして。  しかしながらそれを阻止せんとしているのは実は年来の友人たちの中国とロシアだ。  もう悪友というべきがまたまた自分らの仲間に引き入れようとしている。 隣同士の昔からの悪友のまたまたのグループを離れることの意地悪だ。 まさにいじめに等しい。 そんな中、いつものパターンの日本離れだ。  世を考えても獅子身中の虫の拉致すら自ら近づく格好の宥和材料にせずに無残にも放擲するのは誠に度量の幅が少なすぎる。 公平に見て北の姑息な偏見と日本嫌いは度が過ぎている。この狭量こそが国家をして国民に艱難辛苦を実に近代から見ても百数十年の塗炭の苦渋を成さしめた元凶なのになにを以ってKim一家の為に一部国民が旗を以って歓喜に惑わされているのは現代の喜劇ではあるが、隠れた大多数の貧民の苦節は図り知れない。  キムは今こそ日本とツルムべきだ。  過去の日本の贖罪をこそ換金してもよろしいと日本は貧乏国ではあるが、1-2兆円くらいならいまならばないカネをひねり出す用意はいまのバカ政権ならばあるはずだ。  こんな千載一遇のチャンスはまたとない。  北がこの資本主義的大チャンスをみすみす逃せばそれこそ世界の自由化のさらなる波動が北東アジアに人権の春の嵐がやってきたとき北はその失ったものの大きさに気付いても遅いのだ。  ほんとうに北と日本はそんなに歴史的にも大きな摩擦は今までに起きていないし、直接に干戈を交えたこともない。

仮にあっても数百年前の倭寇だけである。 むしろ怖いのは中国・ロシアの方だ。 よく考えた方がよい。  あれもこれもトランプの投げかけたアジアに疎いアメリカの気迷いの米朝会談への思い切っての実現の結果だ。

そのことでたまさかの打ち方留めよ・・・・の効果が出ている。  とにかくはトランプが天の鬱蒼を一時的にも取り払ってくれたのはありがたい。

これこそ北の為には不可逆の決断を深く検見してみる価値は十分すぎるほどあるのである。 言葉通りに解釈すればトランプはキムを気は短くても賢いと断じた。 その言葉を信じたい。北と日本の数百年来の通信使交流の滅多にない幸運時と思うが。  これこそキムが歴史的判断を下す大いなる責任と矜持が試される。 ボールはアベではなく、キムにあるのである。  刮目せよ。キム!!! 35歳。いや36か。 日本の進次郎も同じ年ぐらいだろう。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com



2018/6/22  (敬称は省略)

このまま打ち方止めやめ―――が続くのか?

●今日のトランプ通信では非核スケジュールをと催促している。 こんなことはシンガポールで事務官僚たちベースで粗方の話し合いが出来ての会談ではなかったのか?   トランプも北のペースに引きずりこまれた?

一応日本の頭越しのミサイルは止まったには止まったが・・・・

問題はアメリカへの危険は去っても日本は自力でアメリカの武器で後は自前で・・・・ということなのか?     日本はこれからもアメリカの防衛武器を仕込んでゆくことであろうか?    これも自立への一案かもしれんが、根本的には日本にとっては何の解決の保証もない。 まあ頭越しがないだけでもいいと言えばいいかも。 取りあえずは。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com


2018/6/20
  (敬称は省略)

結局は日-vs中・朝---露の距離感か?

●ロシアが遅れて割り込んできたので北東アジアの国家間のせめぎ合い度にいささかの距離感が出た。 日米も貿易関税で多少の間隙とこれからの防衛関係でも一方的米頼みも限界がある。 しかしこれはとくに防衛関係についてはアメリカの後退姿勢が今後も続くようならば日本は不安定を理由に防衛費用の嵩上げがいずれ問題になる。 本来は大陸との宥和姿勢によってそれが財政負担にならない方途を探るべきが、アベの頑なな敵視政策の故ママにならない。  いつまでも日本の経済が耐えられると思っているが、いずれ大陸側の経済力も日本を当てにしないでも中国を中心にしたまとまりが強くなることは必至である。 それに朝鮮統合がいずれ統一議題として国家成立への機運が盛り上がれば北東アジアの機運は一変する。

一方米国の相対的な保護主義化は日本をして孤立化への厳しい道を歩ませることになる。  戦前と違う意味で日本は政治外交の方針転換をはやくしないと北東アジアで浮いてくる。 そのことに拠る右傾化は国民生活に放漫に馴れた国民からすればかなり息苦しさを感じることになる。 アベ政権による国民生活への情報規制はすでにわれわれの感覚でも統制といういやな昔を思い出させるそこかしこの現象でかなり身近になっているようだ。  そのことからも一刻もはやくこの危険なアベ政権は消さないといずれとんでもない束縛が身の回りに迫ってくる。 これは戦前のナチスの国民感化の手法にも似て物凄く圧力的で陰険で虚偽を形振りを構わず国民に覆いかぶさってくる。

その意味でいまが一番危険な山の背にあるということだ。  どう見てもこいつに総裁選では再選を阻止することに国民は括目して目を見開かねばならないのだ。 今それに若干30半ばで幕末の志士のように静かにされど行動で立ちはだかっているのは進次郎只一人だ。  石破も岸田も窒息しかかっている。 

この政局は来月から間違いなく派閥の固い不感症を好悪に係わらず揺すり上げてゆくものと思うが?    延長国会でIR法案などを口実にして時間を稼ぐのは

与党の見せかけのだまし討ちだ。  日本はやはり戦前と同じくいずれアメリカも参加した日本包囲網の中に沈殿してゆく運命にみずからなし崩しに滑り落ちてゆく感じがするのは、ゆでガエルの論理と同じだ。 まったく懲りないこの精神構造には全くこの国に生まれた国民としてその 【狭量】さにはつくづく厭になる。  アベの【狭量】は正しく日本にとっての大迷惑である。  これを看過する与党はその【狭量】を恥ずべしだ。

まっこと進次郎を擁立できないこの日本はある意味狂っていると断言してもいい。 現に巷間で起こっている事象を見れば今の混乱が

政治から由来していることは言うまでもない。 国のトップらの乱れはもうあきれ果てる始末になっている。

若くても彼を擁立すれば世界の日本を見る目は間違いなく一変する。 彼ならばサポートする応援団はウンカののごとく参集するはずだ。  様子見の派閥もそろそろ旗色鮮明にして大義を立てよと言いたい。  

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/19  (敬称は省略)

日立ロンドン地下鉄の受注を独に浚われる。

●いままでも英国で実績のある日立がドイツに掬われたのは、なにか政治的環境があるやに思う。 やはりEU離脱しても英国はヨーロッパ世界とは当然言っても密接だ。 離脱反対の世論も拮抗しているのだ。  2200億円の金額はやはり大型規模だ。  英国が大陸を睨んでのドイツに恩を売ったと思う。 それに加えて日本の最近のアベの対米一辺倒は元々の英米の一体感の親密さから見れば盲従にしか見えない愚かしさとも見えるのだろう。 かっての英国の対独偏見にも似た嫌悪の歴史を上回る今回の決定は浅薄な外ずらばかりの日本の欧州評価も影響していると思う。  加えて日立は原発でもいろいろと取沙汰されていることも決定評価に影響なしとは言えない。  英米の狭間に日本が入り込むのは愚策だ。  戦前英国と日英同盟を解除して日本は日米戦争に敗戦した。  

英国は日本にとって外交の超先輩だ。  アベのチンコロ外交を見れば見るほどこれが外交かと思わせる遊びにしか見えないのを痛感する。  日立も政府お抱えよりももっと独自の貿易外交をすべきだ。  それと原発の先兵で政府意向から脱却したほうが野武士企業の伝統が薄くなり過ぎだ。

久方ぶりに英独の宥和のことに接した。 流石にメイ・メルケルのヨーロッパの女傑二人のトップを思い出す材料だった。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com



2018/6/18
  (敬称は省略)

短期志向が漲りすぎの日本、日本は北東アジアの一環であるぞ。

●もう目先だけにしか考えが及ばぬ日本の最近にはうんざりだ。 

アベが相手があるのに拉致でもいずれ会えるとボールを投げ入れているが普通ならば相手が不法を犯しているのになにも遠慮することはないのだ。 不法にも略奪行為そのことに人道的に譲る謂れは何もない。 まるで人質を浚っておいてゆすりたかりの悪略三昧にとつくづく腹立たしさが募る思いだが、結局は長い間約40年の間の無策無為がいまにたたっていることと江戸の敵は長崎でと今までに日本は先方への歴史的と土足踏見込未踏見込みを謝罪していないのだ。 もともと本質の違う日朝間の問題をなんでもかんでも同じ袋に入れてトランプに丸投げするから相手が自分の都合で好き勝手な選別選択されて今がある。  よく考えて見れば非核はトランプと一緒に対北に丸投げしてもおかしくはないが、やはり人道に関することは国家が国民を保護できなくて何の国家かと根源的な問題を孕んでいるはずだ。なのに米朝会談があんなモザイクのかかったあやふやなことで終わったのに大方の解釈はこれでCVIDは別にしてとにかくドンパチは遠のいたとの安堵感からトランプ評価はその前よりは高まったという。 本質的な解決はここまでの大きな問題では問うことすらが出来ない。 なんでもいいから先延ばしでいまがいまならばえじゃないかという訳だ。  トランプのノーベル賞は今年は締め切ったので来年というはなしになったという。  原則を守ってドンパチならばさすがに混乱の所為でノミネートがあり得ないのかもしれない。まさかそんなことが米朝の今回の問題の本質ではあり得ないことは当然だが、それにしても拉致のことは違和感が残る。 そのことと経済援助がバーターというのも分らぬではないがやはりどちらも時間という避けられない壁がある。  問題の答えはものの30秒もかからぬはずだ。  超法規的に北は正直に返すべき人は明日にでも電撃的に世界に言明すればいい。  このことに拠る北の世界的評価は想像を絶する人道評価と北の悪評を駆逐するはずだ。 アベとキムが勿体つけて会う必要もない。 日本はその御礼は本来的には全くする必要はないし元々から言えば拉致家族への賠償を支払ってもらう性質のものだが、たまたま北は米朝会談でもホテル代や渡航機にも事欠いた経済の実情を加味してもいいと思う。  たまたま今は日本国は1000兆円以上の国債を発行する貧乏国だが、民間企業は例えば400兆円の企業内留保金がある。 国が貧乏でも企業はたまたまカネをふんだんに持っている。 国は奉加帳を回してその400兆円の一部の1-2兆円を北に拉致被害者基金として北に貸し付けをすればいい。  上げるのではない。 今後の経済支援のための補償基金だ。  経済界は今でも40㍘兆円のうち設備投資用として8兆円は経済成長のために今年も考えているという。  これくらいの奉加長には驚かない。  本来は労働者にも還元すべ労働給与でもあったはずだ。 国や社会に還元してもちっともおかしくはない。  そうすればいずれ遠い先には北からも返戻金として戻ることもあり得るし、もちろんできれば日朝間の懸案の平和条約に漕ぎつければ日朝には拉致者の返還と平和条約締結、経済援助による日朝交流が100年以上前の朝鮮併合の悪夢と悪印象と共に雲散霧消しないとも限らない。 

そこまでのことが成ればアベの印象はやっとのことで回復してわたしも呼称を内閣総理大臣安倍晋三様と申し上げてもいい。

東洋的外交とはこんなことを言うのではないか?    トランプの大げさな一人芝居にもうんざりだ。 それはまさしく北を忖度するアジアの政治風土に起因する俯瞰的外交といつてもいいではないか?   もう西風よりも東風の歴史的の良さをわれわれは思い出すべき時であろう。  アジアの良さは思いやりである。  

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/17  (敬称は省略)

こうなったら遠くの他人(日本)といずれ馴染むのもいい。

●鵜の目鷹の目の中・露や身内の韓もあれだが、遠い米・それに近い日と結んでおくのは北にとっては損ではない。  ただ拉致はアベを助けることはしないですこし間を開けてほとぼりが冷めるまでにしないと抵抗が大きい。  キムの母親が日本で育ったことは心理的にキムに親日宥和の気持ちが絶対にないとは言えない。  北にとっては日本は直接的な危害国ではないはずだ。  拉致もここまでくれば熟した柿は落ちるのは早晩間違いない。  だたそれを為にする連中にはすぐに乗ることはない。  とにかく相手の事情に合わせることは北の足元を見られることに繋がる。  こんな時は間に立つものに警戒することだ。  日本もあわてる乞食は貰いが少ないことを銘記すべし。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/16  (敬称は省略)

拉致解決済みでアベの対話作戦は端から軽くアシラワレル。

●非核の時の対話のための対話では意味がないを逆手に取られるアベの無残な口害が現実になる皮肉。  トランプのポチも一番忠実にトランプの為にスビッツよろしく最後の最後まで圧力、圧力と吠えまくったが結末は御覧の通り。トランプの会談放棄でこれまた世界で一番に喜んだのもこいつ。  もう全くの感情的なあんな国を信用してはならないの連呼のあとの当て外れから一転、拉致拉致と会談を叫び続けるこの情けない呼びかけは、もう接触の糸口すらが今までの5年どころかその倍以上遡っても人的繋がりを欠落していたため一からの出直しだとさ。 モンゴルでの関係国際会議ても結局は立ち話程度の接触を針小棒大に報道させるいつもの拡大自己証明の体たらく。

加えて北の報道は解決済みとしれっと報道されてそれっきり反論もなし。 

これが家族会にはさっそく動いたとの意欲的態度の国内でのポーズづくりのいつものスタイル。

いつもながらの昼間はサボっていて夕方から上司に見えて聞こえるように、サァッ残業だとサボりの無能社員が粋がる奴にそっくりなこいつのウソまじり本能機な癖をまたまた垣間見る。  

こんな態度と見識では実力的に見てもアベの交渉力では一対一では勝負にならない。  三十五六歳と言えどアベの甘えの政治経歴では太刀打ちは無理。

あのトランプを爺殺しの異名を取って今回対等に応対した外交力はカネを使ってわけでも無し、己の根性と意気と情熱で掴み取ったこの経験は何よりもいちばんの資産として積み上がっている。  アベはいい格好しても得るもの得るには総裁選などの為にこれを利用するという卑劣な画策よりも己自身の誠をぶつけて拉致は無法であるというそもそも論から仕掛けるべきだ。  それと拉致家族の思いの情に訴える人間としての代弁者で訴えないと絶対に返して貰えない。  まずは小泉時代のピョンヤン宣言とお前が反対して約束の人質を返さなかったことの詫びも入れて人間アベを前面にしない限りお前には全然人間的信用が皆無なんだということを相手に心底から訴えることだ。  それ以外にお前の披瀝する対等の理屈はないことを知ることだ。 まずはそこからが入口だ。それを考えるとお前がいちばん不適となる。

まずお前ではそれは無理だろう。   それだからこんな交渉は出来ないと日本国民と拉致家族に謝罪して代わりのひとを立てる方が一番ふさわしい措置である。  つまりはお前が辞めることである。  お前がこの交渉を利用してと言うことがそもそも無理なんじゃ。

そこんところを履き違えて己がしゃしゃりでることが問題を混乱させ結局はあいてのいうウソの解決済みの扉をさらに固く閉じさせてしまうのだ。  お前はこの崇高な交渉をいままで放置しかつ時には邪魔をしていた本当の悪人なんだということを白状すべきである。

それを見れば悪人の北も黙らざるを得ない。  人心一新とは何度も言うが出しゃばりの嘘つきのお前では相手と同じで解決は絶対に出来ない。  何度も言うがお前が一番交渉人としては不向きなんだ。  お前はトランプにもなりえない。  いちばん前面に出てはいかんのはお前じゃ。  すぐさま人を代えることを表明せんかい。  何なら進次郎は父親のご縁もあるから考えようによっては最適任者であるぞ。  かれには何にも色はついていない。  相手も同じ年代の若者として話がスマートに進むかもしれない。 

重ねて言うが、お前はトランプにもなれない。  ダダのポチでしかない。 今回のことでポチの役目は既に終わった。 人間はとくに政治家は出処進退を誤ってはイカン。 もうお前はやめるには遅すぎているのにそれが分からんとはあまりに情けない。  自分が北に行くとは余りな横着横柄な無知野郎じゃ。 

お前では帰る拉致者も返ってこないことが分からぬか?   

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/15  (敬称は省略)

小泉に出来たことがアベには出来ない。この差は?

●自分で考えないことだろう。 神輿に乗ることで甘えの政治に馴れて本当の修羅場を経た経験がないことだろう。 普通の二世が辿る本当の苦節を経ていないからだ。 今回のように自分の好き嫌いで流してきたその拉致にしても、ひとつには小泉訪朝で取り戻したその後の帰国条件を履行しないでそのことだけで評判をとったある意味の安易なウソがまさに江戸の敵は長崎でと己が矢面に立たざるを得ない立場に内心戦いているのが正直なところだろう。 拉致の人道的な悪辣さを詰るのに己の悪法的と言えど約束違反の咎が自身に降りかかっていることには精神的に凹むのは当然のことだ。

加えてもっと大きく見ても歴史認識の俯瞰的立場で論理的に攻められればアベの頭の程度ではまったく上滑りで反論にもならないのはもうする前から勝負にならない。 先方が日本の朝鮮植民地政策のことに絶対に入るのは当たり前で、そのことと、拉致の仮に何十名を秤にかけて論破できるわけはない。 まずはやはり戦争責任も絡んでくるとすればいちばんはその謝罪から入るのが外交の入り口である。 こいつにその頭がないだろうと思うとまことに日本人として残念だ。 だからこの交渉はなろうことなら来年であるべきだ。  こいつは総裁選が頭によぎってとにかくカネと経済ではやく済まそうとするがそれでは仮に交渉が出来ても一人か二人の小出しでまずは長期の泥池に引きずり込まされる。  北はそこが付け目なのは誰が見てもあきらかだ。  時計の針は70年どころか1910年の日韓併合にまでは確実に遡るはずだ。  こいつはそのことの重みが頭が悪いから全然予想もしていないのでは?   だから人心一新でひとを変えないといけないと何度も言っている。 だから総裁選ではこいつは出せないようにせにゃならんのだ。  拉致家族もそこんところは含んでおいた方がいいと思う。 だからこんな前科者のアベよりは交渉人を人心一新することだ。  

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com



2018/6/14  (敬称は省略)

アベの国内のごたごたの膿の整理整頓が外交よりも先だ。 

●とにかく整理下手だ。 世間ではそれは頭が悪いと同義語なのだ。  だから大事なことが積もり積もってオオゴトになり、二進も三進もゆかなくなる。 拉致問題が放擲していまそのトゲに逆襲されているのはまさに自業自得で国民も拉致家族も冷たい目線でいっぱいなのは当然である。 本当の世間の目は゜そうなんだ。 お前の世間は゜もう狭すぎる。 四畳半くらいじゃないか?

それで言い訳し、その次に安易にウソで胡麻化し、さらにウソの上塗り。 まるで子供だ。 母親のいかにアホだったかが分ろうというものだ。  いかに

しつけが悪かったことか?   母親の洋子は偉そうに文春に一昨年かに臆面もなくシンゾウは宿命の子などと煽てられて書き物をしていたが、実際と本当の姿は月とスッポンじゃないか。  満天下に親の恥さらしと思うべきだ。 

亡くなった晋太郎も余りなことに現世に戻ってシンゾウを殴りつけたいと思うハズだ。

そのことが案の定国民にも被さってきているのだ。 そこでいちばん心配なのはいまの経済の先行きがこれか先いずれインチキ嵩上げで国民をダマクラかしたその咎が落ち目の三度笠でこれから先にいろいろな面で吹き出さないかと言うことだ。 いまが日本経済の尾根を越えた下りような気がしてならない。 とくに欧州のまだゾロの不穏な動きは以前の再来だけでなく、EUの結束、タガが外れやしないかと危惧が頭を擡げてきている。

幸いなことに米国がまだしも元気なのがよろしいが、かの国も保護主義の動きがトランプによってまことに緩む気配はない。 日本にもその影響は自動車・アルミ鉄鋼に除外の気配もなさそうで特別扱いはない様だ。 その点トランプのドライさは今回の北会談交渉でも如実に表れている。  つまりもうアメリカでも費用対効果の見える可を一番のポリシィに据えている。 今回の米朝会談もその底辺には防衛費用の削減が座っている。 そして肩代わりを臆面もなく関係国に負担を強いている。  防衛線の後退による様々な憶測があってもそれに対応する最低限のリスクは関係国が負担せよとの方針だ。  その意味でトランプのアメリカファーストは当初の公約をきちんと整理整頓して実行に移しており、勘定を合す点ではどんぶり勘定で訳の分からぬアベなんかとは月とスッポンのドタマの雲泥の差である。  もう遅きに失したので言うのも腹立たしいがこんな計算の下手などがちゃがスタイルでは外交のソロバンもそうだが国内経済の帳尻合わせはもっと大変じゃ。 とくに財務省の膿を片割れのアソウに命じたがアソウには足元を見られてもう目こぼしの大甘。

実際はアベアソウ二人三脚政権だ。 半人前なんだ。 本当は。

6月解散は流石に取込が多くてできなかったのは当然としても、国会会期も今月で終わりにしても国内の未整理見整頓案件は絶対にこのままスルーとはいかないぞ。 本当は会期延長して結末をつけてお尻をきれいにしないとイカン。  さもないとアベが膿だとの巷間のはなしはもともとが本当なんだから。  払拭する勇気はこいつにはあるはずもないだろうが。  トランプに素気無くされて意気消沈する暇に元気一発単身ピョンヤンにキムテレフォンして韓国大統領に先導してもらって拉致交渉に行け!!!!! 

少なくともやめる前には大きなお荷物の人道的なひとつの拉致だけでも意欲的に動け。  其れがせめてもの総理の給与の仕事の対価でもある。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/13  (敬称は省略)

犬が相手のケツを嗅ぎまわる習性似たお互いの探り合い

●もう出会う前からお互いが相手を嗅ぎ捲る光景はよく見るが、そんなときは出会わなければ済む話だし、避ければいい。 今回の米朝の余儀ない出会いは弾みというかいわば宿命的なものだ。 いろいろ事前に探り合って調べもしたが、たまたまひょんな南北朝鮮会議から飛び出した話をトランプがひょいと拾い上げたもだ。

これが普通の米国大統領ならなかった話であった。 ご縁があったと日本では言うことが多い。 さもなくばすでに戦争があっても不思議ではなかった。

まあこんな時は谷底に落ちる崖の上の猛スピードのカーレースというよりも本当はレースが成り立たないほどの圧倒的・強圧的な一方的短時日のゲームだったかもしれない。  その意味では初めての出会いで中身はあってないが如くの合意のセレモニーが挙行されたというのはもう信じられないほどの北の必死のパッチの捨て身の大成功劇だった。  若い決断の早い瞬間湯沸かしのキムもいまだ若干30代半ばでこんな大舞台を経験したことは滅多にあるものではない。

流石のトランプもこの若者を賢いと褒めたのは分る。 ただトランプも一年先にはと今回のことを否定的なことだったかもというかもしれないとの確信がいまだ揺れていることも正直に吐露した。 

いずれにしても悲惨な戦争を直前で回避したのは間違いなく両者の考えである。

その意味で、そのあとの取りあえずのこの安堵感はやはり関係国の落ち着きに顕著に表れている。 日本はその意味で旧の6ケ国ベースでみればいちばん期待値が少なかったが、厳にトランプが会議調子で一番世界で喜んだ一国がアベ日本だつたのは笑えぬ事実だつたが本心の顕れだつた。

それは期待値が勝手なもので本来は期待してはいけない自力で対処すべきあなた任せの狡いものだつた。 もう自力で当たり前にやるしかない。 しかしアベのアホはこれで北とわたしとでの二国間なんてピンぼけた我田引水を早速言ったのは、ドダイお前の出る幕ではないと誰かが言ってやらないとこのバカはそうだと間違いなく勘違いをして正当化してしまう。  多分北は日朝会談は仮にあっても来年だろう。こいつを相手にしないと思う。 誰でもいいとは言いかねるがあべよりマシな人心一新してクリーンなひとを宛がうべきだ。 もうアベなんかを外交の場に出してはイカン。 もう国賊なんだ。  国の恥だ。

朝鮮半島はいずれ早いか遅いかは別にして統一へ向かって歩みを続けていくだろう。 それでないと一民族・一国家の夢は到達できない。

理想は昔の高麗国だろう。  人口併せて8000万余。とにもかくにも日本の直近に落ち目の人口減少国の日本とよく似た大きさの国が出現すれば日本はいまみたいな横着横柄な態度ではあり得ない。  わたしは将来の日本の為にも自立できる日本を期待したい。 近隣国とも普通のお付き合いする日本だ。 アメリカ一辺倒では間違いなくアメリカと対立してまたまたガツンと言わされる。  日本はやはり地政学的にも大陸とは宿命的にお付き合いは未来永劫避けられない。 それが日本のあるべき本当の姿とあらためて認識したほうがいい。  アメリカの保護主義はアメリカの覇権国家の寿命がイギリスの200年に対してどうやら半分の100年前後で終わるとの確信的予想だ。 イギリスは産業革命で七つの海を支配できたが、IT革命をもたらしたアメリカはそのITの時間的速さと革命的な広がりでイギリス並の200年という世界を支配することはできなかった。 皮肉である。当然覇権国家たり得ない。 いまスーパーつまり、超覇権国家はもう無理だ。 

日本もアメリカとの立ち位置を考え直す時期にある。  もう反アメリカには立てないがいつまでもポチでは国の体幹が緩んでひん曲がってきている。

さりとて昔の右寄りの日本独断の八紘一宇もあり得ない。アジアも世界で一番進んできて精神的も文化的にも自立しかかっている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com


2018/6/12
  (敬称は省略)

トランプの会えば一分で分かる・・・とに角いま11時で首脳会談時間は終わりそう。

●何度もお得意のトランプの握手。 キムも緊張気味だがいい意味で落ち着いている。 一時間の会談は通訳いりで半分のひとり30分、それにトランプ、キムで一人の持ち時間は約10-15分だ。 まあ取りあえずはトランプが席を蹴って帰ってしまうという最悪はなさそうだ。 今拡大会談のテレビが映っている

双方両者と通訳をいれて5人ずつ。 ボルトンが端っこに居る。 テロップには午前11時前とある。 もちろん事務関係者らは昨日までに問題点の突合せなどを不明確・不突合などもリストアップされているはずだ。 これが11時から90分。 拉致もこの間に議題として上るはずだ。 そのあと1230分にワーキングランチ。 まあ取り合えずのところは外交儀礼の範囲内で進んでいるものと思える。 

とにかくぶっつけ本番だけにとにかくここまで紆余曲折を忍んでここまでやってきたことの両者の努力を称えたい。 

欧州でのベルリンの壁から約30年、板門店の軍事境界線が無くなれば取りあえずは東西の第二次世界戦争とその余波の東西冷戦がやっとこさ整理整頓されて北東アジアにも遅ればせながらの晴れ間が覗くことになり、いずれ昔のように裏日本の暗いイメージが日本でもなくなればと思念する。 いま11時半。

頑張れ!!!  トランプとキム。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com


2018/6/11
  (敬称は省略)

米朝会談、北の方がバックの層が厚い。

●歴戦のディールの辣腕家も多勢に無勢では余りな舐めたやり方は身を滅ぼしかねない。  辛うじて会談の手前で流石のトランプもいちころでとの思いは雲消霧散したようで、そこで踏みとどまったのは賢明だった。 金も捨て身の、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれの若い吶喊精神で嫌がる軍部を説き伏せて明日の会談に繋げたことはこれまた両者の理外の理がたまたま出合った歴史的幸運ではあるまいか。  

これが次に繋がる糸口を始めの明日の会議で見つけられるかが山場だ。 とにかく北はトランプを次に呼び寄せるための合意を見つけることだ。 時間経過の耐久力は北にはなくてやはりトランプにあるのは間違いない。 中間選挙でトランプが有利を確信させられれば北の勝利だ。 まずは朝鮮戦争の終結宣言は一つの効果の可視化で確かに初めの出会いを飾る入口としては双方にwin winの政治的心理的効果は大きい。  やはり段階を踏むことに尽きる。

エイッヤーの一刀両断はあるべからずだし、仮にあっても使うべきではない。 

かならずや副作用が出るものだ。 

とにかくトランプに中間選挙への花道切符をトランプに献上することがこれからの長い道のりを暗示できればこの交渉事は世界にとっても、それに北にとっても安着への心理的効果は絶大である。 世界の長年のトゲが70数年ぶりに取れる端緒になるかもしれない。 とにかく外野観客席で事の成り行きを見守る中・露と韓国と蚊帳の外に置かれている日本もいまは拉致の動向を見守ることだ。 

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com



2018/6/10  (敬称は省略)

拉致はキム委員長とわたしで話し合うだとさ。

●国内政治が加計の証人喚問で騒いでいてもうセンチ詰めの糞だめなのに。

そんなお芝居でこの場を切り抜けられると思う浅はかさには可哀想なくらい。

それにしても拉致を巡る問題の浮沈はもう小説より奇な巡り合わせの数々。

これからも予断は許されないドラマがあると思う。 しかしこれには既に処理を誤った前科者のアベは決して当たらせないことた。  人心一新が絶対に求められる。  こいつの場合はすべてをどんぶり勘定にしてどさくさの国益に反する利益を外国に渡す国家犯罪的解決も辞さない裏取引とお得意の身内への利益誘導の不明朗取引を必ずやる。 拉致は新しい総理総裁の下で絶対に進める事だ。  道徳的にもそうだし、非道徳を平気で行うこんな人非人がいやしくも携わらせることは間違いで結果は先に利益だけ取られて人は仮に返っても日本が納得できるということには絶対にならない。 全面解決で一挙となれば新しい日本の交渉人、つまり新首相以外にはあり得ない。  それほどにアベというやつは両方の国からも信用のない奴なのだ。  はやく辞めさせるべきが早い解決に繋がる早道だ。 たぶんまたまた分っているのに一から調査と言うことになれば長い道のりだと思う。  40数年のうち直近のこの5年間を無為無策で看過したアベにどの面下げてわたしがキムと・・・・・。

じつにこんな厚顔無恥のクソにいやしくもこんな不埒な言辞を吐かせるのはこいつの横着横柄の再現をまたまたさせることと同じなんだ。 喝!!!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/9  (敬称は省略)

日米は共にあるのアベのへなちょこ外交行く末は暗い。 早く留めることだ。

G7G6+1G6に埋没するアベはもう存在感無し。 ころころと立場を変える猫だましでうろうろ。 やはり筋金入りのディールのトランプはそのためにいやがうえにも図太く、会議の終りを見定めることなく米朝会談に急ぐ。

世界の注目スポットはシンガポールへ。

またもやそのあとを縋るように帰えりのトランプがもし横田基地で給油の一時休憩を狙ってのまたまたの日米取りあえずの結果報告入手会談も探っているとか。 すこし落ち着けとトランプも言いたい位じゃろ。 こいつの顔を三日に上げずに見なくっちゃいけないなんてそこまでの義理もとらんぷにはないもんだょ。  そんなに纏わりついてトランプのポチを演じる暇にシンガポールにおのれで飛んで何故にキムに予定外でもど厚かましくも会談の申し入れを自分でやらんのか?   トランプの偉いところは自分の頭で考えてリスクオンするあの姿勢だ。 お前みたいに陰湿に裏からというやり方ではない。 世界で一番の超大国なのに自分でリスクをとるあのスタイルは長い経験値からのものだろう。

お前とは真逆だ。  ごちゃごちゃ言い訳をしないで一度は流石に・・・・という言うこととやることの整合の取れた話を最後にはやって見せろ。  しかしこんなことを見ても、日本の次は石破・岸田もなくて本当は嫁もいないが正論をはく若い進次郎に飛び級でさせたいものだ。 とにかく嘘つきの口ばかりのこいつの所為で進次郎の正論はやはり新鮮だ。

アベはどうでも消えろと言いたい。  嫁もいないというがそんなことは後からついてくる話だ。 マジな話、アベなんかより今必要なのは日本の信用回復である。 やはり進次郎以外にここでホワイトナイトになれるのはこの人物以外にない。 江戸から明治の国難の日本の動乱期は進次郎の年代の若いのがな日本を立ち上げたのだ。 なにも子供ではない。

金も進次郎なら父親の純一郎のピョンヤン宣言でキムの父親と渡り合った因縁からも会談になりやすいし経緯もあるはずだ。

岸田はもうなにおかいわんや政治家と一番大切な達意の表現力が皆無だ。

石破と岸田は背負う荷物が重すぎるしとくに石破は政治的な顔が悪すぎる。

アベも論理的になにを言ってるかわからん、生来の頭の悪さは周知の事実だ、そして岸田もおなじく意味不明でイラつくのは大いなる欠点代議員。 酒が強いだだけでは政治はできない。

もう今は一つ間違えば取り返しのつかない国難だ。 権謀術数よりは国民が分かりやすい平明なことばで正直に対処できる人物でいい。 それが最高に大切なことなんじゃ。  アベはそのことからはいちばん遠い奴に成り下がっている。 決してこんなのにことに当たらしてはならない。 絶対に代えるべきだ。

たぶんこのままであれば日本国民の最後の良識が生きてくるはずだ。  そうあらねば日本は東北アジアで確実に沈む。  物凄く日本の評判は悪くなっている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/8  (敬称は省略)

アベ猫だましよりトランプは豹変ならぬ虎変の二枚上手でバッサリアベを切り捨て。 親し気に近寄るでない!!!!

●今回のトランプとの会談は様変わり。 自分の無策をトランプに擦り付ける手前勝手な思惑が木っ端みじんに潰れた。 拉致は自分とキムで話し合うとトランプとのミーティングの発表の場で粋がって言ったがトランプは横を向いたままだった。 キムとの会談はあるのかないのか、それまでアベが日本のトップだとは限らないのに。  とうとうこいつは引導を渡されたのだ。  つまりアベの国内での命運が僅かばかりの燈明の火に近いことが満天下に知れ渡っていてトランプもキムとの話し合いにアベといつまでもイチャイチャできないディールの本性を垣間見せた瞬間での発言だ。 猫だましよりはトランプの早業変化の方がまさに数段上手を見せつけた。 もうトランプはアベなんかは使い捨て顔拭きタオルだ。  自分の別荘にご招待してゴルフをしたいとも言ったが、あの太っちょにゴルフができようか?  そんな憶測はトランプには関係ない。 あの別荘にはとにかくゴルフと決まっている。  アベもショックだ。

もう俺には終生お呼びでない。

もう日本に返ってくるな!   これからお前の地獄が幕開けだ。

トランプの会談破棄をあれほど万歳したアホ官邸と与党に天罰が下されよ。

厭でも政局の幕開けにならざるを得ない!!!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com




2018/6/7
(敬称は省略)


猫だましの政権運営の放置宿題が一挙に押し寄せて狼狽のアベ。

●その最たるものが拉致だ。 今それがこのバカ政権ののど元の取れないトゲだ。 もっと早く拉致は別扱いのそれも二国間の最重要課題として丁寧に粘り強く交渉していれば少なくともトランプへの丸投げという恥ずべき依頼は無いようにするのが一国の外交の筋というものだ。 いまになって夏休みの宿題みたいに狼狽、且つ他国に依存する丸投げという、無責任な事態を余儀なくするとは為政者としては失格なんだ。 この慌てふためいたこいつの無為無策は一に掛かって当然の成り行きだけに実に愚かしさを禁じ得ない。 難しくてもそれが本当の国民のための外交なんだ。 外交を国内に対する権威誇示の為に不必要なカネと時間の無駄を費やしてきたこいつは絶対に善意の納税者たる日本国民を守れずに今なって狼狽の極みに向いたっていることを素知らぬ体で何が何でもトランプ、トランプと叫び倒しているのは笑止千万。

来る米朝会談で絶対にトランプが取り上げるとの保証はない。いやしくも首脳会談というのは相手のあることだ。 金委員長がそれは応じなければどうして会談出来るのだ?   非核こそ最重要課題のはずだ。 それは日朝でと言われればそれしかあるまい。 最大の圧力もいまはトランプの雰囲気は明らかに変化したことは明白だ。 外交交渉は時の移り変わりで刻々と変化する。

ディールとはそういうことでなにもトランプの責任ではない。 もしこの会談が複数回となってそんな中でも実質の拉致を題材にしないことで終わってしまったら、アベの責任は外交の最大の失敗になることは当然である。 言い訳は出来ない。

今までの間に北に対して実効的なアプローチを一切しなかったこいつ、つまりアベの責任はじつに大きい。 政権返上も当然のことである。 とにかく人任せで乗り切れる問題ではない。 こいつの如何なる狡さも外交ではウソ・隠蔽・インチキ・無為無策などお得意の芸は通用しないのだ。 こいつの本当の姿は突き詰めてみれば、インチキ・改ざん・ウソがなかりせばこんな程度なんだ。 

情のないこいつの実体が拉致のことでも炙り出されれば何のことはない、もしなかった報いの結果がそれをたぶん証明するだろう。 外交とはひとと人のぶつかり合いなんだ。 逃げるこいつに如何して結果がついて回ろうか?   小泉に出来たピョンヤン宣言はこいつが自ら破棄したんだという恨みがいまも残っている。 まずはそのことに戻れるか。  こいつではムリだ。  人心一新しかない。 それも早くだ。 物事は分らなくなったら初めの原点に戻れは世の中の原則だ。こいつはそんなときにはズルを考えて、インチキ・改ざん・隠蔽・ウソにすぐ頼る。 外交の、とくに辣腕の北にはそれは端から通用しない。

そりゃどうする?   もう騙しは無理じゃて。  

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com



2018/6/6  (敬称は省略)

とうとう小沢が国民がおかしいと宣うた。

●いまの代議員制度が間接民主主義の根幹だ。 国民の投票がねじ曲がっているのではない。 その結果である国民議会のなかの政党活動とそれの離合集散の在り方が問題なのだ。 こんなことは政治のイロハで、それ以上国民はそれぞれ税金を納めるため日々仕事があるんだ。 納税の義務以上のことは基本的には関知しないのが間接民主主なんだ。

つまりは政治制度の中の問題で基本的には国民はそこまでの責任を負わないのは当然だ。

つまりは代議員、国会議員とその制度をこそ問うべきだ。 いまになって国民がおかしいとは小沢もボケたものだ。 なんで死に物狂いで体制内での卓袱台返しくらいの荒業を駆使しないのだ。 この一言でも小沢老いたりと言われても仕方がない。  志位も覇気がない。 枝野もなまじ弁護士上がりだけに理屈が先行して、アベ・アソウの無茶苦茶主義に翻弄されている。

こんな時は相手が相手だからこちらも開き直って屁理屈を捏ねまわす元気が要るんだ。 変に紳士ぶるのはアホだょ。 

恥も外聞もない無茶苦茶主義で溜まったストレスを全開で放出しろと言いたい。

 もう老齢化のように議員の元気耐用年数の劣化が追い打ちをかけている。 諦める前にもう一回の荒業を仕掛ける気力があれば前途の靄が拓けるかも。 小沢にしてこんな弱音はますます二人羽織の気ちがい政権をのさばらすことになる。 しかしその気ちがい政権ももう千尋の谷底の真上に居るんだ。 一つ間違えば自民も公明も真っ逆さまなんだ。  とにかく筋の通った話を金輪際最近は聞いたことがない。 そんな弱気でどうする。 おまえも昔は蛇蝎のように嫌われていたんじゃないか?   そんな弱気じゃ辞めた方がいい。  きようの何かのニューで見聞きした。 とにかく最後は国民に振るなんて・・・・それならば歳費を国庫へ返上してから言うべきじゃ。

170万円くらいではだめじゃぞ?

アソウのそれには笑ったょ。 一回の飲み代だろう。 これをこそ国民を馬鹿にした話じゃ!!!!  それにしても渋さも渋い、ケチンボにもほどあるケツの小さい奴じゃ。 はよう辞めい!!!!


1.       笹山登生‏ @keyaki1117

2.       さんのツイッターをたまたま見て、

その他

メモ「プーチン氏はチャイナ・メディア・グループとのインタビューで「北朝鮮の金正恩氏と直接会って会談するというトランプ大統領が下した非常に立派で熟慮された決定が実現することを引き続き望んでおり、誰もが肯定的な結果を期待」と語った。」

 

安倍さんも素直に米朝首脳会談を祝ってあげれば?

 

アベの心のうちに分け入れば、プーチンとは20何回も会談したのになんと俺のいちばん痛いところを抉るような話だ。 自分は一体、なんだったのだ?

そんな目で俺は見られていたのか?

 

日本の世人は言う、

アベはそんなケツの穴の大きいオトコではありせん。 小人閑居して不善をなす性癖がつよすぎて、いまに脳天逆落としで失脚します。

                  Bizdoor





https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com

2018/6/5  (敬称は省略)

北の後背固めのロシア参加でアメリカ包囲網が固まる。

●流石に北の外交は一筋縄ではいかない。 昔の6ケ国会議の日本抜きの実質5ケ国で決まりだ。 日本はアウェーで観客席で見物させられる。 お呼びの時は経済支援の時と戦前の賠償の時だ。 拉致はもう端から相手にされない。

みっともない話であるが現実にはそんな感じだ。 どうしてもノーベル賞が目先にチラついている交渉人を自負するトランプは一刀両断の下に言う訳には行かなくて一度ならず再度や複数回の会談をすでに仄めかしている。 最初の頃とはエライ鼻息の差である。 これが機を見るトランプの交渉術かもしれない。

アメリカのポチも阻害されて鬱積が溜まるのは仕方がない。 トランプからうまくいけばエサを放り投げて貰えるが下手をすれば、アメリカから大きな請求書だけが後日配達の憂き目も覚悟すべしだ。  ポチにはポチ用のそんな扱いしかされないかも。 本当に拉致に足元を掬われることを痛感させられるのはこの会談でどんな扱いを受けるかだ。 今までの不誠実な逃げの手ひどいしっぺ返しはアベには自業自得で甘受しかない。 これをしも因果応報という無為無策の大きな請求書のひとつかもしれない。 嘘・隠蔽・改ざん・無策無視の破廉恥な政治姿勢の当然の報いだとおのれに問え。

それにしても相方のアソウの横着横柄も二人羽織のいやらしい無責任な責任の取り方は小銭を投げ捨てて居直るあの姿勢はアベと双璧。 森友・加計はいまだ波高し。 野党もこれからが戦闘開始と奮励努力すべしだ。 そんな中、愛媛の知事の真摯さは評価したい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/4  (敬称は省略)

彷徨するアベカルト教団の終焉

●内政で既にアベノミクスがフェードアウトしたことが明白になった。 

この一年以上自らの明確に弁明できない森友・加計問題はいまもこの政権の恥部として横たわっている。 この一年以上はある意味国政はマヒしたと言ってよい。 このバカげたブーメラン効果がとくに財務省の改ざん事件まで引き起こし今日その関係者20人余の官僚が処分されるオマケまでついて回った。一方の加計はあった面談を無かったことにするというウソの上塗りまでを繕って県と市の公金略奪のインチキを強行するあくどさだ。 なんとしても加計のトップは国会に引きずり出さないと国の威信は傷ついたままだ。 アベに対する糾弾はどう見ても加担した責任とともにこれを看過するわけにはいかないのである。じつに国政を壟断する首相の犯罪は追及して余りある国民を欺く明らかな犯罪なのだ。

それに加えて外交でも対北に対する圧力政策は米国トランプの匙の上で翻弄されて拉致の丸投げに依存するしかないアベの子供に似た仕儀なのだ。

一旦は会談延期乃至は破棄までを覚悟したトランプもどう見ても今までの米国大統領の成し得なかった北の核廃棄のアリ地獄にどうやら入り込みそうだ。 これでアベの内外に亘る政権基盤の基礎は歯根部が緩んでガタガタになってきている。 それにしてもこんな状況をおのれの得点稼ぎ、つまりは政権延命のためにしかの視点を持てぬこのオトコをいやしくもトップに据えることはもう日本国の恥辱以外の何物でもない。まさに政治の尊厳をますます貶める愚物・国賊でしかない。一刻も早く放逐すべしだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/3  (敬称は省略)

学校経営者というのは実に得体の知れない俗物が多い

●言っていることとやっていることにこれほど差のある仕事も数少ない。

いま問題になっている渦中の加計の横着横柄さは言うに及ばず、とくに最近の日大のことはもう理事というトップが暴力団とか相撲の暗部とも密接に絡んでいて、まあこれが教育という矜持の高い職種に携わっていることの猛烈な違和感がある。 加計のこともアベと加計のトップとの会談がウソであったなどという信じられない同学園の幹部の言いぐさにはあきれ果てた。 もうアベの周りにはこんなウソと憶測の普通ではあり得ないペテンの集積場であって、こんなことでは国内では仮にあり得ても国際的の場ではとても通用しない。 アベが国内では権謀術数を駆使して勝手三昧も殆ど国民にはその正体がばれてしまっている。外交でアベの評価が立たないのはそんなインチキが通用しないことの国際的常識だからだ。所詮はポチはポチでしかない。 秋田県のように筋の通った清廉なドッグにはなれないのだ。

 いまはもう、ウソを貫くしかないセンチ詰めに追い込まれている。 ここまで酷い政権は過去にはない。 まさに薬で頭がイカレタトシカ思えない。 そんな矛盾がいまの国際外交でもあからさまになりつつある。 今までの対朝鮮外交が過去の矛盾を引きずっていま大転換の機に差し掛かっている。 そのときにもともと早くに解決努力して大いなるトゲとなっていた朝鮮探題の中でとくに北のことは殆ど関係のない他国同然に捨て置かれた。そのため本来は日朝の二国間でつとめて人道的解決を求められていたのに全くの解決の糸口すら見つからず、情けなくも恥を晒してトランプに泣いて頼み込む。 まるで子供だ。

じつに恥ずかしい無知無策の40年間をいまに晒してなお解決に努力したとの大うそはもう醜さを通り越して日本国民に対しての犯罪的無為無策と巧言令色と言わざるを得ない。 やはりこんな無慈悲な政権は日本の恥だ。 それでも3割前後のウソかホンマかこれも分らぬマスコミ締め付けの作為の数字であることはもう歴然たる虚偽である。 こんど10日に明らかになる新潟知事選挙はいまの日本の地方の実体の判明のよすがとはすべては言えないにしても反与党の候補者の当選を期待したい。 この選挙には原発の可否の将来の国運を掛けての日本のあるべき進路の最大政策課題が懸っているのだ。

あらためて加計のことはこの不逞の加計が一度も表に出ないことのじつに信じられない悪徳政商振りを炙り出すためにも不埒な愛媛県と市の貴重な税金詐取を止めるためにもとりわけ愛媛県知事のご健闘を今まさに改めて国に対しても是は是、非は非のご政道の理非を明らかにして、無満天下に加計を表舞台に引きずり出し大岡評定をしないわけにはいかないのだ。  まさにたわけた話だ。

アベの猿真似がここにまで及んでいるのだ。 こんなウソはやはり千里を走るの例え通りだ。 

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/2 (敬称は省略)

世の中とんとん、されど世界もアジアも変転限りなし

●今も続く森友・加計の魑魅魍魎にみえる事件もアベを真ん中に縁故官邸集団とそれに纏わる関係官僚の引き起こした、いわばコップの中で本来は闇から闇に始末されるストーリィであったはずだ。 表に出ること自体が普通はないのにそれがそうならなかったのは多分にアベ夫婦の特異な存在が国を巻き込んだ

不毛の国民にとっては大迷惑の広がりを齎したものだ。 その中に内閣人事局の平成14年あたりに出来た組織のおかげで、並みいる霞が関の僅かに中央の官僚たち600人のそのまた中枢の一部の重要官庁官僚がこの事件に関わったためにこれほどの無駄な労力と1年半に及ぶ政界の与野党攻防を繰り広げていまだ最終に至っていないのは、声なき声の忖度というシンパシー意志伝達方法が問題の本質追及に大きく立ちはだかったのは今後の大いなる反省と検証手段の再検討を促したともいえる。 しかしそれに至る段階で明白なウソ・隠蔽・圧力・改ざん・うその上塗りなど一般の国民常識を遥かに超えたこの政府ならびにとくに官邸の対応はもう普通の段階を超えた犯罪的作為と断定されても不思議ではない悪辣・横着横柄なものである。 とくに財務・国交・文科・検査院などに加えて地方も巻き込んで、とくに財務の改ざんの酷さは自殺者を内部に起こさしめたほどの酷さであった。

一方の事件を発生せしめてアベ夫婦に協力して結果的に実行責任を問われた官僚たちは官僚の本分を逸脱したとして辞任や当局の階級に応じた諸罰則の適応始末がもうすぐ行われる。 所与の意志を発した事件の官邸トップは咎めは表向きはないがいずれ次なる選挙で審判の鉈が下されるのは必至である。 それをを看過して物言わなかった与党の議員どもはいずれそれなりの断罪を政治的に受けるのは当然だ。 とりわけアベ・アソウの政治的責任はとくに日本の司法がこれもまた政治による官僚支配下にあって表向きの法による支配は期待出来ない。まさに切歯扼腕というべきだ。

まずは検察審くらいが関の山だ。 それでもやらないよりはやるべしである。 

そんな中の世界は独裁者による長期支配の傾向が強まっている。 ロシア・中国・トルコ・北朝鮮・中央アジアの旧ソ連の衛星国ら。

独裁とは法支配の上に政権があることだ。 まさかとは思ったが民主国家・議会主義の日本にこんな下種の横着横柄政権を生ましめた平成末期の5年間の

日本国民は挙げて後世の子孫にまずは顔向けできないと思う。 

もうアジアの諸国からも落ちぶれているのにそれを分からない日本人を蔑む声がWebにも散見される。 

日本覚醒の為には大陸の膠着の政治環境がまずは南北統一になって民族分裂の

動乱が収束することだ。 米・中・露の三国が干渉をやめて統一国家の出現をサポートすることだ。 欧州の東西ドイツの統一はやはり欧州安定に寄与したことは歴史的事実だ。 アジア版の朝鮮はぜひそのひそみに倣うべきと思う。

日本もそのことによる経済・文化的刺激ショックはいまの日本の政治的退廃を少しは留める効果は大である。 アメリカのポチから解放される安保開放もまた将来あり得ることも想定される。 さすればアベ・アソウ如き閉塞の中の異次元の悪徳政権も大きなアジアの変貌の中に泡のごとく消えて吸収されるはずだ。まさに日本の今は小人閑居して不善を為すの不衛生・不潔な政権というべきだ。 その意味でアジアの変転が日本を助けることになるこの機会を絶対に人心一新でむかえなければ日本は取り残される。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/6/1  (敬称は省略)

ロシアが遅れて米朝会談の探りで訪朝

2003年からの6か国会議に日本を除けば北を巡る再来だ。

日本はその意味では蚊帳の外に違いない。 トランプフォンに頼るのも仕方がない。 しかしアウェーでも北は時々ちょっかいの言辞を弄して日本政府を揶揄するのは特にアベ政権に対してだ。 ロシアも朝鮮戦争の直接の当事国ではないが、北の建国には中国と並んで後ろ盾だ。 今回の北問題には米韓に先立たれて焦りがあったのかもしれない。 プーチンの再選もあってやっとのこと駆けつけてきた。 トランプに対するのにキムとしては中国に加えてロシアとも後ろ盾を結ぶことはキム王朝の存続のためにもあるほうが気持ち的にも有利には違いない。 北のいちばんの気遣いはシンガポールに滞在中に軍部が独走してキムに歯向かう恐れだという。 やはり会談場所は北に近いことを希望していたのも分らぬではない。 

一方ロシアは一帯一路で旧のソ連の衛星国がズラリとその構想に並列し、中国に経済的に靡いていてプーチンのソビエトの復活の目論見が頓挫しかかっている。 たとえば最近もトルクメ二スタンなんかも中国に高接近していて、ある意味北も古くからの、とくにその為に核・ミサイル技術交流などは可なりな供与をしてきた。 もし核廃絶後の北の動向はロシアとの紐帯に響きかねない。 ロシアの東への探索にも影響が予想されることもあるのでは?

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com



2018/5/31  (
敬称は省略)

1年半ぶりのなのに、この中味低調な党首討論に唖然。

●途中国民民主党の玉木の殆ど最後の方からの視聴だった。 だから共産党の志位と維新の片山だけだ。 森友・加計に集中は問題の性質から政権の本質を探る意味から取り上げるのは間違いでない。 右傾化独裁化せんとする異次元異常なアベ・アソウ政権を止めるためにもこのことは整理整頓すべきで、これを曖昧にやり過ごすことはできない。 嘘を平気で塗りこめて平然と恥じないこの政権に対して野党はその戦術の限りを尽くさないと立憲民主主義とは言えない。 もう国民にこの政権のあまりな横着横柄の限りを満天下にさらにさらしてイメージを貶めることは作戦としては間違いでない。 ただ与党、自民の内部からの行動を伴う動きがまだしも弱いのは事柄の性質からいま水面下になっていることもあり顕在化するのに時間が掛かっているのかもしれないが、やはり直接的には野党の踏ん張りと攻める意思と意欲に今一つ知恵と深堀りなさには切歯扼腕の思いが募るのは国民すべての感じ方である。 このモヤモヤ感をこれから先いつまでも引きずることは可なり困難だ。 いずれ9月には総裁選があるので、そこでの与党内での結論がどんな形でつくのか?  一時的にも新後継の新たなトップが出来ればそれはそれで人心一新となり、国民には一応の心理的けじめがつけられる。 ある意味の与党内でのケリの付け方でそれなりの納得感は得られよう。 ただ仮にも石破・岸田ではワンポイントの印象が余りも強いが、ウソ・隠蔽・騙し・縁故主義の奴よりはまだしもいい。

この内外の激動の中この異質政権は猫こだましのようにな想定外の手を打つことがある。 いまだ解散を打たないとも限らない。要注意である。 それだけ彼らの本心の意識では国民から信じられていない焦りもあるのである。 

もう無党派層は可なり現政権から離れている。 打つなら解散を打てと言いたい。

もう国民は飽き飽きしながらも民主主義の最後の要である自身の投票権の行使には今までとは違う逆猫だましを今深く装っていると思う。 おのれアベ・アソウのきゃつらの増長増まんはわれらが成敗してやるとの思いはますます膨らんでいるのだ。 選挙ならよろしい、正当な手続きでやってやろうじゃないか?    その思いはサラリーマン化や政治が己の家業・稼業になった日本の議員連中の腰抜けどもに今度こそ一泡、二泡浴びせてやろうじゃないかと思っている御仁が多いのも今回は事実だ。

共産党の志位が演壇に原稿を載せたのには驚いた。 党首討論は原稿なしで堂々と対話攻撃すべきで、論法鋭かった志位も衰えたりと残念だ。

維新の片山もおべっかを加えながらの中途半端な言いぶりはただ年をとっただけの年寄りの愚痴でもう党首討論の意味からは遠くこんなのは次には論者として端から選んではいかん。

ことほど左様に実に聞くに堪えないレベルで時間の無駄だ。 片山の時間なんてたったの5分だ。 立憲の枝野なんかも20分だ。 これならば予算委員会とは違う戦略と攻め方がいる。 もっと短時間で深い討論の組み立て方を野党側は練り直しだろう。  そういう意味からも攻める方の工夫と知恵が無さすぎる。

アベの対応はやはりテレビはウソをつかない。 クスリ漬けか平素のウソと隠蔽の塊の生活をしているので顔もむくれてどす黒くいかにも落ち着かない

裏の顔ツキがもう身に付きすぎたある意味おどおどとした風情には人としてのよろしくない世間を騙せない風情を放っていた。 この男は一体このまま最後までこのままでいくしかないと視えた。 国民は大変な奴を形式上総理に抱いていることを刮目して見据えることだ。 まさに

本邦政治上の稀有な異常人格をいまも国民は飼っていることを忘れてはならない。

与野党全てに亘って覇気のない内向き日本。 とくに野党の劣化とチャレンジャー覇気のなさが著しい。  そんなことから野党には全く政権復帰への意思示せずと残念だ。  あすからまた智慧出して気張れーっ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com


2018/5/30 (敬称は省略)

「トランプのポチになるな」=亀井静香

●もう既に時遅しだ。 もう条件反射でトランプフォンに齧りつくアベポチ。

官僚ポチは親方の政の指示待ち。 日本全国ポチ待ちの依存症。 金融も出口でどうしようかと思案ポチ。 株もETFの助け舟まちポチ。 特に今月は既に7コールで吠えて待つ。 きようも多分8回目の連チャン催促でいきり立つ吠え声が聞こえる。

国会も流石に悪玉政商加計のポチがこれは何度呼ばれてもやって来ないがどうでも首に縄を付けても引っ張り出せと国民も流石に催促の声しきり。

こんなポチに誰がした?   飼い主

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/5/29 (敬称は省略)

国会の会期延長、720日ごろまで?

●自民筋の発表らしい。 それでは6月の解散はあり得ない。 当然のことだ。

米朝会談が改めて再開が決まった以上、呑気に解散総選挙なんて世界の笑いものだ。 去年の9月にやったばかりだし。 それに解散権の縛りは改めて総理の恣意にはさせないやり方を検討する必要がある。

延長の中身は問題の高pro、働きかたとIR法案の成立を目途にしている。

proは労働者の賃金と労働時間に関わる大事なことだ。 拙速はいけない。

継続審議になってもいいから審議を尽くすことだ。 IR法案は日本人にはよくない。 外国訪問客の為に外貨獲得をと思料してのことだろうとも思うがこれも無くてもいいものだ。  とにかく日陰の胡散臭い稼業だ。パチンコの弊害をみれば明らかだ。 そんなものが無くてもひとは生きて行ける。 実に非生産的なと言えば叱られるがとにかく国民の射幸を煽るだけで本当になくても困らない。 わたしはそういう主義で別になにも困らない。 いろいろ別に意見のあることはもちろん分かるが。  今は若者が足りない。 そんな業種に若い者が流れるのは残念だ。

そんな無い国が一つくらいあってもいいだろう。

とにかく選挙が無いとなれば無駄なカネと時間は要らない。 

いまの不正常で堕落した政権は頭を冷やして本当の政治の原点に戻り、政官のここまで乱脈を極めた現状を顧みることだ。戦前戦後を通じてここまで堕落した政権は例がない。もう政治家の縁故主義による短慮と横着横柄は極みに達している。 加えて官僚がここまでプライド喪失と忍従・堕落していることにはつくづくはらわたの煮えくり返っている御仁も多かろう。 とにかくアベとアソウのこいつらをとっかえないと物事は進まない。 それにはやはり自民が刮目して現下の自分らの政治使命を改めて自らが認識することだ。 それと分散して力が焦点していない野党はやはり戦力の分散化が自民を宿命的に利させている。 改めて戦力の取りまとめの方策を真剣にみつめて後半に続く政治の失われた時間を取り戻せと言いたい。 それと与党の一角を占める公明のダッチロールは余りにも国民には不埒と見える。 敢えて言えば自民の乱暴狼藉の政治は公明がさせているとみなしてもいい。 お目付け役の仕事は皆無である。 敢えて連立を解除する位の公明さはどこに行ったのだ。 加えて維新の時としての自民べったりは目に余る。 国政から引き揚げて大阪地方政党に戻って地域政党として再生する方が命を回復する。 悲しいことにここまで尻尾を振って現政権に懐いていたのに政権から袖にされた屈辱をこのまま忍従するのか?

もう維新に当初の矜持はないのか、きんたまを抜かれたと言ってもいい。まったくの抜け殻だ。 

それとアベアソウのあとの短命でも後継候補者はそろそろもっと自我を炙り出せ。 もう今となっては国民へのアピールが無さすぎる。 石破・岸田しかりだ。 敢えて選ばれても短命だがそれでも進次郎の釖持ちとしては必要なのだ。

もっと自信と自負を顕せと言いたい。 

それでも自民の底流に派閥の地殻変動と久方ぶりの地滑りの胎動がそこかしこ。

いよいよ日本の政局のはじまりが見えてきた。 

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

2018/5/28 (敬称は省略)

アベのウソを加計が忖度してウソの上塗りの危機的状況

●こんなことが実際にあるのだ。 もうアベは狂っている。 加計もアベを守るためとはいえ、もう犯罪である。 

それにしても愛媛の知事は冷静である。 たかが知事如きと舐めていたこの横着横柄が足元を掬うことになった。 もうアベのいまは、ウオーター事件のニクソンに重なる。 こんな精神状況では普通の判断は無理だ。 辞任寸前のニクソンのメモ書きには殆ど読めない一直線にちかい棒線になった文章があったと当時の記憶が蘇った。 このあとすぐに彼は大統領を自ら辞めた。

いままた10ケ月も夫婦で放り込まれた刑務所から森友夫婦が出所した。 野に出た彼らはアベに牙を剥くのは当然だ。 さっそく貰った100万円は返さないと言い放った。  

そんななか、6/20近辺の解散が急浮上してきた。 本当にそんなことが出来るのか?   そんなガラガラポンでご破算で願いますがすんなりとは自民与党が収まるとは思えない。 さすれば来年の参院選はねじれのまたまたの始まりになろうかい。

いつも最後にこの男は脳天逆落としで仰け反ると言ってきたがいまがそろそろその時期か?   とてもエゲツナイわるいときではないか?   こいつには相応しくても、される国民には憤まんやるかたのない呪われた巡り合わせ時期と言い募るしかないとんでもないときではある。

やはり一番は総辞職に追い込むしかない、これが混乱が一番少ないしカネもかからない。 さて腐った自民と公明にこれができるかどうか?

https://www.facebook.com/?sk=welcome 


2018/5/27
 (敬称は省略)

堕落と惰性のロシア領土問題の失敗

●二十何回目と回数だけを誇るロシアとの交渉はもう惨憺たる結果だ。 2島返還から何にも進展がない。 その都度新機軸がと日本側が持ち掛けるが相手のプーチンに翻弄されて1ミリも進んでいない。 実に端から分っていることだが、

「領土」進展遠く 共同経済活動も主権が壁で実に元々からの外交の制度設計が欠けて、ただ単なる日本側の年中行事にロシア側も付き合わされているという考えられない現状を延々続けている。 今回プーチンは大統領として再選されて任期は6年で、2024年までとなる。 プーチンは2000年以降、大統領または首相として政権を担ってきた。今回の再選により四半世紀近くにわたりロシアを支配することになり、旧ソ連の指導者スターリンに次ぐ長期政権となる。 そして併せて報道ではそのあとは再び首相になる予定である。 そうなればもう領土問題には関知しないで国内のことに特化する。 こういう長期的展望のなかで、国会から逃げるように会談に滑り込むアベの姿勢は外交を隠れ蓑にするエゲツナイ退避行動である。 共同経済活動のうち、ウニの養殖やイチゴの温室栽培などで具体化に向けた協議に入ることを確認する見通しらしいが、「特別な制度」を導入せず、ロシアの主権下で共同経済活動を始めれば、国際社会から「日本は北方領土のロシア支配を認めた」と評価されかねない。

もうまさに国際的にも恥をばら撒く事態になっているのだ。実に恥さらしだ。 

ちょっと狂っているのではないかとすら思わせるアベの外交のだらしなさである。 もうとにかく良き当たりばったりのこいつの政治ははやく止めないと国を殺める!!!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome  



2018/5/26
 (敬称は省略)

北の第一外務次官のケグァンの褒め殺しにトランプ早速反応。        

●一昨日6/12会談一時中止を世界は驚いたがそのあとケグァンがすぐにトランプに熟慮の時間を与えるとしたら、もう早速のトランプのツイッターの早すぎる反応。 やはり会談はやりたいと自分への高い評価をした彼にピンポイントの返事にはこれまた大方の人々は驚いたことだ。 ヤハリトランプも今までの米大統領でここまでの北問題への接近を試みたものはいないとの褒め上げには気をよくしたのだろう。 そして米朝会談がうまくいけば日韓に北へ相当の援助をさせることになるとまで述べた。 戦争なんて近隣だけにやらぬがいちばん。 アメリカは遠いがわれわれ近隣国は絶対にあってはならぬ。 中国は事細かに核施設の爆破のあと数時間でトランプが会談の破棄を発表したのは卑怯で許せないとしているが世界の誰もがあんな見世物で北が核施設を破壊し終わったとは誰も信じない。 まあトランプもいちいち事に反応しすぎのは嫌いはある。 その意味でも落ち着いてほしいものだ。

それだけにケグァンの時間を与えるから冷静にとは実に適宜なタイミングと慮りがある深い言葉とトランプは理解したほうがいい。早速の一時的延期みたいな補足は要らざる言葉だ。 またまだ時間はあるのだ。 ただトランプ側には心配なのは人物の厚みが首にしたのが多いのでそれが心配だ。 そのことを含めてトランプにも敢えて諫めるられる人物を遠ざけた人事配置が気になる処である。 アベのような取り巻き縁故ばかりの裸のの王様に成り下がった今の哀れな姿を見なはれ!!!!  

ケグァンの言葉にはそのことも含まれている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/25 (敬称は省略)

先ずはノーベル賞は夢のまた夢へ?

●やはり中国の影が状況を一変させたようだ。 もうこうなってはトランプのディールも本件に関してはもうかなり後退せざるを得ない。まさかの一時的な米朝会談ムードで米朝会談が進んだとすれば北東アジアの景色はガラッと様変わりしたかもしれない、そのことかがもう多分あり得ないと思うと稀有なチャンスを逸したのでは?   歴史にイフはないにしても惜しいことだった。 トランプも一時的停止とは言いながら北への圧力継続と軍事策への両睨みを示唆した。 それにしても北の早急な核施設破壊はもっとオープンにしてもよかったと思う。 あんなやり方では北の本心が別にありと表向きの上辺の糊塗でと

索されるだけだ。 意外とキムは小心者かもしれない。 窮鳥入懐の手もあったのにとも思う。 リビアのカダフィのことが頭を過ったのは分るにしても。 トランプに袖にされたキムはキムでこれからは自主性のない中国のポチに滑り落ちたのは仕方がない。 それでないと習が機先を制して北へ電撃侵入することもあったかも。

その意味ではキムが習の胸元に飛び込んだのはそれなりのキムの作戦だったのかも。 ただトランプも圧力は別にしても北攻撃については新たに中国の昔の義勇軍参戦も歴史の事実であるからトランプの攻撃作戦は新たな中国の動きを加味せざるを得ない複雑さが増したと言える。韓国の文大統領のこれからの動きがあり得るのか?  ただ今までのようには南北融和だけでは済まないだろう。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

 

2018/5/24 (敬称は省略)

vs朝が実質米vs中朝に変化しても米朝会談へ行け。

●トランプラッパが中朝接近から湿っていたが此処に来てややトランプラッパが湿りながらも響きだした。 かれは6/12の会談は開かれるとして以前のようなキムを挑発するような言いぶりを抑えた言い方に変化してはいる。 どうやら中朝間で制裁を潜っての物資の行き来が明確になってきている。 中国は明らかに自分の地続きの大地にアメリカが土足で踏み込んでくることを嫌がっているのだ。 最悪の場合米中が実質国境を跨ぐことにもなり兼ねない。 南北朝鮮という緩衝地帯は中国には絶対に要るのだと思う。 それとこの時期がもっとズレると北のミサイルの進歩がいまよりももっとヤバくなるしロシアが入ってくるともう昔の六か国体制に逆戻りだ。 

やはり交渉しないよりはディールは必要なのは米国の方になってきている。 戦後ずうっと戦争をしてきた米国の世論は戦争が嫌なはずだし世界も迷惑だ。

それを紛争解決の手段とするやり方はやはり時代には合っていないし時代遅れだ。

実質として米朝問題は米中問題だと認識させることになってはきたが、 それでもその前座である米朝会談はやるべきだしやった方がいい。 中国の横暴横着を止めるためにも、そして民族自決の古いと言われる概念がいまも現実であることを世界に知らしめるためにも北は小石であっても投げられるこのチャンスを自ら放擲すべきではない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 



2018/5/23
 (敬称は省略)

「ご指摘の日に加計理事長と会ったことはない。念のため昨日、官邸の記録を調べたが、確認できなかった」

その後、菅義偉官房長官は記者会見で「(官邸に入る際に氏名や面会相手などを記す)入邸記録は業務終了後速やかに廃棄される取り扱いとなっており、残っていなかった」と説明。政権幹部は「新聞に掲載される『首相動静』にも載っていない」と強調した。

しかし、記録は本当は残っているはずだ。 財務省の改ざん・隠蔽が官僚や政治家の本質を今回明瞭に明らかにした。 世に秘密が秘密でないないことは常識であると国民は印象を強く持った。 こんな場合印象を持たれた方はマイナスだけでなくそれ以上の反証が出来ないということが裏の事実を証明している。

お世話になっております。怒れないのだ。 捨ててしまってないという言い訳は既に負けている。 菅という男も陰険な影の男だ。 アベは空っぽの猪突猛進のいずれ脳天逆落としのイノシシ男。 それにしても自民議員の無言の羊たちには驚くばかり。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/21 (敬称は省略)

日本の人口構造の棺桶化とアベノミクスの終焉

●きのうのNHKの特番で日本の人口構造の棺桶化にまっしぐらの人口減少に伴う日本の日本初の空前の事態の恐ろしさがもうすぐそこに来ている。 こんななか、一体にこの政府はなにを考えているのか?  実に政治のその日暮らしの迷走には与野党を超えて将来世代に恐ろしい無為無策を繰り延べしていることにいかに234世の平和ボケの議員に溢れている国会には猛省と警鐘を鳴らす者の稀有なことを憂える。 

繰り延べと言えばとうとう日銀のクロダも白旗を挙げて、2%の物価上昇によるデフレ脱却の公然たる脱却不能を満天下に知らしめた。 なんという5年間の無為無策であったことか?  世界にも喧伝したアベノミクスは藻屑と消えて、なんとも恐ろしいその挙句に歓迎されないゾンビ国債が、つまり政府の借金がとうとう1000兆以上も積み上がってもうこれ以上満杯の末のクロダのギブアップ吐露発言には怒りを通り越して政治も政治なら金融の本家もなんというお粗末さであろうか?   そして近い先には好悪は別にしても急ぎ出口対策を行わざるを得ないという無責任さだ。 それならばなんで再任のこの春に責任をとって辞任しなかったのかとその無責任さを猛追及すべきなのに与党からは何の反応もない。 

確実に国民はこの5年間、実質所得が減ったことをやっとのこと実感していたがやはり事実だったのだ。 

この後の宴の逆津波がいずれ襲って来るのは間違いない。 貧乏になった上に更なるこれからの本チャンの修羅場が来ることに国民は薄ら恐怖に備えなければならない。 

とにかくこんな嘘つき政府は嫌だ。 たしかに何もしなかったが民主党政権の方がいまは良かったとも思う。 しかし今になっては民主党もここまでに手足が分れてしまってはこうどうしようにもない。 いずれ自民が割れて政権交代の芽がそこから出てガラガラポンの政界離合集散が必ず興る。 いまの野党には、特に民主の在り様からはそのエネルギーは出ない。 野党のぬるま湯体質も極まっている。 とにかく異次元の異質な縁故主義的アベ政権だけは早く抹殺しないとおかしな国になっているしこれは留めなければならない。国民不在の独裁に既に陥ってしまっている。 いずれアメリカともすれ違うと思う。

それと後継の石破、岸田総理には全然能力的にも程遠い。 繋ぎで我慢はしても本格的に4世の進次郎を待つべきかもしれんがアベの再選だけはやめろと言いたい。 国を売るか潰すぞこのアホとアソウは。ホンマに。

そうなってからでは遅い。 今の20代から40代までは騙されている。

大変な期待ハズレの惨状が来る。 物凄く貧乏国日本を世界がどう乗り切れるのか意地悪く見ている。 とくにアジア諸国は見る目が厳しい。 いまアジア諸国は受けに入っている。 日本とも競合するほどに力が付いてきつつある。昔の超貧乏であった時代と変わっている。 変わっていない視点は日本の方だ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

2018/5/20 (敬称は省略)

習のキムへの後見で威勢が弱くなったトランプ?

●仮にも米朝会談がとん挫すればトランプの人気先取りとノーベル賞も夢となる。 最近のキムの南北宣言にも拘わらずの強気は駆け引きにしてもやはり壊すためのそれではない筈だ。 出来るだけ引きのばしての非核への先のばし戦略と思う。 とくにキムケグァンが表に出てきたことは以前の6ケ国会議での彼の活躍を彷彿とさせる。 リビア方式の丸裸の後のカダフィの殺害を思うにつけてキム委員長はそのドジを踏むまいと後見人の習の懐に飛び込んだのはまさに窮鳥入懐の例え通りだ。 これで米朝会談は表向き土俵の真ん中近くに押し戻したキムの優勢挽回にも見える。 トランプはすかさず体制保証を繰り返すが勿論先の2回の習キム緊急避難会談でも習に取りつけを頼んだのは当然だ。 その後の韓国に対しての上から目線の厳しい会談の突然の拒否などはいつもの北の豹変ぶりだ。

要は如何に非核の実体処理をトランプに主導的に自分のペースに引き込むかの時間との交渉になる。 それにまだ北は隠し玉として建国の後ろ盾のロシアを温存しているがもしこれが仲間に入りたくてうずうずしているプーチンのちょっかいがあるとすれば、これはもう以前の6ケ国会議の再現である。 とても気の短いいくらディールのトランプと言えど今までの大統領を悪しざまに無為無策と罵れなくなるはずだ。

日本にとっても拉致のことは埒があかない更なる遠い始末になる。

もう日本が主体的にこじ開けるにはそれなりにアベ自らが非核問題とは切り離した単独行動に出るかどうかの腹の決め時だがアベにはそんな勇気と気概がある筈はない。 腹黒いと盟友のアソウも言うぐらいの今どきの嘘つきの狡いアベには出来ない相談だ。 トランプも中継ぎはしてもそこまでアベに恩義があるはずもない。 アベの人頼みはこれで元の木阿弥だ。おのれ自身の、あえて積極的な行為をしなかった不作為をこそ猛省すべきことだがこいつはそんなタマでは断じてない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

2018/5/19 (敬称は省略)

無理が通れば道理が凹む

●日大ラグビー事件はじつにケッサクだ。 たかがアマチュアクラブの監督が王様気取りで居直りにとうとう世論の猛撃の末監督辞任に追い込まれた。 私欲の追及が行き過ぎて無法の域にまで自己増大した末の追い込まれ辞任だ。 世の中にまさかあるとは思わなかった道理の見えない壁に横着横柄の甘えが抑え込まれたというものだ。  いまのスポーツ繁栄の風潮に流されたもので、巷間、国もあれだけの横着三昧ならばたかがアマチュアの大学ラグビーなんて爪の垢程度と慢心したと思ったのも分らぬでもない。 ぐちゃぐちゃ言い訳方便で世論の風向きの出方成り行きを図ったが、非難の火の手は一向に広がるばかりで、とうとう文科省の顎と首の境目も分らぬ大臣までが乗り出してきて忖度せよと言わんばかりの状況にはラグビーの業界からの暗黙の指示もあったはずだ。 最後はカネで締め付けられたこともあろう。 もうスポーツもカネの支配する巨大市場である。 要は商業主義とも無縁ではないが、スポーツの持つ高邁な理想の矜持の世界は既にカネに取り込まれている。 こんなアマチュアスポーツにまで。 たまたま時期も折あしく政治の無法に苛立つ国民には

いまの政権ともダブって見えたのは当然の成り行きであったが、政治の方はいまだ目覚めを忘れたかのように無法地帯をダッチロールしながらも知らないふりして頬かむりだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/18 (敬称は省略)

マレーシア、消費税廃止へ。マハティール、公約実現

マハティールはエライ。 当たりまえのことをしてこれほど称賛されるとは。

このままこのニュースを引用したい。

 【クアラルンプール共同】マレーシア財務省は16日、61日から現行6%の消費税を事実上廃止すると発表した。9日投開票の下院選で勝利したマハティール首相率いる政党連合は政権交代から100日以内の消費税廃止を公約に掲げていた。 消費税制度は2015年にナジブ前政権が導入し、国民の不満の対象となっていた。マハティールは16日、首都クアラルンプール近郊で記者会見し、4月に施行されたフェイクニュース対策法など「報道や表現の自由を抑える法律を廃止する」と説明。令状なしの拘束や家宅捜索を認める国家安全保障会議法なども廃止する。

私見、

♦なんと92才でこの執念。 もう国父なのに初めての政権交代が惨めにも汚職で蹂躙されたことに国民に申し訳ないと老齢にムチ打って返り咲いた。 日本を称えてルックイースト政策でもエールを贈った日本贔屓はいまの日本にどんな気持ちを抱いていることか?  実に恥ずかしい限りだ。 日本にもホワイトナイトのマハティールが欲しい。 嘘つきアベ・アソウはなんとする?

https://www.facebook.com/?sk=welcome 


2018/5/17
 (敬称は省略)

13月GDP、2年ぶりマイナス成長

2018年1─3月期の実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.2%、年率換算マイナス0.6%と、2年ぶりのマイナス成長に落ち込んだ。

今回のGDPで、これまで強いとの見方が多かった日本経済にはブレーキがかかったことになり、日銀の金融政策正常化はしばらくないという。

加えて設備投資がマイナスになったことが予想外だった。消費、住宅を含め内需がマイナスのため、GDPの内容は良くないともいう。 総合すれば

景気は外需次第になるが、世界経済の頭打ち感により輸出に陰りが出てきており、2018年度の成長率は昨年度より低くなりそうだ。景況感が次第に悪化していく可能性があるらしい。

どうやら小さいけれど屈折点に差し掛かったと言えなくもないので来年にかけてこのままの緩やかな景気拡大と述べた茂木大臣の発言はそのまま信用できない。 景気は変動要因をすでに来年にかけて織り込みつつあると見る方がいいのでは。 とくに来年の消費税が現実に頭に差し掛かってくる頃合いでもある。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  


2018/5/16 (敬称は省略)

こんな世の中をバカにしたはなしはない

●キムが日本とは会談してもよいと折角に振って呉れているのに未だにグチャグチャとオンナの腐ったみたいにいまだ返事をしていない。 ただ米中会談に中韓が行くかもというニュースが流れたら、慌てて自分もというこの浅ましさ。 早く拉致のことを知りたいのだ。 非核はもうトランプ゛に任すしかない。 北は端から日本の査察は問題外として相手にしていない。 ただもう己の首が掛かる拉致でノーアンサーではもう外交の顔は丸つぶれ。 しかしこの拉致は当然になにも動いていないから当たり前で向うはもう拉致は存在しない前提で会う必要があるならば会談は受けるがどうかと問いかけているのだ。 いつもはぺらぺらと要らん事まで無理にもウソを交えてヤジり倒す癖に拉致と言えばもう借りてきたネコ同然のシュン太郎。

先ずは相手に言われるより前に拉致家族のことを忖度するならばもう既に何年も前に、それもトランプに泣きつく前に時間は有り余るほどあったはず。 この期に及んでも蚊帳の外を慮って体裁作りにシンガポールまでキムを追いかけるなんて愚の骨頂で恥の上塗りだ。  いつまでもアホアソウと二人羽織のバカ芝居で甘ちゃん国会と同じには世界の政治舞台は動いてない。 日本の国会なんてまさに暇つぶしのお遊びた。 ぬるま湯ももう極みだ。世界はもう日々もっと熾烈でディールに鎬を削っているのだ。 北には堂々とお前の口からピョンヤンに乗り込むと偶には啖呵を切ってやらんかい?  もうなんでもトランプ参りなんてケツの小さい内弁慶のボンボンじゃないか?   本当の外交なんてしたことがないからいざとなるとビビッてお漏らしばかりするのが関の山じゃ。 情けないったらありゃしないとはこのことだ。 

早うキムにそっちへ行くと電話をせぇ。 そしておのれ一人で行け。

トランプにはそのことは言うな!!!!

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/15 (敬称は省略)

世の中とんとん

●予算委員会の下劣さは今に始まったことではないから殆ど視ない。 きのうの集中審議でも民主の玉木が煽られて激高。 それにしてもアソウの下品さは

視ている国民がいかに自民への怒りの増幅を考慮に入れないこいつのバカ丸出しさを実に鮮明に浮き彫りにした。 それにそばでお追従笑いをしているアベの内と外のこの衝撃的な落差。 国営放送は日本だけでなく広く海外でも見られるとすればもう国辱以外の何物でもない。 23世議員で溢れかえる国会議員の余りの品性の無さには、最近92才で売国奴の前首相を執念で倒したマハチールがみたら腰を吹かすほどの落ち目の日本に慨嘆するに違いない。 一体に野党の無所属の元の民主党の指導者たちはどの面下げていまも国会議員であるのかと聞きたい。 もう陰にすっこんで歳費ドロボーを決め込んでいるだけでないか?  

国民民主党も玉木、大塚では役者としてはおおいに不足だ。 とくに大塚共同党首なんかは相手からは屁のようなものだ。 まずは戦闘力の無さを露呈し迫力がまるでない。 上滑りだ。 相手はそんな紳士ではないんだ。

相手が下劣ならそれに合わせて負けん位にこちらもガラ悪く喧嘩を売らんかい!!  まずは喧嘩の仕方も知らないではこんなゲスには相手できない。

アベもアソウも生い立ちのルーツはパチンコ崩れや暴力団から出発してるんだ。

生い立ちルーツからしてサラリーマン議員とはドダイ違うことをまずは頭に叩き込んでおくことだ。

それだから時として見せるあのアベ、アソウのガラの悪さはその2-3代前のの祖父らの成り上がるまでの元の姿の反映である。 勝負するにはそれと同じスタイルでと言うことも頭に入れることだ。 とくにアソウの祖父なんかは芸者に産ませた政治屋の子倅のなれの果てが吉田茂なんだょ。 アソウのガラの悪さはそれを引き継いでいる。 負けるな!!

 言われたら言い返さんかい!!!!

アべはこすからい奴で人の口車に乗って横合いから口をだすヤジ野郎で、本当にはすぐに逃げ出す意気地のない口だけのおとこだ。屁をこいておいて知らぬ顔で、他人にそれを擦り付ける陰険野郎だくらいは端から分って勝負しろ。

だからトランプのポチにはちょうどお似合いなのだが、本当はカラキシ勇気のない尻尾を直ぐ巻くスピッツなんよ。  相手をよくみんしゃい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome


2018/5/14
 (敬称は省略)

世の中とんとん 

今回の米朝会談にロシアが入らないのはよろしい。 世にロシア程憂鬱で陰気臭い国は日本から見ても少ない。 神があまりにも結果的にただっ広い国土を与えてしまったが元々の発祥のロシアはヨーロッパの東端のはずれだったのに。

それにしてもプーチンを見ても陰鬱に見える。 権謀術数で取り巻かれた胡散くさは気候の所為だけではあるまい。 スラブ民族そのものの持つ疑り深い民族性によるものかもしれない。  いまも世界から制裁を受けている。 折り合いの悪さもイメージとして定着していて日本人から見ても一癖のある二面性はどうしても抜き難い。

それはさておき今回の米中会談にもともとは6ケ国協議では首を突っ込んでいたのが平昌五輪を契機に急速に南北融和から一気に米朝会談までに昇華したのはたとえ一か国と言えどウルサイごね屋のロシアがいなかったことが北と米国の密接感を醸成したものと思う。 そんななか、保護者として北に中国がつくことはキムの若さを補完する意味でもついてもいいと思う。 やはり今回のことはとにかく北東アジアの全体の為にはどんな形であっても先に成功の火が見えてほしい。 日本から見れば昔栄えた裏日本の久方ぶりの繁栄を取り戻せるかもしれないし、日本の国土再開発で表日本重視からバランスの取れた日本の公平な見方視点が見直されることが大きいと思う。

もしも反映する中国朝鮮の日本海側が勢いづけば裏日本の人々の意識改革は日本全体に活気を呼び起こすそれこそ国土の均衡ある列島再開発に新たな波及効果が期待できると思う。

さらなる一極東京集中を必ずや覚ます動きとなろうものだ。

その意味でも保護者は多くてもよろしい。 いっそそこで五か国会議にでもなればいちいちトランプが韓国、日本を回らずとも一週間でもそこで否が応でも討論会議をすれば時間の節約にもなるのに。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/13-2 (敬称は省略)

米朝会議の後トランプに韓国、日本が報告がてら自国への立ち寄り要請。

●ついでにというにはぞれぞれの立場があるのかも入れないが、そんなことならいっそロシアを除く5ケ国円卓会議でもすればよかろうものに。

それにしてもトランプのモテようは凄い。 ただ会議の結果いかんではそんな浮足立った調子のいいはずもない。 ただみんなトランプを始め国内人気との兼ね合いがあるのかも。 しかし韓国の文大統領は支持率八十数パーセントでその嫌いは少ない。 まずはアベだろう。 非核も然ることながら拉致のことだろうし、国内での政治私物問題でかなり窮地である。 それにしてもトランプも中間選挙への思惑は根は同じだが千載一遇の飛んできたチャンスはどうしても自分の手で掴み取りたいとご執心のはずだ。

さらにバイでの話し合いだけでなく付き添い国の同席もありかもという。

いやがうえにもとにかく71年ぶりの直接の出会いである。  世界の記者がその時はシンガポールに。予見できないガチンコ勝負は如何?   ロシアが入らないのが実に結構なことだ。 六か国が五か国でもし収まる可能性がみえれば北東アジアにやっと未来への薄日がみられることになるのであろうか?

期待したい。 それといずれはその先に困難とは思うが半島統一の実現が安定の証になることだ。それでないと本当の半島の安定はない。 強いしっかりとした経済も強い新しい国が出来なければフラフラでは意味がない。 もとの

強い朝鮮人の統一国家はそれこそ安定のための必須の条件だ。 アメリかも、中国もそして日本もロシアもそれを今世紀の目的にしてほしい。 さすれば北東アジアは米中が統一朝鮮と等距離で付き合う関係が望ましい。 日本は米中と統一朝鮮との等距離外交に徹する。 米国一辺倒では難しい。

そして統一朝鮮は自立して自分の足で立つことだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome

2018/5/13 (敬称は省略)

稀代の嘘つきアベとお追従アソウ

2-3日前の読売のプライムニュースをたまたま視た。 最近見ないてっぺん禿げの反町とアベとの政府借り上げの御用番組であったことだ。 もう久しぶりに頑張るお茶坊主のてっぺん禿げがこれでもかとアベをよいしょする姿にアベが敵のいない安心感からもう脈絡のない口からの出まかせの40分。 もうこの男の頭は壊れている。 とくに拉致問題での話の内容は話の筋を自分で勝手に作る支離滅裂でなんにもしていないこの数年間を北京を通じていろいろ交渉したなどとまたまたのくちから出まかせ。 こんなでまかせウソで仮に何かしていても返答のあり得ない北京へのただのFAX送信であったのだと思う。 こういうウソを平気でするのはこの5年間のこいつのいつもの癖であることに改めて早くこの日本から追放しなくてはならんと思いしきりであった。 この自堕落なアベにまた空前のへそ曲がりのアソウがもう離れられない団子状態でこの日本の価値を日々あ二人で下げいる。 もうこの二人は一人では存在しえない二頭で一体のゾンビと化している。 日本の鬼門だ。

特に拉致はもう政権の無為無策の象徴的シンボルになってしまっていてアベは自分の仕出かしたこのオウンゴールの仕返しを今に受けている。 トランプも最後にはアベを突き放さざるを得ない。 なんで他国の尻ぬぐいをするであろうか?  非核が至上課題だ。

612日の米朝会談でアベは止めを刺されなくてはいけないし、そうあるべきだ。 結局は日本自らが処断できなくて世界監視の中で無様にも拉致者を打っちゃる最悪のシナリオに祭り上げて悲劇的結末に晒す無様をアベが演出したことになる。 問題の本質から逃げて言い訳して相手の所為にする嘘つき隠蔽冷徹居士のアベの卑劣な仕打ちに拉致家族は最大のシーンで最低の惨めな結果、又しても暗然たる奈落に突き落とされる結果になるのは必至だ。

問題に正対しない卑怯なアベの真実政治姿勢をしなかった罪のすべてはアベが受け止めなければならない。 その答えは人心一新である。 もう逃げられない。今度こそ、お前こそが断頭台に上るべきだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/12 (敬称は省略)

ひょつとして米中会談に中国も参加?

●まさかとは思うが保護者同道のはなしも出るほどの中国の巻き返しが先の大連での急遽2回目の中朝会談であったようだ。 習も一時の疎遠なあいだであったキムの電撃的北京への初めての訪問で中国に仁義を切ったら、習もかっては朝鮮は中国の柵封下にあったとの嫌味も忘れたかのように兄貴気分にいまはあるようである。  とにかく自尊心につよい中国のことである。自分の庭先で米朝が板門店などという己の庭先で会談など許せるものでもなったかもしれない。

今回遠いシンガポールでの開催になったのは勿論米朝双方の国交のある共通国であることは勿論だ。 北からは直通の飛行機は所有していないので北京経由で習が貸す中国機で行くそうだ。 なんとも中朝の親密度はいやがうえにも上がったことだ。 

これで熱の上がったトランプの意気も少しは下がって冷静になったのは米国にとっても逆にいいことだと思う。 トランプは先のイランの合意も突然に反故にするわがままをなんとも実行してしまう狂気もある。 

今日からの会談までの正味1か月は拉致被害者3人を返しての蟠りのない準備期間としてはイーブンのものだ。 

まあ言えば前頭を引き連れて横綱習の太刀持ちとしてキムが大横綱のトランプにふんどし担ぎのあしらいを敢えてものともせずに挑戦できるかどうかはやはり見ものである。 要は習とトランプの代理交渉でもあるとみてもよいのでは。 最後に習がキムに知恵を授けたのもキムにはいい意味で後ろ盾を持ちえた余裕はやはり大きなものであったろうと思える。 朝鮮戦争時の兄弟国の再来が蘇ったものかがまさにみられることだ。 まさか習が会談にまみえることはないと思うが。 そんなことを想起させる土壇場で中朝の演出にはじつに興味が引かれた。

https://www.facebook.com/?sk=welcome

2018/5/11 (敬称は省略)

米朝会談、シンガポールで決定

●当初予定の候補の中でやはり決まった。 一時は板門店でと色めき立ったがすこし間を置いた中で中朝会談や日中韓会談があったりして間が空いたこともあったりして、一気呵成の勢いが削がれたこともある。

とくに中朝会談でキムと習が先般のキムの電撃訪問から間なしでの再電撃大連訪問は米朝会談に中国が割って入る意味合いも憶測されてトランプの強い流れを冷やしたかもしれない。 まさに虚々実々の首脳会談の前の両者のせめぎ合いが水面下で米朝を加えて米朝中になった感がある。 北は中国バックを得て後ろを固めた態勢で来月の12日に備えることになる。  この間米国もポンペオ元CIA長官上がりの国務長官を再度ピョンヤンに派遣して三人の拉致被害者を取り戻したこともあり、北の誠意の再確認を終えた。 これからの丁度1ケ月間が準備のために費やされる。 まずは会談が行われることは確実である。

キムは体制の存続をかけ、トランプは中間選挙の成否に向けて交渉に臨むことになる。

一方で蚊帳の外のアベは目の前で米国の三人の拉致者が悠々と帰国に及んだことに40年もの間で総勢で100人は下らないと予想される日本側拉致者について何らの直接のアプローチはしていない。 その代わりにはとてもならないが他人にお願いする横着極まりないお願いばかりで拉致関係者らは切歯扼腕の歯ぎしりだろう。 トランプや文大統領には言っといただけの子供の物言いはいつもこいつの頼んでおいたという実に調子のいい言いぐさだ。 国内問題でもアソウによく説明をするように言っといた。 柳瀬にも参考人招致での内容にはよく説明責任を果たすようにと言っといた。 こいつの言い訳と無為無策の逃げ口上にはもうもう国民はうんざりなんだ。 だからこれはもうこの時代、筒抜けで世界各国にざざ漏れである。 だれがこの世知辛い世の中でこんな甘ちゃんのいうことを受け継ぐもんか?   己の蒔いたものは己自身でかりとらんかい?  良き納税者を守れなかったのは政府、国の責任じゃ。  なにを逃げ回っておるんじゃ?

小泉政権が取り戻した返戻条件付きであった5人の拉致者を返さなかったのはアベの強い提言であつた。政府内でも悪法と言えど政府間で交わした約束である。 アベを糾弾する北の無慈悲な言い分は言い分として悪法の上のこととはいえ先方に言い訳の筋を捕らえられている。 いまだにアベは南北会談のあとも北には話し合いの誘いについてもこのお喋りはなんら応えていない。 国のトップが拗ねてどうする?   バカモンが!  とっとと北へ向かわんか?

昔なら軍艦というところじゃ!   要らぬときに外交と称して専用機を無駄遣いする癖にこんな時は借りてきた拗ね猫みたいに寝てばかりの、実に下らん奴だ。 それに加えてトランプにはすぐにご注進の電話魔に成り下がった見下げ果てた奴だ!!!!  まさに勝手なポチとはよく言ったものだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/10 (敬称は省略)

李国強の日中韓+Xの発言

●日中韓会議で彼はこれを初めて今回言った。 もちろん北朝鮮のことだ。

凍り付いた北東アジアにやり方によってこれ以下はない厳冬からの雪解けのサインの暗示だ。 これは米国排除のものでもないが、少なくとも今までの北東アジアの緊張緩和に繋がる一つの大切なサインでもある。 日本の過度の米国依存から均衡のある経済文化への志向示唆と受け止めてもいい。 とくに経済一点張りの歪な日本は精神・道徳面の振り子を呼び戻すためにもこれからの日本にも必要なことだ。 それは急速なIT文明文化で失われる人間の回復の一面にも貢献するものだ。 政治面と安全保障ばかりで雁字搦めの北東アジアだけでなく、アジア全体にも濃淡はあってもいずれぶつかり合う現実との出会いである。すくなくとも李国強はそういう優れた政治家の一面を顕したと思う。

流石に李国強は見据える先が我が日本のいまの視点とは月とスッポンとは言わないが余りにも遠望する視点が違いすぎる。 今回の南北のあとを見ているように思う。

このことからみても顧みて我が日本には人心一新は目下の重大関心事と言ってよい。 

余りな現状の政権幹部の堕落を思うにつけそろそろ日本の指導層に駿馬が求められる。 国民を駄馬と見てムチを当てる無知な政治・官僚群のバカさが否応もなく腹立たししさはもうこの体制をこのまま続けることに行動を以ってする時期ではある。 国民の覚醒を促しているやにも見える。

白鳥は悲しからずや海の青、空の青にも染まず漂う。 

 少なくとも孤独でも一方に偏らずに己の中心軸だけは忘れない日本であるために。 だからと言って右寄りのまた来た安易な道には戻る訳には行かない。 孤独でもそれが日本には一番の結果的には安全なことはわれらの日本史が教えている。 

偏らない心と存在が日本のあるべき姿とあらためて李国強の言葉にわたしは思いを馳せた。 

不可逆、不可逆と無知なアベの連呼が空しい。 それにミゾウユウのアソウの悲しいまでのセクハラ罪はないの空虚なアホ語。 二人してドツボに放り込みたい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/9 (敬称は省略)

北の拉致問題は日本が被害者なのにいまは獅子身中の虫の厄介さ。

●南北問題の盛上りの中で日本はこの拉致問題が足かせになって縛られているのは今も以前も変わらない。 蚊帳の外と言われる日朝問題は米朝問題の陰に隠れているが、もし米朝問題がある意味何らかの進展があって、つぎに日朝問題にも波及が予想されるときにやはり平和条約のような道筋があるとしても経済問題と絡まってこの拉致のことがまとわりついて、北にええように振り回されるのは必至だ。  これはとくにこの5年間のアベ政権の無為無策とアメリカの手先となって制裁のお先棒担ぎで北に嫌われたことに拠る。 そして今もなお、そのことで走り回っているのだ。 政治は全方位で観察すべきもので一方的ではあり得ない。 今になってアメリカに縋る政権の拉致依頼姿勢はもるも主体性を欠いた恥ずかしいものだ。  その意味では対北にはやはり人心一新があってしかるべしだ。 アベでは双方が四つに組めない。 アベ・アソウの硬直政権をまずは国民が追いやることの方が肝心で、まさに外交は内政に繋がるということはここでも心理である。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

2018/5/8 (敬称は省略)

文書改ざん「どの組織でもありうる 個人の問題」麻生氏

●だからどうって言うんだ。 個人だから財務省には関係ないとでも?

このおっさんこれでよく財務大臣をやっとるなぁ。 屁理屈も何も言ってることが論理も何もない子供の言い分と同じ単なる放言でしかない。 お粗末すぎる。

それで一体、組織としての財務省は何もしないで大臣の言いっぱなしでことを終わるんか?   まさにこのおっさんのいつもの口癖の由々しきことである。

大臣たるものは組織の、それも以前は最強官庁の長だ。 その長が評論家のような一般論で済むバズがない。 セクハラの問題だってセクハラ罪はないなんてなにかピントの外れた明日の方向にずれたはなしだ。 罪の名前のあるなしはともかくとしても社会的な公序良俗に反することは決まりきったことじゃないか?   もうアベと同じくぼんぼん三代目はこんなユルフンでいままで人生を60-80年も済ましてきただけで、物言いに情も糞も常識も何もない。 もう世襲の極みと言ってもいい。  これならば世襲制限もあってもいいハズだと思う。 こんな奴らがいやしくも選挙制度に乗っかって議員様、大臣様では、使われている官僚もそりゃ忖度の反対に影でアホ呼ばわりするのもなにか分かろうと言うものだ。 いつまでも唯々諾々しない官僚たちが生まれてくるのももうそんな先ではあるまい。 

城山三郎の『官僚たちの夏』のあの官僚郡像は幻であったのか?    こんなアホ大臣に仕えている官僚の堕落もそれだがいい先輩がいたことも忘れるな。

アソウはごちゃごちゃ言わずに財務省の改革をすることがあんたの喫緊の仕事だ。 もう詰まらん言い訳はするな。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/7 (敬称は省略)

あやふやな「国民民主党」の船出

100人前後と思いきや60人前後での時間切れ新党。 なにか中途半端は免れない。 これでは立憲を乗り越えて野党第1党もならなかった。 

民主党は本来もっと徹底的に破壊されていい筈だったのにいいいチャンスをまたも失った。 これでは国民の期待は得られまい。 まあこれが限度ではなのかもしれない。 それにしても一群のもと民主指導層の20人足らずだが大御所らは無所属で地域政党化の道を歩むのか?

「国民民主党」の掲げる党是はよくわからんがどうも昔の民社に近い穏健な右寄りになるのかいな。 自公に寄り添う補完政党になるのならあんまり意味合いはないように思うが。 物分かりが良すぎても国民の不満の受け皿にはならんかもしれんのが心配は心配。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

2018/5/6

プーチン大統領 北朝鮮問題でロシア排除されないようくぎ刺す

●ロシア・プーチンは大統領選挙を制して2024まで6年間もこれから居座ることになる。 どうせ選挙違反ギリギリのの管理選挙で強圧的になったことだろう。 

それが朝鮮問題にまたまた六か国協議の時代に思いを馳せて米国のはしゃぎぶりに刺激を受けて自国の関与を言ってきた。 元々が北朝鮮の生みの親の自負をいまも残しているのだ。 それにミサイル技術の北への伝授もあってとにかくロシアがしゃしゃり出てることは問題を複雑にする。 なるべくロシアの影響を排除しつつむしろ中国と折り合いを回復したからこその今回の南北融和と米国との象徴的な歴史的会談である。 その意味でロシアと日本はこの会談のあとに事後処理国として参加することが望ましい。 つまり6か国では纏まるものも纏まらない。 船頭多くして船頭船山に登るの愚はもう頂けないように今回は南北朝鮮と米国との長い相克をまずは纏めることである。

エサにあり付こうとする狼らはこの際しずかに待ての姿勢が望ましい。

ロシアが早速匂いを嗅いで近寄ってきていることは米・中・南北朝鮮にとってもよく注意したほうがいい。 日本は拉致がおおいなるトゲとなって無茶振りできないのはアベ政権の5年間の無策と不作為に尽きる自業自得に尽きる。ご家族には切歯扼腕の恨みが政府に募るのは当然だ。口だけでぜんぜんなにもしていないのだら。 あとあと北との二国間で本来はすべきものだ。

米国に頼むことは一国の外交交渉としては情けない限りである。 大人しく待ての恰好で対峙するしかない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome

2018/5/5

なにかもやもやした国政の雰囲気に派閥の陰の動きが喧しい

●派閥の資金集め総会がしきりに来場者の数を増している。岸田の時は4000人、いまを時めく二階は5000人だとかの数字が躍っている。

岸田はもう後塵を拝してまずは実質負け犬になっているらしい。 そこに石破が忍び寄ってきている。 アベの包囲網は静かに縮まってきているのか?

今日も又、静かだった小泉がアベに吠えていた。 新潟では田中真紀子が角栄生誕100周年の記念を挙行。 息子と娘も出席して角栄の遺徳をしのびつつアベに対して明確に初めて口を極めて批判した。 いずれ娘息子・娘の出陣を思わせる雰囲気が濃厚か?  

国会では立憲が綾瀬の加計関係者との会合を半分認めて参考人招致に応じることで国会審議に応じるシンキㇰサだが回り出しそう。 これからも行けどもいけどもモリトモ・カケイはなおもつづくのか。 このボディブローにアソウの効き目がどこまでかが、アベの死命を制す。 将棋で言えば投了の前には違いない状況がもうかなりな確度で迫ってきている。

そんな中、外交でもアベのツキは悪いようだ。 必要のない無償のバラマキをまたまた続けている。 1000兆円の借金をまたまた積み上げるこの暴挙は狂っている。 海外向けの原子力の販売で英国・トルコで物凄い予算の狂いで日立・三菱重工が会社自体がひん曲がりかけている。 そこになんと政府保証の無茶振りは政権の末期症状の惨憺たる姿。

経済外交でも大きな問題化で一体に何たることかと嘆かわしいざまを呈している。 

https://www.facebook.com/?sk=welcome



2018/5/4
 (敬称は省略)

PROTEST

とは不信に向かって強く

断言する。 主張すること。

 

1977年度成蹊大学法学部政治学科卒業生、安倍晋三さん

私たち成蹊大学後輩一同は、あなたの安全保障関連法案における、学問を愚弄し、民主主義を否定する態度に怒りを覚え、また政治学を学んだとはにわかに信じがたい無知さに同窓生として恥ずかしさを禁じえません。

日本国憲法に、集団的自衛権の行使を基礎づける条文が存在しないことを、私たちは成蹊大学で学んでいます。

憲法を、時の総理大臣が自らを責任者と称し解釈で改憲することは、法の支配に反する行為であると、私たちは成蹊大学で学んでいます。

 日本国憲法は、アメリカによって押し付けられた恥ずかしいものなどではなく、日本国民が自ら選び取り70年間維持してきたものだと、私たちは成蹊大学で学んでいます。

 そして、私たち成蹊大学生は、憲法学を机上の空論などと考え学者の意見を軽視することなどはせず、学問が蓄積してきた知識を大切にしています。

 あなたは、本当に成蹊大学で学ばれたのでしょうか。

 

知っていますか。就職活動の際、自己紹介で母校の名前を答えると「ああ、安倍晋三のね」と冷笑されることを。その冷笑に含まれている意味を考えてみてください。

 

安倍晋三さん、あなたは成蹊大学の誇りなどではなく、ただその無知で不遜な振る舞いによって、私たちの大学の名誉と伝統に泥を塗っているのです。

 

私たち成蹊大学生は、先輩・安倍晋三さんの立憲主義を否定する態度に反対し、安全保障関連法案の廃案を求めます。

 

平成27年9月13日 発起人・成蹊大学法学部政治学科4年 秋山直斗

 

付記:成蹊大学の教授、職員の方々が「安全保障関連法案に反対する成蹊学園有志の会」を発足され、様々なご活動をされておりますが、現役学生は賛同者になることができないということなので新たにこちらを作りました。

UNITE!

 

賛同者募集

成蹊大学の現役生、卒業生の方で、声明にご賛同いただける方は、下のフォームから送信していただくか、

againstabe(実際にメールをするときには上下をつないで下さい)
@yahoo.co.jp

まで
(1)
氏名
(2)
所属(学部、学年または卒業年次)
(3)
氏名公開の可否(必ずお知らせください)

(4) 連絡先電子メールアドレス

をお知らせください。

·       MEMBERS

 

賛同者

現役生

鈴木耕(文学部現代社会学科2年)藤沢(旧姓 西郷) 敦子(2015年文学部科目等履修生、文学部1982年卒) 、坂本優(大学院法学政治学研究科博士前期課程1年)

匿名希望:4

卒業生

日比和子(旧姓: 武智)(文化学科2000年中退)、鏑木睦子(文学部1979年卒)、早川行雄(法学部政治学科1976年卒)、佐藤千晴、加藤亜弥子(法学部法律学科1999年卒)、高山龍(理工学部2008年中退)、田中(文学部1971年卒)、泉祐輔(経済学部経営学科2004年卒)、和根崎いくえ(法学部政治学科1981年卒)、中川麻里(文学部日本文学科1992年卒、飯田良弘(1977年卒)、髙瀬祐子(文学部博士後期課程2012年卒)、清水康之(工学部1979年卒)、浅見清武(法学政治学研究科2003年卒)、重松久惠(文学部文化学科1978年卒)、圓城康彦(法学部1983年卒)、花上光治(政治経済学部1969年卒)、服部至道(法学部政治学科1999年卒)、矢幅美穂(文学部卒)、鈴木葉子 (文化学科1983年卒)、芳賀まき(旧姓・渡辺)(文学部文化学科1984年卒)、榎本雅文
(経済学部経営学科1981年卒)、大村憲子(文学部日本文学科1975年卒)、髙橋優子(法学部1990年卒)、 坂田峰人(法学部政治学科1978年)、

匿名希望:27

学外

林嵜和彦(福岡教育大学)、神谷栄司(京都橘大学教授)、西田彩(京都精華大学ポピュラーカルチャー学部音楽コース非常勤講師)、与那覇大智 、福田良典、加藤悦子、佐藤有希、中山裕、井川雅子

匿名希望:15

罵詈雑言

23

 

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

とは不信に向かって強く

断言する。 主張すること。

 

1977年度成蹊大学法学部政治学科卒業生、安倍晋三さん

私たち成蹊大学後輩一同は、あなたの安全保障関連法案における、学問を愚弄し、民主主義を否定する態度に怒りを覚え、また政治学を学んだとはにわかに信じがたい無知さに同窓生として恥ずかしさを禁じえません。

 

日本国憲法に、集団的自衛権の行使を基礎づける条文が存在しないことを、私たちは成蹊大学で学んでいます。

 

憲法を、時の総理大臣が自らを責任者と称し解釈で改憲することは、法の支配に反する行為であると、私たちは成蹊大学で学んでいます。

 

日本国憲法は、アメリカによって押し付けられた恥ずかしいものなどではなく、日本国民が自ら選び取り70年間維持してきたものだと、私たちは成蹊大学で学んでいます。

 

そして、私たち成蹊大学生は、憲法学を机上の空論などと考え学者の意見を軽視することなどはせず、学問が蓄積してきた知識を大切にしています。

 

あなたは、本当に成蹊大学で学ばれたのでしょうか。

 

知っていますか。就職活動の際、自己紹介で母校の名前を答えると「ああ、安倍晋三のね」と冷笑されることを。その冷笑に含まれている意味を考えてみてください。

 

安倍晋三さん、あなたは成蹊大学の誇りなどではなく、ただその無知で不遜な振る舞いによって、私たちの大学の名誉と伝統に泥を塗っているのです。

 

私たち成蹊大学生は、先輩・安倍晋三さんの立憲主義を否定する態度に反対し、安全保障関連法案の廃案を求めます。

 

平成27年9月13日 発起人・成蹊大学法学部政治学科4年 秋山直斗

 

 

付記:成蹊大学の教授、職員の方々が「安全保障関連法案に反対する成蹊学園有志の会」を発足され、様々なご活動をされておりますが、現役学生は賛同者になることができないということなので新たにこちらを作りました。

UNITE!

 

賛同者募集

成蹊大学の現役生、卒業生の方で、声明にご賛同いただける方は、下のフォームから送信していただくか、

againstabe(実際にメールをするときには上下をつないで下さい)
@yahoo.co.jp

まで
(1)
氏名
(2)
所属(学部、学年または卒業年次)
(3)
氏名公開の可否(必ずお知らせください)

(4) 連絡先電子メールアドレス

をお知らせください。

·       MEMBERS

 

賛同者

現役生

鈴木耕(文学部現代社会学科2年)藤沢(旧姓 西郷) 敦子(2015年文学部科目等履修生、文学部1982年卒) 、坂本優(大学院法学政治学研究科博士前期課程1年)

匿名希望:4

卒業生

日比和子(旧姓: 武智)(文化学科2000年中退)、鏑木睦子(文学部1979年卒)、早川行雄(法学部政治学科1976年卒)、佐藤千晴、加藤亜弥子(法学部法律学科1999年卒)、高山龍(理工学部2008年中退)、田中(文学部1971年卒)、泉祐輔(経済学部経営学科2004年卒)、和根崎いくえ(法学部政治学科1981年卒)、中川麻里(文学部日本文学科1992年卒、飯田良弘(1977年卒)、髙瀬祐子(文学部博士後期課程2012年卒)、清水康之(工学部1979年卒)、浅見清武(法学政治学研究科2003年卒)、重松久惠(文学部文化学科1978年卒)、圓城康彦(法学部1983年卒)、花上光治(政治経済学部1969年卒)、服部至道(法学部政治学科1999年卒)、矢幅美穂(文学部卒)、鈴木葉子 (文化学科1983年卒)、芳賀まき(旧姓・渡辺)(文学部文化学科1984年卒)、榎本雅文
(経済学部経営学科1981年卒)、大村憲子(文学部日本文学科1975年卒)、髙橋優子(法学部1990年卒)、 坂田峰人(法学部政治学科1978年)、

匿名希望:27

学外

林嵜和彦(福岡教育大学)、神谷栄司(京都橘大学教授)、西田彩(京都精華大学ポピュラーカルチャー学部音楽コース非常勤講師)、与那覇大智 、福田良典、加藤悦子、佐藤有希、中山裕、井川雅子

匿名希望:15

罵詈雑言

23

 

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/4

置いてけぼりに習に電話するアベ。

●おほっちゃんのアベには仲間外れが耐えられない。 いま中国の王毅が北でキム委員長を訪問中。 電撃的キムの予想だにしなかった訪中で習に一札をいれて和解のポーズをとった。 その後の南北友好ムードは御覧の通り。 その間蚊帳の外のアベは常の目立ちたがり屋の鼻っぱしを折られて切歯扼腕。 必要でもない中東にガソリンを巻散らして無駄なコールデンウィークの恒例の物見遊山。 そのあとに習に今日電話をいれて南北朝鮮の探りを習に当たるが、トランプに煽られた習の出方をそれとなく盗み見するやに見える。 当然に習は北の後見としてトランプに対してもキムに対しても釘をさす用意はもっている。 しかしアベには此処に来てトランプには一歩も二歩も譲る準傍観者でかない。 米朝会談のあとの非核の後の厄介な拉致が被さってくるし平和条約までの道のりは遥か先でもう自分の出番はないのが悔しい。 どうしても3選してして習やトランプの再選の芽も横目に見ながらその国際政治家としての仲間に入ってみたい。 あれやこれやのなかで国内の不始末問題はなおも追いかけてくる中で、もう時自縄自縛の混乱した頭を抱えての習への電話だろう。 もう冷静な先行き判断分析よりも習と電話したというだけで自己満足の見え見えのポーズでは交渉の実質的成果が習からえられる訳はない。 口にほうばれないほどの未消化のエサを食らった動物みたいな乱食いがいまのアベだ。 自らが招いたざまとはいえ、じつにもう支離滅裂な破裂寸前の精神状況でそれでも前に進んでいる見栄だけは放せない。 こんなスタイルで政治外交をするなんて異次元のはなしだ。 周りは自分がそうせしめた忖度おてもやんばかりで固めた為イエスマンばかりでなんの足しにもならない。 こんなバベルの塔のような政権はお得意のと自認している外交でどんでん返しに陥るのがどうも見えてきている。

第一次政権の時も大臣の4-5人の首を切ったすえ万事休すで内閣総辞職だ。

モリカケと朝鮮探題でいよいよその第二の舞台装置が二回目の動き始めてきている。。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

2018/5/3

世の中は弾みで動くこともある

●どうもこの6月までの動きに思わない波乱があるやも。 日本にも世界にも。

恐る恐るの希望と不確かな恐怖のミックス。 西のイランと東の北朝鮮を取り巻く明暗模様に好悪に係わらず日本も関与。 とくに北朝鮮にはそれを取り巻く米国・中国・韓国に加えて傍観者ではおれない日本と北朝鮮の生みの親ロシア。 どうでも食い込みたいロシアのプーチンがやっと最近になってしゃしゃり出てきた。 これが気に入らない。 このロシアの割り込みこそ北東アジアの宥和の足並みを壊しかねないことが気になる。

日本のことも公明・山口が自民に今日の憲法記念日にひさびさにモリカケのことに強い始末の悪さをなじった。 気味悪い日本の-6月の日本の政局がどうもスタートした号砲か?

https://www.facebook.com/?sk=welcome 


2018/5/2

日本には二大政党は無理?

●民主党は見事なほど分解して元の鞘には勿論、それよりもひどく壊れた。

もう一部では分裂序に地域政党などという考えが出てきた。 よくは分らぬがそれでは国会議員ではないということか?   昔の社会党と民社党への先祖返りとは異質の、これも政治的発展段階のしからしむところなるか?  後退なのか進歩なのか、そのどちらでもない行きあたりばったりなのか?   国政全般で見ても自民以外は本当に政党なるものがあるのかないのか見えにくい。

その点やはり米国は言っても堂々たる二大政党になって久しい。 これが政治の成熟したあるべき姿とすれば日本は戦前は二大政党が出来たが結局は翼賛会に統合されてあんな戦争に突入した。 今の一強もやはりその歴史的必然としてその方向にゆくのであろうか?  

ところで元大阪府知事、大阪市長をした橋下が浪人中でいずれはアベの引きで中央に出るとの観測があったが、アベが大阪自民への回帰を明言したので今までの在りそうでなさそうの彼の政治家カムバックのことはどうなったんだろうか?  もうアベも菅も

自分らの余命短しと見て橋下を見限ったとさえ見える。 松井知事も大阪都は無理かとの観測に苛立ちを隠せない。 その代り当選するかどうかは分からぬが次の万博という別のエサを与えて宥めているというのか?

それはともかく維新も公明も党勢は以前から落ち込んでいる。 民主も落ち込みさらに混迷が。

此処はいちばん橋下が浪人をすてて昔の10年前くらいを思い出してオール野党を糾合しての政治連合へ向けての一歩を踏み出して自民を迎え撃つ野党連合に乗り出してユルフンの政界に喝をいれては如何

いまそれを出来るのは満天下で橋下をおいていない。 いつまでも浪人を続けていては身体と頭が腐る。 このまま日本が大政翼賛会化するのは残念だ。  いずれこのままだと米国と喧嘩になってまた先の戦争とは違った角突き合わせになつてアメリカに負けるのは必至。 橋下の動向に注意シテいる。 橋下はアベ如きの軽佻浮薄な奴とドダイ中味は違うし同調出来る訳はない。 そろそろ動き出せと申し上げたい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/5/1

トランプ政権の怖さ

●反トランプ人材を排除したので何かあれば本当に国にとって有為な片腕が本当に助けてくれるのか?   それが心配だ。 日本のように忖度が蔓延ってばかりの国も問題であることは今回の一連のモリカケでよくわかったが。 ただ本音と建前が違う国柄よりはドライだがまだしもストレートの米国の気風の方がまだしもよろしい。 なにせIT時代はONOFFで二者択一とまでは極論しないがそんな悠長なことばかりでは物事が回らない。 南北朝鮮問題もここまで一気呵成に進められたのもやはりトランプのディール勘がそれを進めたことは理解できる。 あのオバマですら結果的にはいまからみればこと朝鮮のことについては羹に懲りてむなますという具合に自ら乗り出さなかった。 まあ政治は結果だからまだまだトランプをほめあげる訳には行かないが、何もしなければここまでの進展はなかったこともそうだ。 その意味でなんでも食いつくのはダボハゼのようではよろしくないが、トランプの政治勘は商人のようにデータは乏しくても独特の直観というものは確かにある。 そしてときどき行き過ぎてもすぐに朝令暮改と言われても撤回するのもはやい。 傷の浅いうちに小さく収めるのもうまい。

米朝会談場所がもう一つトランプの提唱なのか、南北軍事境界線の今回韓国側の会談場所は如何とのトランプの自薦が突然現れた。 これも意表のついた誰も提唱しないプランだ。 用意が大変かもしれないが費用はいらん。 簡素で中身に特化した話し合いが出る真剣な場所かもしれない。 休戦の場所で平和の話し合いとは誠に結構であり、意義深い雰囲気でよろしいのでは?   とにかくトランプがやる気満々のように見えてアメリカの強い平和への意気を感じるので期待したい。 はじめから疑ってばかりでは先に進めない。 やはりトランプの意欲はそれなりに大いに評価してもいいのでは?

冗談でもトランプが成功してノーベル賞は挙げてもいいようなことになれば世界は、特に凍り付いていた北東アジアは大変な変わりようが期待できる。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

2018/4/30

トランプの春爛漫の後、ご機嫌の初夏がやってくる!

●中間選挙を目指してただいまトランプ丸は意気盛んだ。 もうすぐの米朝会談がもしも首尾よくトランプのお気に入りで進めばこの選挙大会でもノーベル賞のお声が掛かっていて彼自身もノーベル賞だってと満更でもない。 前のオバマが貰っているので張り合っている訳でもないが嬉しそうだ。 同じく候補には文大統領と金委員長の両方受賞も張り合っての候補者のお声がかり。 とくに文大統領はトランプ大統領のお陰と持ち上げているのでトランプの人気はいま上昇中で支持する人が反対の人を上回っている。 

大体が就任当初から一年持つかどうか危ぶまれていたのが中間選挙を乗り切ればいずれ殆ど2期は普通なので2期への展望も開けるかもしれない。

そうなればロシア疑惑も自然にフェードアウトするし、とくに朝鮮統一の足がガリがなれば世紀の政治的大成果だ。 いちやく今までの大統領が成し得なかったレガシィと言うことになる。 もしそうなれば朝鮮特需がアメリカに訪れるかもしれない。 アメリカの次に中国が受け取るのであろうか?

いずれにしても日本はそのあとのの残りかすであろう。

アベ・ソウの嫌韓外交のツケがこの場合巡り巡ってやってくる。 因果応報とはこのことだ。 非核が一番で拉致が非核のうえに来ることはない。

日朝会談は戦後処理清算も含まれるのでこの際は日本はケチケチせずに戦後補償をドカーンと北が腰を抜かすような金額を上げなはれ。 永いスパンで経済的に潤えばなんちゅうことはないはずだ。 相手が辟易するような鷹揚な態度がこの際は絶対に必要である。 われわれ北東アジア人には北にも韓国にいってみればゆかしいDNAが血の中に濃い薄いは別にして絶対に流れているのだ。 アベ・アソウなんかは山口、北九州だから日本人平均よりは絶対に濃度は高い。

金委員長の母親は日本の生まれだ。 金にしても日本にはゆかしい思いがあるはずだと思料します。 韓国中国は行ったことがあるが、北朝鮮には生きているうちに行けたら行きたい。 冥途の土産に欧米よりもとう思いがある。 日本にかってはあった時間がゆっくり流れる高麗の古都へ訪ねたい。

米朝会談の場所がモンゴルとシンガポールのふたつに絞られた。 出来れば心情的にはモンゴルになってほしい。 相撲もそうだがモンゴルにはなにか精神の深いころを揺さぶる思いがある。 統一朝鮮の高麗がいままた21世紀にみられる可能性が出てきたことに歴史の悠久の輪廻に巡り合っているうな気がする。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/



2018/4/29
 (敬称は省略)

日本の焦りまざまざ

●トランプに電話しまくりのアベは孤立化に苛まれている。 もうトランプしかいない。 国内も己の蒔いた種でいまも混乱中でそれでなくてもさざめいてきているなかで、今回の南北朝鮮会議は今までは違う宥和ムードで来月上旬の米朝会談に向けて会議の収斂に向かいつつある。 アベの目論む拉致を最大限の合意形成はまず無理で、やはり一番は北の非核のことに尽きる。 アベに取れば拉致でおのれの乱政のこれを契機の浮上しかない。 非核は世界のこれまでの喫緊の最大必須事案だがアベはそんなことより自分の政権延長のことにしか頭はない。 このことは周辺関心国はみんな見透かしている。 拉致を己の政権延長の手段としての見え見えの対応にはまずはそれなりの仕打ちが拉致家族にもさらなる危惧感を募らせるのは間違いない。 己の家庭内の事案を平素は打っちゃっておいて平然と厚かましくもどどのつまりは二国間の話し合いの努力もしないで他人国に丸投げの様は常識国のすることではない。 今回の絶好の朝鮮半島統一会議でも結局は日朝の拉致問題のことは表の報道は一切なかった。 もうアベにしては置いてけぼりの埒外扱いだったので、慌ててのトランプフォンに飛びついたのだろう。 恥も外聞もない浅ましい限りだ。 これは北との二国間のことだ。 奇しくも小泉政権時はあのピョンヤン宣言合意を成し遂げているのに。その後の政権の不作為が今に至るまでの無策の結果だ。 

確実にアベ政権の内政外交の偏りはもう限界に来ている。

まさにこれは人心一新しかないのである。 内政の経済もこんな歪なごまかしではアベ後にこの残滓を報いとして浴びることになる。 外交も間違いなく日本は蚊帳の外に放り出される。 その時になって国民は大きなお荷物をみて

たぶん慨嘆しても遅いのである。 将に後悔は先に立たずだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/


2018/4/28

どっかの経済団体のおっさんがいずれ消費税14%へだとさ。

●いまの8%2倍弱の6%アップだ。 一体いまのすったもんだの2%どこにどのように消えたか明細を明らかにしてから言ってくれ。 そして貯め込んだ

400兆円という国家予算の4倍に相当する企業内貯金のことは一切しゃべらない。 このアナウンスは来年の2%アップを応援するための援護射撃なんだな。

クロダがもうデフレ追放のための2%の物価上昇は絶対に無理とみてこの条件を外したのは正しい。 日本はもう成長のキーワードは使わない方がよろしい。

もう他の国々が先進国にキャッチアップせんとして追い上げている。 その中で日本がいまだ成長なんて相対的に無理なんだ。 そのしわ寄せが大多数の国民に被る。 民は疲弊し最後はこき使われた馬のように行倒れになる。

もう定量経済でよろしい。 こんな状態だから下げ過ぎた法人企業税で消費税分を賄ってやれ。 馬が動かなくなれば企業もヘタルのだ。

朕は たらふく食っている 汝 臣民 飢えて死ねの平成版か。この時代は消費税というものはなかった。 無い方がすっきりして無い袖は振れんも一つのエエ

政策でもある。 そしたら無駄遣いもしないし、計算しやすい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/

2018/4/27

世の中とんとん

●南北朝鮮会議。 テレビ中継を視聴する。 会談の前の儀礼に両首脳が穏やかな雰囲気を演出した。各国文大統領の歓迎の顔は相手の金主席にも通じているようだ。

この後の会談が世界の注目であり、これが6月上旬の米朝の会談にいかに繋がるか。 どちらも個性の強い国家指導者だけにその丁丁発止の成り行きに期待が盛り上がるのは当然である。 もうそろそろ先の大戦の後始末にケリをつけてほしいものだ。 1989年のベルリンの壁から約30年、北東アジアの雪解けが待ち遠しい。 目標はやはり朝鮮の南北統一が最終だ。 米国・中国・ロシアはこの世紀の統合を民族の悲願としている朝鮮民族に対して応援してやれ。 さすれば戦後のドイツにならぶ世界の2大紛争の火種が人間の英知で収束されることになれば、この上ない北東アジアの政治的安定に繋がる。 これは日本にとってもいまだ戦争の残滓を引きずる諸問題の解決に繋がることは目に見えている。 トランプはそのあとを見据えて北の遅れた経済の大浮上計画を既に持っている。 それは凄い北朝鮮の都市改造計画と経済援助のそれの青写真を既に作っているという。巨大な先行投資だが条件が整はないときは会談に臨まない。 いかにDEALのトランプらしい。

北を中国は衛星国とし、南を米国が間接支配国としての実質米中に加えてロシアの北に対する間接関与はやはり朝鮮の離脱の妨げになっていた。 これが突取っ払われてもし朝鮮国の統一ができればこの上ないことだ。 人口8500万人のあらたな市場が出来上がる。 日本は拉致問題だけでなくアフターkorea

への展望を示せなければ米中にその市場を渡すことにもなる。 統一朝鮮に対してそれを我がことに引き寄せるアプローチのときは既にもう始まっている。全ての恩讐を超えた近い同じ民族の血を感じるような親しみを示す態度をそろそろ用意しておくべきではあるまいか?  かれらが歴史において先進文化をひとと文物で交流した歴史のことを顧みる必要がすぐそこに来ていることに素直なおののきを感じるのはやはり意味のあることだと思う

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/

2018/4/26

世の中はなんでも言うたもん勝ち?

●自民が解散風を吹かしている。 ふにゃふにゃの民主はもう審議拒否だけで打つ手はなさそう。 野党統一戦線の勇ましい声もあがりそうにない。しかしこの際は折角のモリカケでここまで政府官邸を追いまわしたのでこの熱気の冷めないうちにこの自民の返り血覚悟の解散に野党は一致して受けて立つ覚悟をした方がい。 場合によっては自公は今なら100議席近くは減るかもしれない。

アベ政権の審判をいますることは平時よりは野党にとっては絶対に有利だ。

そのことの結果で自公にも亀裂が出来る筈。 これで総裁選の行方に確実に変化が起こる。 来年の参院選には野党が巻き返す根が育つはずだ。 まずは立憲民主が口火を挙げる根性が欲しい。 6月なんて国際政治のまさにどさくさの真っ最中だ。 本当はそんなことが自民で出来る訳はない。 脅しかもしれんとしても政治はなにがあってもおかしくはない。 自民が傷を承知で喧嘩を売っているだから受けて立つことで野党は更なる挑発に敢えて乗るのも一策だ。

いまのあの財務官僚ね綾瀬とか言ったのはもう完全にクロダだ。 参考人でしか応じない自民は証人喚問には耐えられない。 ここはこれ以上アホ官僚のことは捨てて政党対政党の4つ相撲を目指さないと野党もますます小さくなってしまう。 挑戦者だからもっと王道を目指すべきだ。 国民はやはりよく見ているはずだ。 こんな嘘つき自公にかかずらないで野党全体の横の糾合がいちばんだ。 その方が纏まった力になることは今までの運動が証明している。

王道だ。 姑息な自公はいずれ世界の政治の流れから外れたらもう相手にれない。 いま自民はその岐路に立っているはずだ。 本当は苦しいのだ。

世界では日本国内のような恥ずかしい姑息な振る舞いでは相手にされない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/



2018/4/25

世の中とんとん以下

●国民民主党 今頃寝ぼけたような話。 とにかく大塚と言うひとは公家のような浮世離れの印象で政権を奪うという迫力ゼロ。 今どき何事だろう。

アベ政権を生かしすぎの責任はこんなことが大きい。

はなしは変わるが、NHK「公用車でヨガ」報道で林文科相が謝罪「国会緊迫の中で混乱」これは一体なんじゃ?

それにしてもこのおっさんの情けない二重あごのみっともないこと!!!

こいつも一時は将来の首相候補といわれたのに。緊張感のない太り過ぎ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/

 

2018/4/24

世の中、とんとん

●拉致被害者の会でアベが偉そうに司令塔になるとの言辞は全く被害者の会と国民に対して何という横柄な変わり身の早い猫だましかと唖然とする。 どこまでこいつはおのれを過信して横着横柄なのだ。 ただトランプに丸投げしただけでそれで大きな顔をして中半仕事をしたとは常識では考えられん浅ましさだ。 北がトランプには3人の米国人の解放を約束したのに日本にはノーアンサーの辱め。 当然日朝の二国間でするものだ。 いままでにどんな真剣なアブーローチをしたのだ。 もうやることなすこと自分の縁故や忖度ばかりの有象無象だけのまったく個人利益関係だけに配慮した全くの私的利益還元政府ももう限界にまで達した気ちがい政府官邸の有様は此処に来て国民を犠牲にしてもおのれらの欲望を貫くために狂気の沙汰の横暴を突破しようと画策している。

もうこいらの謀略は絶対阻止だ。 アベとアソウは国賊と化している。

自公は一連托生の野合と化している。 森友でうらで自民にくっ付いているのは公明だ。 敵は自民だけではない。 公明も気を許してはいけない。

維新は自公を敵にまわすくらいの方針転換をしない限りは自公に足を掬われる。

対抗勢力にらないとだめだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/2018/4/23

世の中とんとん

●この政権はもうトランプ政権と北朝鮮に振り回されている。 とくに国際問題と国内問題の混乱がない交ぜになってもうダッチロールもいいとこだ。

現在も拉致問題を最大事と位置付けて官邸、政府は首相自らが司令塔になると意気込んでいる。 しかし解決に向かう前にこのことは政権が米国トランプ大統領に米朝会談に取り上げを依頼したものであり、本当の解決にはどうしても日朝の当事者が向き合って解決すべきことだ。 あまりにもトランプに丸投げでは事の本質からずれてしまう。 司令塔云々も当然のこと、日本政府がもとより解決に当たるのが当たり前だ。 なにかトランプに頼むことで事の半分が解決したようなアベの物言いは全くの違和感を感じる。 40年来の不作為は挙げて日本政府がいろいろと言い訳はあっても解決に当たるのは付け焼刃の宿題ではないのだ。 政府はもっと核心を突いた対処姿勢が真剣に問われるのである。 一方で制裁との絡みとは両睨みは当然のことである。 それによる言い訳は通用できない。 北との本件の会談は米朝会談はそれとして日朝問題に結局は帰属することに変わりはない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/



2018/4/22
 (敬称は省略)

アソウ自沈へ総力結集せょ。

●森友・加計の集中砲火の効果でなんとか傾きかけた今、とにかくアソウ砲塔を砕いて無にすればアベ丸は更なる傾斜が加わり航行不能になるのは間違いない。 このあと森友、加計に加えてPezy、リニア、原発などの攻撃連射が控えている。 もう加計で綾瀬の白状を必死に留めた政権は、官僚の一人や二人はもう論外としてアソウに集中することに方針を変えたことは良かった。 ここは深追いしないで国民に判断の沈静期間を与えることでむしろ

沈黙の思考を掘り下げてもらうことだ。 もう綾瀬は100%誰が見ても黒なんだ。 かっての吉田の孫のアソウの結局は苦労無しで3代目を襲名しているだけの無能を最後の最後まで醜い判断力の無さを満天下に晒しているが、もうその老醜はもう限界だ。 さすれば片羽根をモガレタアベは飛翔できない。 アベは全力でアソウ辞任の阻止に動くも、内外の重要場面で政治の渋滞はダッチロール化を免れない。 こんな時にもうすぐの南北会議と6月半ばの米朝会議に受け身を余儀なくされ、国内は森友・加計に続くPezy、リニア、原発の連射が待っている。 詰りは二人羽織政権の実体を見事に晒すのだ。 二つで一つ。これがこの政権の実体だ。 一つでは持たないのだ

こんな中、6月に自爆テロ解散が出来ようか?  流石に御大ご乱心で座敷牢へ押し込められる。 結末は総辞職だ。 トランプもアベの葬式を見送るしかない。

結末は意外とシラーっとしたものになる。 リビアのカダフィかルーマニアのチャウシェスクを想起させる。 

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/


2018/4/21
 (敬称は省略)

6月に向けて政局真っ最中。派閥の水面下暗躍へ。

●アベの訪米も得るところはなし。 むしろ国内財務省問題が訪米の足を引っ張った。 アメリカも日本の政情を慮って無理をしないで済んだと思っている。

いよいよ6月に米朝会談がうまくいけばだがおこなわれる。アメリカは硬軟両方睨みである。

ところで日本国内は小泉の一声で世の雰囲気は政局入りの号砲が放たれた。 もう9月ではなく繰り上がったのだ。 飯島がプライムニュースでアベ訪米中に黒い霧解散の皮きりを読売系のBSで打ち上げた。 このおっさん小泉政権ででも提灯をあげたが、アベ政権でもいまだ提灯屋を仰せつかっている。

この一年足らず解散が実際に強行できるかどうかは自公、とりわけ自民党内で幾らなんでも理解が得られようか。 いま党高政低に急速に傾いた政権側がいままでの力を持ちえているかのリトマス試験だ。 自民は100減らしても自公で過半数をなんとか維持と読み込んでいる。 まずはそれを出来る環境かどうかの判断だ。 いまも急速に財務省の蹉跌から、結局はアソウ辞任へと注目が集まっている。 まずはそのことが来週からの攻防である。もう官僚のひとりや二人を血祭りにあげてもよりは国民の嫌気ムードはもう紙に火がついてリレーされている。 アベの片割れのへの字への字のアソウを辞任させればアベは風船が萎むように萎えるのである。 倒閣の松明はなんとかリレーになりつつある。 風雲急を告げる来週からの展開を期待したい。いよいよ久しぶりの派閥の離合集散が見もの。 このことが来年の半ばの参院選の帰趨を決める。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

2018/4/20

世の中とんとん

●やっとG20に行かせて貰ったアソウのあのいつものカポネ張りの帽子スタイル。 自分でいいと思っているからだろうが、ジャンギャバンかカポネの真似?

祖父の葉巻スタイルでの新聞漫画には格別の思い出はあるが、孫のアソウの帽子は漫画にもなっていない。 やはり祖父は偉かった?  もう逃げるように日本脱出。 完全に口をへの字にひん曲げて。 彼の地アメリカでも日本の政治騒動は噂のタネだからマスコミの出迎えもあるかも。  祖父は愛想と親切な皮肉の受け答えは一等有名だったがこの孫は偉そうに不躾で国民の評判は悪評サクサク。

●部下の福田次官がやっとのことで辞任したが、腹の虫が収まらぬか裁判するそうだ。 ハニートラップ引っかかった己の不細工さを恥ょ。 それにしも10回くらい外の行きつけ飲み屋に呼び出して下ネタでオチョクルナンテ普通ならサービス料払わんとだめ。 助べえな面白時間を楽しんだのだ。 あとでブツブツと思いっきりが悪いのは遊びとしても男の風上にも置けない根暗な奴だ。

なんでプロの店に行かないんだ。 カネをケチるからこんな無様な引っ掛けにハマるんだ。 新潟知事といい下の処理で躓くのは若いときにカネを使っていないからだ。 流石に知事と出会い系の援交とはねぇ。 それなりの後援会の情報が無かったのかねぇ。ヘリコプター候補者だったのか?  しかしテレビで一回3万円で・・・・でといっていたのには驚いた。 さらに交際女性を好きだったなんて言われても視聴者は・・・どう思います?   男の方がウブですなぁ。これもハニトラに引っかかった口ですなぁ。

明治の頃の文豪は殆ど妾を持っていた。 下のことも堂々と世間では許していた。 甲斐性ものとして。 そうそう渋沢栄一も堂々たる妾もちで有名だった。 つい最近では松下幸之助は豪邸に囲って。 ドラマを見ましたょ。

時代ですなぁ。 

今は時代時代で。 きのうも書いたがたばこと一緒でもう隠れてこそこそと世間を気にしながら。 世知辛い世の中だ。 アソウもいるそうです。あの怖い顔が別邸ではどんな助べえ顔ですかねぇ。 みーんなうまくやってるのにこの人らは余程運が悪かったかどこか抜けてたんでしょうねぇ。 後悔は先に立たずとはほんにそうですなぁ。 クワバラクワバラですぞ。

辻元氏は党代議士会で「麻生氏の辞任は不可避だ」と強調。「安倍政権の土台が腐っているから、うみがあちこち出る。首相が『うみの親』ではないか」

これはケッサクだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/

2018/4/19-2 (敬称は省略)

政治家と官僚には道徳教育を施せ。

●すべては当たり前の道徳欠如がもうここまで浸透している。 アベとアソウの二人をみてもムベなるかなと実感させられる。 人品が信頼できない。 支持率調査でアベはいちばんにこの点が信頼しない点で一位である。 これは正直人間として欠品だ。 民主主義の歪んだシステムがこんな奇形の人間を日本という国のトップに選んだのを見ると、今回財務省次官や新潟県知事の蹉跌にはペーパー試験だけの人間評価の行き着いた先の歪んだ末路を思わずにはおれない。 日本はその意味でモーレツに道徳面の資質が欠如したカネ万能の欲望社会に汚染されている。 両方が若くなく人間としてコナレテいて普通であるはずなのに行動と言辞はもう二十歳前後の若者の言いぐさと行動の仕方だ。

人として社会がそこまでのユルフンを許容してしまっているのは最高の道徳の場である筈の政官財学の社会の指導層がもう完全に本来の矜持を失っていることだ。 とくにアベ政権になってからが激しい道徳感の凋落を感じる。

アベとアソウの二人は日本を貶めた罪は物凄く大きい。

総辞職をしないでまたしても解散できるならばやればいい。 一部アホ国民もやっとこさ冬眠から叩き起こされて寝起き眼をカット見開いて刮目するであろう。

それにしてもセクハラを軽く見ている日本国の男どもはもう昔風のへそ下のことだと済まされない時代にあることだ。たとえば嫌煙問題とよく似ている。

もうこれからはもっともっと助べえには苦しい時代になるぞ。こころせぇ。

そして男を磨け。 この知事は自分が女性にモテなかったと白状したがそれは言い訳だ。 こころを磨けばそんなことはない!!!  援交なんて短絡すぎる。

厭なことは嫌なんだ。 もう男尊女卑では通用しない。 しかし日本の女性ももっと堂々とすべきだ。 それが男の狡い卑しい助べえ根性をを排除してゆくのだ。

世の中は弾みで思わぬ事態に動くこともあることを忘れるなかれ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  http://www.new-life-club.com/bizdoor/

2018/4/18-2 世の中とんとん

福田次官の辞任論拡大=混乱長期化を懸念-与党

〇デンデンとミゾウユウのアホ二頭政治の極限の増長増慢に加えて与党なるものの自己保存本能にやっと火が付きだした危機感か。ここまで来ないと感じない神経麻痺。 6-7の絶好のタイミングの黒い霧解散がやってくるそうだ。 首相の解散権もくそも法律が許してる。 これで悪気流の元、100人は今度こそ減っても自民は辛うじて200前後になるが、連立は維持できるかも。 そこまで行かないとこのバカ政党は覚醒しない。 セクハラのアホ官僚一人も始末できないなんてミゾウユウの情けなさ。 アベの財務省改造の話は、アソウ裏総理で財務によって無視されている。 このアホ政権は名指してデンデンとミゾウユウの合作政権と名前を替えた方がげ実にぴったり。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

2018/4/18 世の中とんとん

今日のタイトルお気に入りとコメント

野田女性活躍相「被害者に高いハードル」財務省の対応を批判

♦福田が夜のバーに誘っての取材についてゆくオンナ記者もガードが甘い。

●野田もこんなことで日本の初女性総理を目指すコメントは程度が低い。

♦もっと大所高所のいまの現状での発言があるだろう。総裁選は五輪ではない。

参加するだけでは意味はない。 七転び八起の将来展望所信を言うべき。こんなことではオンナ総理は夢のまた夢。22世紀だ。

地方で「安倍降ろし」拡大か

市長選で自公が黒星ラッシュ

日刊ゲンダイから引用

安倍政権に激震が走っている――。15日、各地で行われた市長選の結果のことだ。 
 滋賀・近江八幡市や兵庫・西宮市など5市で自公などの推薦候補が敗れた。得票も昨年の衆院選から大幅に減らすケースが目立つ。地方の隅々に、“安倍政権NO”がじわじわ広がっているようだ。
 近江八幡市長選では、3選を目指した無所属現職の冨士谷英正氏(71)=自民、公明、維新推薦=が、無所属新人で元衆院議員の小西理氏(59)に破れた。初当選の小西2万1047票に対し、冨士谷は1万1647票とダブルスコア。しかも、昨年の衆院選比例の同市での自公維の得票は1万9166票だったから、4割も減らしている。
「冨士谷さんは強引な市政運営など、市長として評判はよくない上、安倍政権の数々の不祥事で逆風下の選挙でした。決起集会には岸田政調会長が駆け付け、石破元幹事長も応援に入るなど、市長選にしては異例の総力戦を展開しましたが、それでも完敗。逆風は予想以上でした」(地元関係者)
支持率下落「全容解明しうみを出し切る決意」首相

♦その前に自分が膿みの元凶であり、それから自分が真っ先に逃げることが非人間的で政治道徳無視のその態度を直せ。 己がこそ膿である。それといつも言うだけ。

自らが長であるのでこんごそれを徹底したい。 いつもこの決め台詞でいつも言いっぱなしでこんな嘘つきのちゃらんぽらんは滅多にいない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

2018/4/17 (敬称は省略)

日米二人のサイコパスは咬み合うか?

●まさに朝令暮改の二人羽織の国内支持率30%半ばとスレス 台の似た者同士。 ただ崖っぷちのつま先はアベの方に低下方向に軍配あり。

その弱みをトランプはここぞとばかり自分の得点にするのは当たり前。

アベは共同合意をお得意の隠蔽・すり替え出来ないところが苦しい。 

その為、たぶんオフレコで裏上取引を持ち出すかも。ロシア疑惑をみてもトランプは前科者。 両者の先行きはいずれも予断を許さない疑惑が付きまとう。 

それにトランプはもうレームダックになったアベを心底相手にしない。

トランプも中間選挙に向けて自分の首が掛かっているし。 そんなときはサイコパスは冷たく現実的に切り捨てる。 比較してアベの足元が弱いのは御覧のとおり。

怖いのはアベがインチキをトランプに持ち掛けることだ。 ゴルフはそのための仕掛けの格好の場になり得る。ただアベの英語力なんてあるはずもないのでペーパーでかもしれない。 反面アベが早く首になるとトランプは結果的に目的が達成できないことのリスクもある。 トランプには米朝会談の大舞台の方が大事で日本に構っておれない裏事情のこともある。 とくに拉致の橋渡しには大きなお世話料は掛かる。 これをどう塩梅するかは見ものである。

トランプにとっても人道主義の標榜は捨て置けないし日本に貸しを作る絶好の材料だがこれには北が相手で向うは日本との交渉の絶対材料で米国の介入を嫌うことになる。

https://www.facebook.com/?sk=welcome



2018/4/16 (敬称は省略)

小泉父(純一郎)はやはりエライ。 

●総理当時からほぼ20年近くなっても、世論に訴えるられる彼の影響力は最近のアベの見るも無残な縁故・お友達・仲間内と非難の嵐の真っただ中の自己中政権のもうすぐ消えるさまを見るにつけて人物の評価を判定するのにまたとない比較事例である。 

今日、小泉父の強烈なアッパーカットがバカアベにこれは本当に突き刺さったょ。

そのまま引用させて貰います。

平野 浩‏ @h_hirano 11 11 分前

その他

小泉純一郎氏が安倍首相に引退勧告。「本当なら、とっくに辞めてなきゃいけないはず。なのに、バレてる嘘をぬけぬけと今も言っているなぁとあきれてんだよ。国民は・・・」。政治の師匠である小泉元首相の痛烈な一言。まさにその通りである。国民の声を代弁している。

彼は息子である進次郎がいずれ間もなく総理総裁になるのはもう既定の事実になりかけているというよりも、真実いま、次の総理には誰がとのマスコミ調査でもついにトップになった。 純一郎の世間に与える発言の裏打ちにさらに担保を与えていることは周知のことととは言え、あまりにもアベの傍若無人のチマチマした人柄評価のあからさまなゲス実態がここまで明らかになってしまってはもう論外と言うよりは可哀想なくらいの天地の差である。 人生論としても明確な参考事例として我々は記憶に留めてもいいと思う。   何にもまして、父は個性的だと言われたが、それはあの独特の風貌だけではない。 彼にはまず政治家としての孤高の姿勢を持っていたということで、周りに有象無象の数多くの訳の分からない浪人クズレを持たなかった。目線は国民へである。

アベの周りに巣食う鵜の目鷹の目の官僚を含む利己的利益を得んとするいわゆる忖度集団を持たなかったことはもう比較して明らかである。 これによる政治を私物化したアベ政治はその透明性は全く低い。 そのことが最近、政治の崩壊が明らかになった数々の隠蔽・汚職・忖度・ウソ・改ざんなどの膿が複合して二進も三進も行かない政治機能マヒを自ら惹起したのはまさに政権資質とアベの特異なアベ個人に帰結する政治姿勢の乱暴さにやっとこさ国民が覚醒したいうこである。 それにしてもこの間の5年間のことの帰結の結論はこんごに少なからずの経済は勿論社会政治的なマイナスの煽りは国民も覚悟しておくとだ。 とくに政治と行政の想像を絶する弛緩と、いわゆる政官の癒着とそれに対する反発の対立は深く、それを看過し、利用したアベ政権の狡猾さは許しがたい反国民的政権として悪政の見本として永く忘れてはならない。

それとそれに追随してバカアベに追随したアソウだ。このデンデンとミゾウユウの極悪アホコンビは日本の国難である。

仮にもたった20年でいまもその発言がひろく国民に刺激を与えられる小泉と20年も経たずに忘れ去られると思うこの差はじつにトップのあるべき姿として

実に鮮明な比較検証の見本ではあると思う。 我々はいま稀有の真実極悪の総理と官僚を持っていると認識を緩めてはならない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome 

2018/4/15 (敬称は省略)

維新を構ってられない。松井と橋下の黄昏か。アベの突然の大阪都から転進。

●松井は首相案件でごり押せと外野席から発破。 橋下はツィッタ―発信なし。

アベは総裁選の焦りから大阪自民党支援に今になってギアチェンジ。 大阪自民への乗り換えは言っても自民の古くからの地盤の地方票を考慮。 当然維新現職の松井には痛いところ。 さらにピッチ外の橋下もアベが落選すればすべてのお呼びもパーになるのでいまの気持ちは政治家復活のチャンスの自然消滅にもつながりかねないのでいまツイッターも休憩中。 まあ明日くらいには浮上するだろうが、ショックはショックだろう。 維新も内実は新しい流れが出て来て昔のオーナー意識ではもうついてこない。 ただアベの総裁選前の転進にも関わらずアベの沈没はかなり濃厚。 さすれば維新の党勢には大打撃。ただそのことで自民の復活とも行かず大阪は自民・公明・減った維新のドングリの背比べに帰する。 余りにもアベに依存しすぎて保守右翼色に染まり過ぎて昔の新味を失った。 関電と喧嘩してエネルギー政策をもっと深堀りすべきだった。 アベに忖度しずたことは致命的で戦闘力を失った。 そんなアベ忖度姿勢を大阪人は嫌ったことと自民や公明との違いが薄まってしまった。

政策課題の選択をもっと絞り込むことが出来なかった。 もう今も自民の補完になってしまっている。 新味はない。 そんな維新に反アベ世論はついて行かなかったのは大阪人の性格にも依る。 いまはそのアベ色が嫌われている。

その上に自民に突然のそのお株を奪われてさらに魅力がなくなった。

https://www.facebook.com/?sk=welcome



 

再送 * 小泉元首相、総裁3選「まあ難しいだろうな」

20184141703分  

講演する小泉純一郎元首相=水戸市千波町

 

 

 

 

そのまま引用

 

小泉純一郎元首相(朝日新聞発言録)

安倍晋三首相の総裁3選について)まあ、難しいだろうな。

もう信頼がなくなってきたな。何言ってもね、言い逃れに取られちゃう。言い訳。適材適所の人事も、関係したら辞めるとかね。日本語その通りに取れば、誰だって関係してるのは知ってますよ。

(いまの安倍内閣について)これは、安倍総理が(昨年2月に「私や妻が関係していれば総理大臣も国会議員も辞める」と発言し)、あれから端を発したんだよ。野党も真剣になって。あの頃既に、昭恵夫人が森友学園の名誉(校長)をしてるんだよ。名誉(校長)をしているのに、なんで関係ないって言えるのか。言い訳してるような状況だからね。関係しているのが分かってるのに、なんであんなことを言ったのか分からない。

(加計問題をめぐり)記録と記憶ね。記録の方が正確だと思ってる人の方が圧倒的に多い。これは、どっちがうそをついているかっていうのは、大体みんな想像しちゃうよね。早く本当のことを言えと。忘れてんなら仕方ない。記録が残ってたら、これ仕方ないですよね。記録の方を信用するでしょう、多くの国民は記憶よりも。